背中で感じる




f0179615_452924.jpg




ぽめろんカードご注文はコチラ☆




「ぽめろんを観る」って具体的にどうすればいいの? って聞かれる事が良くあります。

良くデジカメに写る「オーブ」って呼ばれる球状の白い光が「ぽめろん」?っていう風にも聞かれますが

ボクはアレがどうして写るのかは知識がありませんが、ぽめろんソレ自体は眼に見えるものではありません。


今日は「見る」もそうですが「感じる」のポイントをひとつ。

そして「見る」ではない「観る」ことは「感じる」ことと同じ意味です。


あなたが地面に咲く一本の花を見ているのをイメージして下さいね。

しゃがんで花に顔を近づけます。

そのとき、あなたは花を見ていますが、花もあなたを見ています。

あなたが何かを見ている時は、何かがあなたを見ているのです。

あなたが月を見ているとき、月はあなたを見ています。


最初あなたは花を見ていましたが、次第に花の咲く地面や、近く遠くの風景もぼんやり見えている事に気づきます。

花は、あなたの背後に広がる風景も、あなたの姿と一緒に見ています。

(もちろん、花にも月にも眼はありません。比喩です)

眼は、空間の中の「花」に焦点を合わせているだけで、空間ぜんぶを見ている事を思い出して下さい。

「眼」は身体にとって「レンズ」なので、対象のものにピントを合わせて浮き上がらせているのですが

あなたの全身は、あなたの前方の「花」だけで無く、360度の全方位に意識が向いています。

これが「ぽめろんを感じる」です。


ちょっと難しいですか?

言葉にすると堅苦しくなりますね。

一番使える感覚は「背中で感じる」って事かもしれません。

鏡に映った自分の背景を見る事です。

他者の視点で自分を観る(判断はしないで)

こうしてパソコンのモニタを見ているあなたが、モニタに見られている感じ。

モニタは、あなたの顔と、あなたの背中側の景色も一緒に見ています。

これはあなたにとって、未知の風景なんですね。

振り返っても、その時の背中側(後頭部側)は、いつも見えません。

見る事が出来ないから「感じる」。

ぽめろんは「眼」には見えません。

全部がぽめろんで出来ていて、「これがぽめろん」「あれがぽめろん」だとは言えません。

全ての中に染み渡るぽめろんを観るには「感じる」事しかできないのです。


どっちにしろ難しいですか?

言葉ってやっかいですね。

でも、一緒に散歩したら直ぐに伝わるんだけどな~

みなさんの中で同じような感触がある方は、ぜひコメント下さい。

ぽめろんを感じたい方の理解に役立ちます。



ぷりぷりぽん♡
人気ブログランキングへ


今日もぷりっぷりな一日を☆
[PR]
by prema-maaru | 2010-06-19 04:54 | Comments(25)
Commented by プぺ at 2010-06-19 06:52 x
マシマシ みなさんおはようございます。

『ぽめろん』
例えば、体について想像したときに『ぽめろん』を感じます。数え切れない細胞たちが無休で働いてくれていることを感じたとき、ありがとうの気持ちでいっぱいになります。

同様に、ウ○チ~宇宙まで、すべて観ると、想像すると、みんな同じで大切なお友達だなぁって思います(^_^)
Commented by コンパス at 2010-06-19 07:19 x
マシマシ♪ みなさま♪
おはようございま〜す!
まさに!まさに!
小生の場合、治療の時に、背中で隙間を観じます。
行ってきま〜す〜
ラヴュ〜 ラヴミィ〜 ハグ〜 ☆
Commented by prema-maaru at 2010-06-19 08:26
プペ。

おはよう〜♪

ありがとね〜☆
Commented by prema-maaru at 2010-06-19 08:26
コンパスさん。

おはよう〜♪

いってらっさい〜☆
Commented by あぴょう at 2010-06-19 09:05 x
すべてがぽめろんでできてるということですよね。

木も花も空気も、人の意識も体も心もぜーんぶぽめろん。

それは、感じようとするよりも、そういうものと理解して、安心して全体に自分を手放した方が感じられるものだと思います。

ただ、もったいないなぁと思うのは手放すことばかりではなくて、ぽめろんの方向性である愛や癒しや育みを上手に使って、自分の人生を創造した方がいいのになぁと思います。

先日のマシマシの記事で「思考は魔法のランプになる」とありましたが、きっとそういうことですよね。

感じられない時は「ぽめろんがすべて癒してくれる」とか、潜在意識に言葉を送ると徐々に感じられるようになりました。

「ぽめろんが成功へ導いてくれる」なんて言葉も、それがその人の天職ならありなんですかね?
Commented by たびぃ at 2010-06-19 09:27 x
森の中に入る
風が吹いてくる
木々が音をたてる
葉がそよぐ
鳥が鳴く
木の実が地に落ちる
地では虫たちが蠢いている

森に自分がいる

眼に映る世界
耳に聴こえる世界
指で触れる世界
足で感じる世界
身体全体で感じる世界
世界がなにかを言っている
自分の身体がとけてしまう
自分が森そのものになる

鼓動
血流
呼吸
響き
Commented by あんこや at 2010-06-19 09:38 x
そうです。
ぽめろんを見るってより
花の中にある
ぽめろんの存在を感じる方がしっくりきますね(ニコニコ)
Commented by エフマロ at 2010-06-19 10:47 x
わたしは一時自分の姿を忘れてボールのような丸いヤツだと思うようにして それ全体で観る(感じる)ようにしてます

散歩時が主ですが まわりの景色の見方が変わりますね~

心にぐっとくるよ~
Commented by たびぃ at 2010-06-19 10:59 x
補足です。

嗅覚で感じる世界




京都東寺に行きました。
立体曼荼羅の中にとけこみました。
震えました。
大日如来を観ている。
大日如来に観られている。

ルノアール展へ行きました。
絵に描かれた女性と話しました。
絵の中で永遠に魂が生きているのを感じました。

駅のホームにふたりいたとき
ケサランパサランがふわり飛んできました。
Commented by あい at 2010-06-19 11:15 x
すごい わかりやすいです!! 
 
 
ありがとうです!!  へへへ。
Commented by prema-maaru at 2010-06-19 11:27
あびょうさん。

手放すのは「誤解」している思い込みで、全ての表れは完全なんですね。

解釈に勘違いが入っています。

ぜんぶ自分で何とか出来るのが、この世界の素晴らしいところですね(笑)
Commented by prema-maaru at 2010-06-19 11:28
たびぃさん。

たびぃさんは日々生命のなかに在るんですね。

それがとても感じられます。

ありがとう♪
Commented by prema-maaru at 2010-06-19 11:29
あんこやさん。

そうですね。

言葉の使い方はそのときそれぞれで都合良く使う(笑)

どちらにせよ、生命は動きませんもんね。
Commented by prema-maaru at 2010-06-19 11:30
エフマロさん。

あ〜それ分かるな!

背中でも足の裏でも観る。

全身を「眼にして耳にして」感じる。

ありがとう!
Commented by prema-maaru at 2010-06-19 11:30
あいさん。

ありがとう!!

ぜし観てみてください♡
Commented by たいよう at 2010-06-19 15:26 x
ぽろめーん。
お初の投稿でございます。
よろしくお願いします。
ぽろめん、良い響きです。
マシマシいつもありがとう。

僕が感じたぽろめんは、全てが充ち満ちた状態、
自分も含めて、全てが一つ。
わかりやすいのは、水の中に潜っている状態かな。
自分も感じているし、全てが感じている。
地上にいても同じ。

自分が居る、全てが居るから
今が成り立つ。ただ在るだけ。

そんな満たされた状態かもしれませんね。
ありがたいなー。
Commented by たいよう at 2010-06-19 15:31 x
何度も投稿失礼します。

失礼しました。
ぽめろんですねー(笑)
Commented by prema-maaru at 2010-06-19 16:05
たいようさん。

はじめまして!!

コメントありがとう!!

おっしゃる通りですね☆

「ぽろめん」でも良いんです☆

なんでも構わないんですよ!
Commented by ルナ☆ぽん at 2010-06-19 18:09 x
こんにちは~♪
今日の絵、好きです(*^^*)

少し変換するのに時間が要りますが、
ぽめろんは無色透明だけど、かたちに入ったらいろが現れる☆

夜は真っ暗で何も見えないのに、
朝になってひかりがあたると、全ての存在感が際立ってくるように・・・。

それを、人間より自然界の樹木や野の花や虫たちが、
ちゃんと知ってると思うと、胸がいっぱいになります❤

そんな思いで観ると、
いつもの風景が、初めて見る美しい風景に感じます☆
Commented by prema-maaru at 2010-06-19 19:03
ルナ☆ぽぉ〜〜〜ん☆

ぽめろぉ〜〜〜ん☆

そうだよね。
胸いっぱいになります。
Commented by まるきゅ~・高田 at 2010-06-19 20:05 x
ましまし、みなさん、こんばんは~(^^)。

『あなたが月を見ているとき、月はあなたを見ています。』
『背中で感じる』
おおぉ なるほど~、わから~ん(笑)。
う~~~ん、今日のお話はむずかしーですね~(汗)。

『眼は、空間の中の「花」に焦点を合わせているだけで、空間ぜんぶを見ている事を思い出して下さい。』
『あなたの全身は、あなたの前方の「花」だけで無く、360度の全方位に意識が向いています。』
・・・「一つの全体」を感じるよう意識する、って事かな??

いまのところ僕は、単純に 草木や森の生命力を感じる事を続けています♪。「ぽめろんの草」「ぽめろんの森」って思いながら♫
「ぽめろん」を観よう観よう と思っているとイマイチだったり、そうかと思えば ふと目に入った草木や景色にスッゲ~~~ぽめろんを感じたり…(^_^;)。

『背中で感じる』かぁ… そうだ、とりあえずやってみよ~(^_^)。
Commented by 雲ぽん at 2010-06-19 23:27 x
まるきゅ~さん、

いいなぁ~♫

なんかいい感じ~~ですね(o^-^o)

Commented by hiron at 2010-06-20 01:56 x
はじめまして。

言葉で表現するのが難しい「ぽめろん」をアートで表現できるって
ステキだなぁ~☆
って思いながら拝見致しております。

そういえば前に娘が満月を見たとき
「お月様、こっち見てるね」
って言っていました♪

命って「生きていること」が歓びなんですよね。
生きているということは生かされているということ・・・
まもられているということ・・・
愛されているということ・・・
朝日を浴びたらその感覚が身体全体から湧き上がってきたことがありました。
Commented by prema-maaru at 2010-06-20 05:25
hironさん。

はじめまして!

そうですね〜♪

行きていることが歓び

ぽめろんですね〜
Commented by まるきゅ~・高田 at 2010-06-20 11:41 x
雲ぽんさん。

ありがと~~、うれしいです。(^o^♪