カテゴリ:未分類( 1647 )

お仕事は?と訊かれたら「アーティストです」とか「絵描きです」と答えますが
私は自分の作品をアート作品とは言えないかも。
と、かれこれ絵を描く仕事を30年以上やってきましたが、今そう想います。

1枚のボードを眼に前に置いてじっと睨みながら私がするのは記憶を辿る事です。
その記憶は生まれてからこれまでの記憶もそうですが
そこを突破した後で見えて来るのは「全ての記憶」と呼べるものです。

地球が形作られて137億年だそうですがそういう時間の積み重ねでは無い
この一点にその137億年がぎゅ~っと凝縮している記憶です。
みんなが忘れている、でも一番大切なもの。
その記憶を蘇らせる『記憶再生装置』として私はこれらの絵を描いているのだと言えます。
まず最初に私自身がこの絵と対峙しながら記憶を思い出すのです。

その記憶とは?私たちを存在させている水や空気や太陽や風の記憶。
この身体を構成している様々な細胞が以前何かの生き物だったり
川の石だったり海の波だったりした記憶。
その細胞を存在させている分子や光子や素粒子の記憶。
それらが持つ記憶をひとつひとつ取り出すのが私の絵の流儀です。
このボードを入り口の窓にして私は大宇宙へ漕ぎ出すのです。

実感を持って、やっとそう思えるようになりました。
これらの10枚の絵を入り口の窓にして、どうぞ乗り込んで潜入してみて下さい。
私たちそれぞれは似ているけど全く違う人間ですが
この窓から入った先にはあなたと私を隔てるものは無いのです。
生命の源である生命力。
そのよわくつよいざわめきに身を浸して下さい。

新緑の初夏。
生命が伸びやかにするこの時期に。


2017年初夏

マシマタケシ





邂逅
f0179615_08171886.jpg


邂逅

眼を閉じてご覧なさい
耳を塞いで心臓の音を
聞きながらご覧なさい
どうぞお入りなさい











izanau
f0179615_08120185.jpg
izanau

黒々と茂る小径を抜け
虫の声も届かない小さな祠の
冷たくひっそりとしたそこに
私の記憶が佇んでいる













精霊ノ山
f0179615_08193221.jpg
精霊ノ山

どの国からも遠く
どの海よりも遠い
そこに辿り着ける旅人は
永遠を観るだろう













はじまりの音
f0179615_08202693.jpg
はじまりの音

それは空気のようなもの
又は水や光のようなもの
星々や月や太陽でもある
そしてあなたの名前













龍の玉
f0179615_08213401.jpg
龍の玉

その星の海の底の底に
誰も知らない岩の陰に
その星の生命を生み出す玉がある
百億年













十一と二十三
f0179615_08223447.jpg
十一と二十三

この世界は影です
誰かがそう言った
洞窟に映る灯の影
いまそこをあなたが横ぎった













aoitsuki
f0179615_08240378.jpg
aoitsuki

青よりも蒼く
金よりもじんじんと
し~んとなって
虫の声













生ずる
f0179615_08243197.jpg
生ずる

生命の生ずる音
耳には届かない
目にはつかめない
思念にさえ上がらない
その生ずるもの












toppuri
f0179615_08252944.jpg
toppuri

満ち満ちて満ちて
増して増して増す
目の前の空間には
137億年が折り畳まれている
その一つ一つが我であり
片時も居ない事は無い
ただとっぷりと満ちて










光の正面
f0179615_08105784.jpg
光の正面

まだ何も生み出す前の光
姿も形も音も無い光
影を伴わない光
何も無い光の正面へ















f0179615_21563766.jpg

個展「初夏」も明日で最終日を迎えます。
今回は個展の直前まで描いていたので中々落ち付けずに居ました。
今日いらした方が言ってくれた言葉でようやく絵たちを明日はゆっくり観られそうです。
その方の伝えてくれたのはこう言う事です
「芸術はある意味『狂気』を描くけども、狂気では人は救われない」
「刺激にはなるけど狂気は人を壊して行く」
「いま求められているのは『優しさ』なんだよね」

その「優しさ」が表面からの優しさだけじゃなく、その人の背後に回ってそっと肩に手を置く優しさ。
一人先に行って手招きするのでは無く、誰もが優しいと感じる優しさを。
ボクはこの製作期間、ある出来事を通じてそれを(まだ言葉にならなかったけど)すっと想っていました。
そしてそれが少しだけ絵に表れていたようです。

明日は少し早くカフェスローに行って、じっくりと絵を観ようと思いました。
やっと落ち着いて観られそうです。


マシマタケシ個展 初夏 カフェスロー 5/19~24
















作品アーカイブ
Instagram マシマタケシ
Face book マシマタケシ
atelier23への道順
真顔絵
其のそのもの
『ヨミの星』
己読のこよみ
ヒカリの光のキセキ
にほんのnihon
NAVELのヘソ
ko yo miのこよみ
ke ha hiの気配
YOMIの記録
TOTEMの全容

f0179615_21175310.jpg
マシマタケシ個展 初夏 カフェスロー 5/19~24

連日本当に沢山の方にいらしていただいて、こんなに多いのは初めてかもしれません。
心からありがとうございます。
明日はカフェスローの定休日で、個展もお休みです。
毎回定休日に来ちゃう方がいるので、ボクもちゃんと調べないで行くタイプなので分りますが、なるたけ明日は避けて下さい。
23(火)と24(水)の二日間を残す日程になります。
11:30~18:00です。
後13時間あります。

普段ほとんどボッチのボクはさすがに短時間で人に会うとメーターが振り切れます。
中休みがあるのは良いテンポだと思いました。
月曜日はカフェスローの定休日です。

とにかく「ひと」は良いな〜ってしみじみ思ってます。
本当にありがたい!
新しく出会う人もいっぱい居てとても幸せです。
心からありがとうございます。

明日は残念ながらカフェスローが休みの定休日です
どうぞ宜しくお願いいたします。








作品アーカイブ
Instagram マシマタケシ
Face book マシマタケシ
atelier23への道順
真顔絵
其のそのもの
『ヨミの星』
己読のこよみ
ヒカリの光のキセキ
にほんのnihon
NAVELのヘソ
ko yo miのこよみ
ke ha hiの気配
YOMIの記録
TOTEMの全容

f0179615_20464788.jpg
マシマタケシ個展「初夏」初日終えました。
初夏を通り越して夏本番みたいな半袖気候で、沢山の方にいらしていただいて本当にありがとうございます。
さて、今回はカフェスローの体制が変わり金曜始まりだったり、床がフローリングに変わったり、いろいろと以前との変化がありました。
そのせいか朝からちょっとした「いつもと違うな」という小さい違和感みたいなものがずっとあったのですが、お客様が立続けにみえたのでそれをじっくりと感じる事の無いまま時間が過ぎて行きました。

夕方近くにいつも来てくれる友達が入る度に「なんかいつもと違う」という事を伝えてくれました。
彼女は年間100本以上の美術館や観劇や展示会を巡る強者です。
「照明が明る過ぎやしないか?」という意見でした。
「照明が明る過ぎて色が平坦に観える」という事で、床をフローリングに変えたとこによって照明反射で室内がとても(眩しいほどに)明るいのです。
ボクもやっと気づきまして三脚を持ち出して照明の向きを変えたりライトをねじって全体の半分を消したり、意見を聞きながらいろいろ試した所、やっといつもの『マシマ個展』の雰囲気が出来上がります。

もうこれは感謝感激でした!
ここで教訓を得たのは「違和感を感じたら原因を見つける」と「それの打開策を捻出する」でした。
違和感を感じてもそれが何なのか分らなかったり、それを変化の所為にして文句を言ったりする事、その空虚さ。
違和感というのは新しい発見の為のささやきなんだなと畏れ入ったのです。

それをはっきりと伝えてくれた友達に心から感謝しました。
そう言う事は感じても中々伝えるまで行かないものです。
照明の事だけじゃ無く何にでも当てはまりますよね。
いい風が吹いております。
明日もどうぞよろしく!

カフェ営業は15:00までですがギャラリーは18:00までOPENしてます。
明日はカフェスロー恒例の「くらやみカフェ」です(その準備で15:00カフェ終了)


マシマタケシ個展 初夏 カフェスロー 5/19~24







作品アーカイブ
Instagram マシマタケシ
Face book マシマタケシ
atelier23への道順
真顔絵
其のそのもの
『ヨミの星』
己読のこよみ
ヒカリの光のキセキ
にほんのnihon
NAVELのヘソ
ko yo miのこよみ
ke ha hiの気配
YOMIの記録
TOTEMの全容

f0179615_15492470.jpg
いつもの赤帽さんが指定時間の10分前に来て作品を幌トラに積み込んでくれました。
おじさんは仕事が丁寧で絵を宝物のように過剰に何重にもクッションを挟んで積んでくれます。
その時間がけっこう掛るので大体お願いした時刻に出発となります。
カフェスローの展示も手慣れたもので事前に出した寸法を割り出してテキパキと進みます。
「え!もう終わったんですか!」と驚かれるほどです。

壁に掛けた絵は自宅アトリエで観るのとは全然違う絵に思えます。
ここに掛けられる事を夢見て待っていた新人達のお披露目の舞台です。
どこを見ても新緑が眩しくて空気も湿度が入りもう春ではありません。
初夏の準備が整いました。

マシマタケシ個展「初夏」カフェスロー、明日から開幕です。
展示が終わった後にスポットを落として窓から入る光で絵たちを眺めました。
珍しく今回はぐっと胸に迫るものがあります。
直前までずっと絵を描いていました。

期間中ボクはいつも会場に居ります。
どうやら天気もずっと晴れそうです。
皆さんのお越しをお待ち申し上げます。

期日 5月19日〜24日(22日(月)は定休日)
時間 11:30~18:00

会場 カフェスロー・ギャラリー
マシマタケシ個展 初夏 カフェスロー 5/19~24











作品アーカイブ
Instagram マシマタケシ
Face book マシマタケシ
atelier23への道順
真顔絵
其のそのもの
『ヨミの星』
己読のこよみ
ヒカリの光のキセキ
にほんのnihon
NAVELのヘソ
ko yo miのこよみ
ke ha hiの気配
YOMIの記録
TOTEMの全容

f0179615_12543827.jpg
古代服にペイント
マシマタケシ個展 初夏 カフェスロー 5/19~24
服制作 高堀裕子










作品アーカイブ
Instagram マシマタケシ
Face book マシマタケシ
atelier23への道順
真顔絵
其のそのもの
『ヨミの星』
己読のこよみ
ヒカリの光のキセキ
にほんのnihon
NAVELのヘソ
ko yo miのこよみ
ke ha hiの気配
YOMIの記録
TOTEMの全容

f0179615_19234387.jpg
十三丸
古代服にペイント
マシマタケシ個展 初夏 カフェスロー 5/19~24
服制作 高堀裕子








作品アーカイブ
Instagram マシマタケシ
Face book マシマタケシ
atelier23への道順
真顔絵
其のそのもの
『ヨミの星』
己読のこよみ
ヒカリの光のキセキ
にほんのnihon
NAVELのヘソ
ko yo miのこよみ
ke ha hiの気配
YOMIの記録
TOTEMの全容




f0179615_16373902.jpg
はじまりの音 
A1size 594x841mm

マシマタケシ個展 初夏 カフェスロー 5/19~24













作品アーカイブ
Instagram マシマタケシ
Face book マシマタケシ
atelier23への道順
真顔絵
其のそのもの
『ヨミの星』
己読のこよみ
ヒカリの光のキセキ
にほんのnihon
NAVELのヘソ
ko yo miのこよみ
ke ha hiの気配
YOMIの記録
TOTEMの全容

f0179615_16274681.jpg
邂逅
A1size 594x841mm

マシマタケシ個展 初夏 カフェスロー 5/19~24













作品アーカイブ
Instagram マシマタケシ
Face book マシマタケシ
atelier23への道順
真顔絵
其のそのもの
『ヨミの星』
己読のこよみ
ヒカリの光のキセキ
にほんのnihon
NAVELのヘソ
ko yo miのこよみ
ke ha hiの気配
YOMIの記録
TOTEMの全容


f0179615_14002968.jpg
精霊ノ山
A1size 594x841mm

マシマタケシ個展 初夏 カフェスロー 5/19~24











作品アーカイブ
Instagram マシマタケシ
Face book マシマタケシ
atelier23への道順
真顔絵
其のそのもの
『ヨミの星』
己読のこよみ
ヒカリの光のキセキ
にほんのnihon
NAVELのヘソ
ko yo miのこよみ
ke ha hiの気配
YOMIの記録
TOTEMの全容