ヒカリの光のヒカリ

f0179615_1650259.jpg

ヒカリの光 12/11心斎橋
Facebookイベントページ


カフェスロー個展「nihon」では、数々の来場者の中で「踊り手」との出会いがありました。
ひとりはオイリュトミーをされている方で、ボクの絵を観ていて感極まり、母音を発しながら舞って下さいました。
その時カフェスローのギャラリーの小さな空間がまるで大ホールのようにどこまでも広がって伸びて行くのを見逃しませんでした。

ひとりは絵を観ている内に本人の意思とは無関係に身体が動きだし、それが息を呑む様な美しさでした。
まるで森を歩いている時に葉の陰から鹿が二本足で立って舞っているのを見てしまったような、見てはいけないものを見てしまったような、神聖で儚い幻が目の前で起きているような出来事でした。

お二人とは来年共演し、絵と踊りを味わっていただく場を設けたいと思います。
踊りや音楽の場にとって「絵」とは、背景であったり舞台装置だったり、サブのものでしたが、この会は絵と演者が並び立つドキドキハラハラする刺激的な時間を創りたいと思います。
今からビジョンはどんどん広がっています。
どうぞご期待下さい。

この流れの先鞭を付けたのは、来月大阪で執り行なわれる「ヒカリの光」です。
これは今年の五月にボクが六甲のサラシャンティで個展を開催した際に訪れて下さった大久保貴寛氏がおもむろに「弾いていいでしょうか」と国宝級のバイオリンをケースから取り出し奏でて下さった曲の美しい事。
その場に居た人は感動で皆顔が真っ赤になるほどでした。
大久保さんとはその場で「三作品、三曲を、三つのコトバから作り、当日まで秘密裏に創作し、その場でお披露目する機会を作りましょう」と盛り上がりましたが、そこに居らした神戸在住の観音企画の影山さんが「それワタシがトキトコロを創ります!」と宣言し、それが脹らみに脹らみ、12/11今年最後の新月の日に大阪心斎橋の古い教会でも「ヒカリの光」と成った訳です。

自分たちの意思なのか、はたまた秘密裏に何モノかが仕組んだモクロミなのか?
たぶん当日は何かすごい事が起きると思っております。
その日にその場でしか目撃出来ません。
どうぞいそいそとお出かけ下さいませ。

影山さんがFBに書いた文をシェアします。
申込は事前になりますので何卒宜しくお願い致します。
必見です!

当初の音楽&絵画コラボ企画から、不思議な導きでまるで神事のような”光”の場ができてしまいました。笑
12月11日は、偶然にも今年最後の新月であり、また米国のデフォルト予測日であったり、社会的に不穏な予測もされているそうです。
その日に光を教会から立ち上げることになっているのは、偶然にしろ、いや、世の中に偶然はないともいいますから、祈りの必然なのでしょうか。
フライヤーやFBイベントページだけだと、何をするのかわからない(スミマセン)ということで、詳細をご説明させて頂きます。
(多少の変更あり)
当日まで出演者にも公開されないマシマタケシさんの ”ヒの光”
”カの光” ”リの光”の三枚の絵が空間舞台装置として祭壇の三脚の椅子の前に立てかけられます。
聴いたことのある方ならご存知だと思いますが、ハートが震える音色をだされるヴァイオリンの大久保さんが即興でそのトキ、トコロの”音”を表現されるのに重ねて、世界的ダンサーであられる原田さんを筆頭に3人のダンサーもまた即興でトキトコロの”魂”を表現されます。
踊りが終わると、場は石原さんのパイプオルガンの音色と共に、キャンドルアートの河合さんによって蝋燭の灯りがともされていきます…
会場は調香師の辻さんによる”聖水”の香がほのかに薫っています。
五感全てで、感じとって頂けたらと思います。
ご参加お待ちしております。
※お申し込みフォーム
https://ssl.form-mailer.jp/fms/d30ef653393651



追記。
『ヒカリの光』
この度は「光」を解体し、光を構成する光子をさらけ出しました。
すなわち「ヒ」「カ」「リ」です。
この三つの素をそれぞれ絵に描いております。
まじヤバいですから覚悟を決めてお越し下さい。








Face book マシマタケシ

アトリエ23内覧のお知らせ

にほんのnihon

NAVELのヘソ

ko yo miのこよみ

ke ha hiの気配

YOMIの記録

TOTEMの全容
[PR]
by prema-maaru | 2015-11-27 16:41 | Comments(0)