<   2010年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

f0179615_4541211.jpg










植物の根のように、どこまでもどこまでも

からみつき 重なり合い 隙間を埋めて

樹が枝葉を広げるように 陽を目指し

空間を埋めるように 満たすように

愛は隙間を見つけると 満たそうとする

隙間を埋め尽くした愛は

全部を愛にしてしまった。

あははははは。。



人気ブログランキングへのご協力、ありがとうございます。

おかげさまでちょっと想像しなかった展開になっています。

これも、いつもいらして下さる皆さんの「愛」だと

心より感謝いたしたおります。

どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。



今日もポチっと愛してね!
人気ブログランキングへ




   
f0179615_4353693.jpg











満月が輝く海中温泉に浸かって、いま戻りました。

波も風もなく、月明かりが水平線まで広がり、

真夜中なのに明るい、不思議な違和感が心地よい時間でした。

きのうは屋久島を旅行中の女性と

地元のふたりの女性が訪ねて来て下さいました。

初めてお会いするのに、何か懐かしい再会のような

リラックスした出会いでした。

これは予言では無く、実感ですが

「大覚醒時代」は女性がリードすると思います。

数字と論理好きな男は、はやく自分を振り返らないと

置いてけぼりを喰いそうです(!)

そして、急に思い立った「人気ブログランキング」にポチっと

して下さってありがとうございます。

おかげさまで、初登場で上位に入るという展開になっております!

それによって、初めて私の絵を見てくれた方がどれほどいるのか!!

という楽しい想像をしました。

人から人へ、出会いの連鎖は繋がりますね。

本日もポチっと! よろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ
f0179615_494178.jpg









庭に小鳥たちが来ています。

それぞれの個性の違いまでは分かりませんが、この小鳥たちの親やまた親、その親や先祖まで

この島に来ていたかもしれないという眼で、また小鳥をみつめたら。

この小さな身体に、とても大きな生命が詰まっているのが感じられました。

そしてこの先もずっと。。。。。

もちろんわたしたちにも。

世界は生命であふれていますね。




ブログランキングに参加して、より多くの方に私の絵を見ていただきたいと思いました。
下のバナーをポチっとしてくださると、来訪者が加算されるシクミになっているようです。
よろしければご協力下さいませ。

いつもいらして下さってありがとうございます。

人気ブログランキングへ
f0179615_4564418.jpg

















ご覧になっているパソコンのモニタによっては、絵が切れてしまう(モニタに収まらない)というご連絡をいただきました。
いろいろ設定を試しましたが、いま現在このレイアウトとカラーが、絵を見ていただくのにベストだという思いにいたりました。
本当に申し訳ありませんが、そのような方は是非、表示を『縮小』にしてご覧いただけたらうれしいです。
どのパソコンでもそういう機能はあるようです。
なにとぞよろしくお願いいたします。

いつもいらして下さってありがとうございます。

マシマタケシ
f0179615_4562638.jpg



Twitterをはじめましたここ

いっちゃんとハマってます。

よろしければフオローしてね◎
f0179615_4104680.jpg



絵を描く時は、何を描こうかとか、どういう構図にしようかとか

まるで考えずに、ただ椅子に座り。

おもむろにスケッチ帳にエンピツで線を引き始め

かたちを描き、それを別の薄紙になぞって描いて

ペン描きした元絵をスキャンして取り込み

感じるままに色を付けます。

どんな仕上がりになるかは毎日のお楽しみで

出来が良かろうが悪かろうが 毎日描くので

気にならず。

たまにいいのが出来るとうれしくて。

そんな気持ちで毎日を送れるのが

最高にしあわせだと思っております。
f0179615_4265633.jpg


支配と競争と戦争の文化を築きあげたのは思考に他ならないというのに、その同じ思考が秩序と平和を希求しているのである。しかしどうあがいても、思考は決して秩序と平和を見出すことはできないであろう。愛が姿を現すには、思考が沈黙しなければならない。

クリシュナムルティ



これは私の実感でもあります。

あまりにも詩的な言葉だったので引用させていただきました。

どんな内容でも、こうして美しい表現で言ったら、心に響くんですね〜

このところ毎日のように、自然の中に出かけて行ってひとときを過ごしています。

圧倒されて思考が沈黙するのを感じます。

太陽の光を、風を、波の音を、ただ感じている。

私の身体が溶けて無くなったような感覚になります。

そうすると、あぁここに わたしは いるんだ。

眼を閉じ、耳を閉じ、意識を確かめると

満ちている生命 が 現れています。

満ちている生命 は 愛と呼ばれています。

愛は静かだけど、どっしりとしていて、ゆるぎなく

この世界の全てに染み渡っています。


それは「空気を見る」みたいなもので

透明なものを感じるようなもので

五感で感じるものじゃないから

でも、息を吸えば 分かるもの 

私たちが生きているのは

空気があるから だからね。

感じる 感じる 。

それが 真実を見る眼です。
f0179615_4494096.jpg



壁紙のデザインをリニューアルしました。

急に変わると慣れませんが、しばらく馴染むまでよろしくお願いします。

この方が、絵がすこし大きく表示されます。

このexciteblogは、広告などが無くすっきりとしたデザインだけど、

いまいち何をどうすればいいのかが分かりません。

でも、他のexciteユーザーでとても多機能表示されている方が居て

画像ももっと大きく表示なさっていて、

いろんな可能性があることを発見しました。

これからちょくちょくマイナーチェンジを繰り返すかもしれません

しばらく試行錯誤して、わたしらしい表現が見つかるまで

どうぞおつきあい下さいませ。

いつも訪ねて来てくださってありがとうございます。

これからも「迫る絵」を描き続けて行きたいと思います。

よろしくお願いいたします♬
f0179615_54945.jpg




その時 理解が変わる。

わたしの人生が混迷を続けてきたのは

ただわたしが 私の人生が混迷を続けて来たと 思っているからだけで

わたしが数々の問題や不安を抱えているのは

ただわたしが 私が数々の問題や不安を抱えていると 思っているからだけ

ただ それだけだったと いう事だ。


ただそれが分かっただけなのに 視界は冴え、遥か遠くまで見える。

何も変わらないが 理解が変わった

私が無くなったら 全部が無くなって ひとつに見えた

何をしても 何をしなくても 何も変わらない

ただひとつ 意識が在った

たった それだけが 在った

たった それだけは 全てだった

ただ それだけが 分かっただけだった
f0179615_4121562.jpg



昨日は嵐の後の森を歩いた。

屋久島に来てから、いろんな山に行ったが、

私はやっと、こんな気持ちになっていた。


住んでいる島の山を歩く。


それまでは、どこか観光気分で居たのだと思った。

冬場というのにむせ返るほど湿気があり

どこもかしこも濡れている、生きている。

また今日も、森の生命力に圧倒された。

いろいろな事を感じたが

それは言葉にするのがもったいないようなもので

私はそのままその感じを「感じ」のまま持って帰る。

ぎゅうぎゅうに詰まった命の空気を吸って

身体の隅々まで緑が行き渡った。

ありがとうございました。