西部林道で遭遇

東京から屋久島に来ているつっちー夫妻と私たち夫婦となおやで西部林道を散策した。
ゆったりとした時間を存分に楽しませてもらって、最後に海まで行って引き返そうとしたその時。
沖にイルカの大群がいるのを見つけた。

それはもう何百頭という数で、映画「グランブルー」のポスターを彷彿とさせるよう。
それは6年住んでいるなおやにしても初めての経験らしく、5人で群が見えなくなるまで見送った。

水族館や映像で見るイルカとはまったく違う存在感を放っていて、私は「神だ」と思った。
同時に「イルカの大群を見たよ」と文章にしても言葉で伝えても、この感動がほとんど伝わらないと思った。

陸のサポーターの代表が人間なら、海のそれはイルカやクジラ達だと思う。
遠く離れたイルカ達になおやがホーミーとシンギングリンで話しかけたら、確かに一頭の彼が応えてくれた。

イルカの姿が消えた海原に向かって、皆は拍手して「ありがとう」と叫んだ。
f0179615_10304272.jpg

[PR]
by prema-maaru | 2009-09-09 10:30 | Comments(0)