YOMIの記録

マシマタケシ新作展示会 アグレアブル・ミュゼ

立春を過ぎ、春と言うのは名ばかりで一年で一番寒い時期になりました。
しかし寒さが極まるこの時期は、温かい陽の光のありがたみが身にしみます。
梅が咲き、行きつ戻りつ春がゆっくりと歩いて来ます。
春は先に人の心から始まるように思います。

2015年に入り、新しく描き上げた作品をご覧いただきます。
YOMI
観音/ケオン
SINKAI
楽園
の四作です。
それに前回のカフェスローの個展「TOTEM」から五作を加え、九作品を展示させていただきました。

特に「SINKAI」と「楽園」は今までの私の傾向から一歩出た表現になっています。
絵と言うのは何かカタチを描いて「絵」という事が多いのですが、この二作はカタチでは無く
気配を描く事を目指しました。

それぞれの作品の前でお時間がゆるすまでお過ごし下さいませ。

ありがとうございます。

マシマタケシ


f0179615_519278.jpg

7日(土)生命を描くワークショップ


f0179615_5195233.jpg

8日(日) 背中で観て描くワークショップ





f0179615_5211788.jpg

「YOMI」728x1030mm 販売済み

神からして観たら”この世”は黄泉の国なのです

私たちは神の世界(霊界)を黄泉の国だと思って来た。
ところが神から観れば、この世界が「黄泉の国」だというのだ。
その時私の概念は反転を起こし、この絵が生まれた。

あなたから観れば、私が”あなた”なのです。

宇宙から観れば、あなたが”宇宙”なのです。

神から観れば、あなたが”神”なのです。




f0179615_521402.jpg

「観音/ケオン」 728x1030mm 販売済み

ある日私はバリのシャーマンをなさっている方から不思議な石を賜りました。
それは「ケオン」という名で「観音の石」と呼ばれるものです。
バリのある島の海中に住むサンゴの中に形成される副産物です。
満月の晩、島の子ども達の中から数名が選ばれ、この石を探しに行くそうです。
子どもにしか見つける事が出来ないケオンは、バリでいにしえから珍重されて来たのだそうです。

ケオンを握りしめながら、私は絵を描きました。
気が遠くなる様な時と、記憶と、慈愛に導かれて。




f0179615_5223341.jpg

「SINKAI」 728x1030mm  販売済み

深海に潜る。
美しい海岸(ビーチ)の光溢れる景色がだんだんと遠のく。
締め付けられる水圧と、冷たい海水と、光の届かない闇の中を。
ただ潜る潜る。

心の深海に潜る。
誰も見た事が無い、でも「知っている」何かを探しに。
それは隠された神界。

振り返って空を見る。
青い青い地球が見える。




f0179615_5242168.jpg

「楽園」 728x1030mm 販売済み

潜っても潜ってもも何も見つからない。
息が切れ、意識が遠のき、全身から力が抜けて行く。
何度もあきらめようとする。
でも「もう少し行こう」と誰かの声がする。

力を振り絞ってもう一度潜る。
いよいよ引き戻そうと思ったその時

楽園が見えた。





TOTEMの全容

壬生マシマタケシ美術館

マシマタケシのホームページ

絵を描く事
[PR]
by prema-maaru | 2015-02-09 05:24 | Comments(0)