2016年 11月 28日 ( 1 )



マシマタケシ個展 そのもの 2016年 カフェスロー



この度はマシマタケシ個展「そのもの」にお越しいただきまして誠にありがとうございます。

題名「そのもの」は約一年前、昨年の個展「nihon」が終わって直ぐに浮かんで来た言葉です。

ですから今回は作品が先行して構築されたのでは無く「そのもの」という言葉が全体の導き手でした。


考えてみればこれ以上分けられない、引けない、足せない、掛けられない

「そのもの」という意味は、言い換えれば「侘び寂び」に通じるのだと思います。

装飾を削ぎ落としそれ本来の姿をあぶり出す様な、とても日本的な美意識を帯びた言葉です。


「そのもの」とは何か?を2016年はずっと見つめて歩いて来ました。

そういう日常の中で自分自身も自分から見える世界も、以前よりは少しリアルになったように感じています。



今回は計十作品を展示しております。

いつもは八枚ですので、何かこれまでよりも密度が濃く充満感があります。


私の絵はいつもそうですが、始めはサっと流して観る。

一巡りしてから一枚一枚じっくりと観る。

気になる絵をさらにじっくり観る。


そして出来るならば、日を変えてもう一度ご覧にいらして下さい。

そういう見せ方が出来るのがカフェスローのこの場です。

この空間、この距離、お店の在り方が、私の個展そのものです。


又今回は私の絵の世界観をこの空間全部に広げる試みもあります。

26日の夜「ソノモノ」と題し、ミュージシャン3人、ダンサー一人、

キャンドル一人、映像一人のLIVEがあります。

どうぞそちらも合わせて「そのもの」をご堪能下さい。





マシマタケシ








f0179615_09093919.jpg

天の海


地に海があり天に海がある

地に波が起き天に潮流が生ず

地が凪ぎ天が動く

地にあるように天にある














f0179615_09115460.jpg

musuhi


織りなし編み上げる

重ね潜る

入れて入る

溶けて交じる















f0179615_09102953.jpg

産神


すべての生命はここに生ずる

ここに生ずるのは全ての生命


ご予約済み












f0179615_09113744.jpg

ORION


鏡は前後が逆なのでは無く奥行きが逆なのです

奥は手前に手前は奥に

あなたを鋳型にしてそれ以外が鏡です

ORIONあなたと宇宙は等分です















f0179615_09101435.jpg

時間の花


ひといきひといきの隙間に

小さな花や柔らかい花が咲く

すこし息を止めるとわかる

あなたの鼻から花があふれるから















f0179615_09104355.jpg


光と時の間


太陽と月と地球

灯を照らす手

鮮やかな岩山に松

メラメラと陽炎














f0179615_09120739.jpg

andoromeda


ひとつは天に

ひとつは胸に

ひとつは抱きしめる

だきしめる


販売済み













f0179615_09110049.jpg

まゆらぎ


深い森のさらに奥の奥

そうそれはあなたの心の中

まだ誰も知らない森の翁の大きな樹

そこに大きな赤い孔雀がいる

それがあなた



ご予約済み













f0179615_09112550.jpg


かむな


それは私たちのなまえ

はじまりもおわりもないなまえ

それはせいめい力のなまえ

ねむるとよばれるなまえ















f0179615_09111328.jpg

かむろ


おおきな時の間はいまゆっくりと終わりにはいり

変わってちいさな光の輪が浮上してきた

それにより おおきなものと ちいさなものが

位置を変えた。
















Face book マシマタケシ
Instagram マシマタケシ
『ヨミの星』
己読のこよみ
ヒカリの光のキセキ
にほんのnihon
NAVELのヘソ
ko yo miのこよみ
ke ha hiの気配
YOMIの記録
TOTEMの全容

[PR]