生命の力

f0179615_651619.jpg

先日屋久島を訪れていた友人にいい事を教えてもらった。

「食べ物を100回以上噛む」

私は自覚ある早食い派で、特に蕎麦等は飲むように食べている。
その速度が癖になってかあらゆる全てのものを早く食べるようになっていた。
ところがそう言われ、おにぎりを100回噛んで食べたら、全然別の食べ物に変わっていた。
米がお粥状になり、米の奥の奥にある甘味が出て来た。
その美味しいこと!!
この美味しさをみすみす逃していたなんて!あ〜

そしてなにより「噛む」事は消化にも脳にも免疫力アップにもいいらしい。
健康上のメリットは言うまでもなく、噛むという意識的な行為をする事で、私はあるひとつの大いなる効果に気づく。

噛むと「いまここに」戻れる、ということ!
頭の中であっちこっち巡る思考から自由になり、本来の自分に戻って来られる。
そういうと「瞑想」と同じ心境だって思うかもしれませんが、その通りです。

こんな簡単でいい事ずくめの方法は独り占めして置く手は無しなので、こうして書いています。
100回ってのは「おおよそ」でいいと思います。

いつもより沢山意識的に食べ物を味わう事で、食べ物に感謝する気持ちが大きくなったり
自分の身体は食べ物から出来ている事を思い出したり、何より「どうせ食べるのならイイものを」
イイモノって言ったって、決して贅沢という訳では無く、自然から出て来たそのものをいただくという。在る意味本物のグルメへと向かっているように思います。

そして自分の出会った「良く噛んで食べる人」を思い出してゆくと、皆さんそれだけで無く、心身共にバランスの取れた人が多いな〜と実感。
当たり前の事をやってみて気づく有り難さです。
[PR]
by prema-maaru | 2009-09-11 06:05 | Comments(0)