屋久島に戻りました

九州旅行から屋久島に戻りました。

今回の旅の目的のひとつは、
私はいま毎日幸せな気持ちで安心して絵を描いていますが、それはこの生命力溢れる屋久島にいるという効果がもたらしてくれるものなのか?
はたまた自分の感性がすっかり変わってしまったのか?
というものでした。

高速船に揺られ、高速バスに飛ばされて、初めて訪れる福岡は思っていたよりもずっと大都会でした。
夜の9時すぎに着き、地図とおまわりさんに聞いてやっとたどり着いたホテルは、なんとカプセルホテルだったのです。
開店記念で料金がサービス価格で普通のビジネスホテルよりもぐっと安かったのは訳がありました。
新築なのでとても綺麗なのですが、窓も無く天井がすぐソコにあり、部屋には鍵も無く、ロッカーに荷物を押し込んで「やれやれ〜」と思いました、
しかしお風呂に入ってベッドに横になって居た時に、不思議と安らかな心で居る自分に気づきました。

コンクリと鉄板とプラスチックで作られた無機質なその部屋は、我が家とは対極です。
私の家は横に川が流れせせらぎがあり、海の波の音が心地よく、秋の虫や鳥のさえずりがしている木造の古い民家です。
寝ていてもいろんないのちの声がささやいているような環境から、一気に救急車や車のクラクションや空調の音が流れるベッドに横になっていても、私はいつもいる場所に居るという気持ちでずっと過ごせたのです。
ここで言う「場所」とは身体の在る場所のことでは無く、こころの在る場所という意味合です。

その晩の内に都会に半年ぶりに行った目的は達成出来ました(笑)
もうどこに居ても「いまここにいる」という事には不安がありません。

ただ、その無機質なものに囲まれて生活している人たちの疲れ切った気持ちも感じました。
いま、私は屋久島に頂いた「いのち」あふれる作品を個展として全国方々で開催したいという野望を持っているのですが、その作品は素材そのものが「いのちあふれる材質」で作られたものにしようと思いました。
そうしたらどんなに無味乾燥としている部屋にも温かみを持っていけそうです。
途中で寄らせていただいた阿蘇の野風ムラでその具体的なイメージが浮かび、これが実現できたらすごいぞ!というのが今は私の心を躍らせております。

この少しの旅で本当に沢山の事に気づかせてもらえました。
どんなものでも、それ以外のものが無くては存在出来ないという事。
たとえばここに雑誌があるとしたら、その雑誌を編集したりデザインしたり写真を撮ったりする人が居なくては雑誌はありません。
そしてその雑誌の紙の材料になる樹が無くては雑誌は作れません。
そしてその樹を切る仕事をする人が居て、樹を育てる太陽や雨や大地や鳥や動物や虫達。
そこに携わる人々の両親やその身体を育む食べ物等、、、
途方も無いものの関わりでこの雑誌が目の前にあるという事があまりにもすごすぎて!

この世界のあらゆるものは皆お互いに関係し合い出来ている事に、私は都会という場所がその大きな学びの場所だという事を発見したのです。
いまさらですが(笑)

という訳で、屋久島に戻ってきました。
実はけっこう忙しく、毎日の棒踊りの練習や稲刈りや友だちも泊まりにくるし...
また落ち着いたら絵の制作に戻ろうと思います。
同時に個展に展示する作品の構成にも入って行きます。

どうぞ今後とも「いろとかたち」をよろしくお願いします(選挙みたい)
[PR]
by prema-maaru | 2009-09-29 14:31 | Comments(0)