<   2010年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧



f0179615_557139.jpg




ぽめろんカードご注文はコチラ



今日は青空が広がって気持ちのいい朝です。

庭に出て深呼吸をしたら思いっきりリフレッシュしました。

庭の草が太陽の光を浴びてキラキラ輝いています。

みんな南向きに葉っぱを広げています。

ここにはこないだまでずっと小屋があって、それはたぶん20年以上そこにあったのですが

20年ぶりに太陽に当たった土にも沢山の草が生えて来ました。

この種はどこから来たんだろう?

鳥や風が運んでくれたのかも知れません。

ボクやいっちゃんがどこかに行った時に種をズポンの裾にくっつけて来たのかも知れません。

とても小さな「種の旅」をボクたちは知る事が出来ませんが、

ぽめろんはずっと見守っていて、その小さな種を育てていてくれています。

おどろくほどの種類の草が生えています。

それぞれにそれぞれのいろとかたちがあって、

この小さな庭で活き活きと生きています。

雑草がぼうぼうに生い茂ったこの庭は、

通りがかりの人から見たら「ほっといた庭」かも知れませんが

ボクたちからしたら「奇跡の庭」です(笑)

庭に住むカニや虫たち。

その一匹一匹にストーリーがあって、

みんなでここに生きているんだなぁ〜って思ったら

胸が熱くなりました。

いつもアコウの樹のてっぺんで可愛い声で鳴くイソヒヨドリ。

屋根の上を旋回して見張っている(笑)クマバチ。

「おはよう」って毎日声を掛けています。

向こうも「いつもの人だ」って思っているのかな?

そんな平和なぽめろんが今日も在ります。

沢の音を聞きながら、今日も太陽は昇って行きます。




ぽめろんろんろんろん♪
人気ブログランキングへ



今日もぷりぷりな一日を☆
[PR]


f0179615_4243860.jpg




ぽめろんカードご注文はコチラ



昨日は久々にいっちゃんが休みでした。

この時期はガイドの仕事が忙しく、ほとんど毎日の様に山にお客さんを連れていっています。

休みになるとボク達の楽しみは、車で1時間以上かかるカフェ「麿」にランチを食べに行くのが恒例になっています。

車で1時間というと「なんだ大した事無い」って思われるかもしれませんが、信号や渋滞の無い屋久島では、1時間以上離れた場所に行くのはちょっとした旅行気分です。

このカフェは屋久島産の野菜や魚を使った料理がメインで、主菜や副菜に至るまでとても手の込んだ愛情あふれる「ご飯」がいただけるお店です。

それはまさに「ぽめろん料理」で、ボク達は島の外から来る方には必ずお勧めしています。

皆さんんも屋久島にいらした際は是非「麿」に行ってみて下さい(水木休み)小瀬田。

車で1時間の道のりは、屋久島の他の集落を通る楽しい道です。

屋久島ではそれぞれの集落で微妙に雰囲気が違っていて、慣れて来るとその特徴がくっきりと感じられて来ます。

県道から見える山や海の景色も違っていて、空の雲や天候もまるで違います。

海の真ん中にぽっかりそびえ立った2000mの山々が作り出す自然環境は、他のどの島にも見られない独自性を持っています。

また、山の奥に深く入ると、下界の村々がまるで都会に思えて来るような原始の森が広がっています。

屋久島に移り住んで1年以上が経ち、ボク達もここの生活に慣れて来ました。

自分たちの生活圏で何をどうすれば楽しいのか?みたいなリズムも分かって来たところです。

そんな屋久島の環境を讃えながら車の中の会話は続いて行きます。

そして、ボク達が屋久島に来てぽめろんの存在が本当に理解出来た事。

ぽめろんの素晴らしさ。

そんな話を四六時中しているのです。

それまでは「生命」って生き物には感じていましたが、ぽめろんという言葉に出会ってからは、無機物や人工物、見えないもの、気配や雰囲気。

その他、全てのものの根底にある「生命力」を感じ出したのです。

この出会いはボク達のものの見方をまるで変えてしまいました。

全てOKになったのです。

全てOKってこんなに気持ちがいい事だったのか!!

同時に、自然に移り行くぽめろんの働きに委ね、運ばれ、出会い、見つめ。

それを見ているだけでとても幸せな心で居る事が出来ます。

たまに来る休みは、ボク達のぽめろんをチューニングしてくれるサイクルのような日です。

日が昇り、日が沈み、今日もぽめろんが満ち満ちています。

みなさんも ぽめろん な日曜日をお過ごしくださいぷりぷり。



ぷりぷり☆
人気ブログランキングへ


今日もぽめろんな休日を!
[PR]



f0179615_5553780.jpg




ぽめろんカードご注文はコチラ



昨日は「身体全身がハート」でという話をしました。

今日はそれを少し広げた感覚を話したいと思います。

屋久島の家の脇には沢があります。

岩の間を流れているので、落差がある為に滝のような音がしています。

大雨が降れば轟音がします、雨の少ない期間は穏やかに水が流れる音がしています。

屋久島に居る時はほとんど家から出ないので、ボクはいつもこの音を聞いていることになります

(当たり前ですが)この音は大きくなったり小さくなったりしますが、決して止む事の無い音です。

でもパソコンの操作に集中していたり、電話でおしゃべりしている時には、この音が聞こえていません。

だからボクは、この音が聞こえているという意識が「いまここ」に居るという感覚と同じだと思っています。

庭に出てひなたぼっこをしている時に気づいたんですが、この音はこの敷地にある家も草や樹も聞いているんだなと思いました。

「音」を聞くのには「耳」が必要ですが、この場合は「音」の振動(バイブス)を受けているという解釈です。

つまり、ここにいるものたちにとって、この沢の音は「一体」なんだと思いました。

それはいつも在る音だからです。


するとそれまで以上にここに居るものたちに共感が湧いて来ました。

ここで育つ樹も雑草も、古い家も車も、みんなこの音を感じながらここに居る。

すると、この音を聞いているこの近辺のものたちが、自分と一体のような感覚が広がってきました。

たぶん大昔から在ったであろう沢の流れ、その時々の沢山の生き物や出来事が、

そしてこれからも在り続けるであろう沢の流れが、全部「いま」に集まっているのを感じました。


太陽が、月が、星々が、回って巡る地球が、ずっと「ここ」からこの音を聞いているんだ。

ものの大きさや距離がまったく逆さまになってしまったような、

「ここ」が中心で全てが移り変わっていくような、

それでも沢は変わりなく流れ続けている。


その時に、ボクは自分のハートが拡大しているのに気づきました。

時間や距離の関与しない世界。

その次元に満ちる「ひとつ」のハートに自分が溶けているのを感じました。


家の脇の道を車が通った音で白日夢から戻りました。

それでも変わらず、沢の音は深く静かにボクを包んでいました。



ハートでクリック♡
人気ブログランキングへ


今日も♡♡♡な一日を♡♡
[PR]


f0179615_5414988.jpg




ぽめろんカードご注文はコチラ



よく「ハートで感じる」っていいますけど、
皆さんは「ハート」がどこにあるって思いますか?
胸ですか? 頭ですか? 女性の場合は子宮ですか?


これはボクの感性なので、正しいとか間違いだとかは無いのですが、、
自分の事を指す時に、よく私たちは自分の手のひらで自分の胸に当てます、
ボクは、そこを中心にして全身の細胞にハートが広がっているって感じています。
ちょうど今日の絵のようにね。


脳みそは感じた事を集計して分析する器官のようなものだと思っています。
コンピュータやインターネットの役割ですね、
全身から集められた「感覚の情報」が集められて「処理」して「全体」に配信するような役割です。
私たちのハートは細胞ひとつひとつに宿っていて、それぞれ個別の「こころ」を持っているように感じます。
お尻の皮膚にある細胞が感じているものと、舌の細胞が感じているものは別ですよね。
それを集めて「いま」を感じています。


ちょうど、この地球上の何十億人の全ての「こころ」を集めて感じているように、
全部同時に感じています!
それを「ひとつ」の身体で感じているのです。


この図式はそのまま「人と神」の図式ですね。
それぞれの細胞(人)が感じたことを身体全体(神)が感じている。
それが全て同時に起こっている。


そこには分けるものが無く、ぜんぶで「同じひとつのもの」だと分かります。
この図式はミクロの世界から大宇宙のマクロの世界まで一貫して表れていて
どこを切り取ってもその方程式は変わりません。


小さな私が感じた事は「宇宙の全て」が感じたことでもあるのです。

ちょっと話が異次元に飛んでしまいましたが(笑)


ハグすると気持ちいいですよね。
それは「言葉」で説明しようとしても難しいくらい。
なぜなら「あなた」という宇宙が「だれか」という宇宙と「ひとつ」になる行為だからです。


それを表現出来るのは言葉では無く、感情だけです。
ボクたちはみんな「ひとつ」になるのが好きなんです。
だって、それを思い出す為に産まれて来たんですからね。


へその緒を切られて「分かれた」あなたが、もう一度「ひとつ」に還る。
その働きをボクはぽめろんと呼んでいます。


生命の働き、すなわち ぽめろん。
ぽめろんを感じていれば「ひとつ」はすぐに見つかります。
脳みそというコンピュータは眠っていたプログラムを再起動させるからです。


それは元々あった機能で、新しくインストールする必要は無いのです。
生命力を発揮し出したあなたのハートに映る世界は
それまでと全く違う世界に映り始めます。


身体全体(ハート)で感じる。。

それが ぽめろん発動 のスイッチです。


**************************************:

ぽめぷり2のお世話をして下さるみなさんに連絡です。
会場探しの時に、二点のネックが判明しました。

1)書籍等の販売。

2)音楽演奏の可不可。

以上は、あまり重視なさらなくて結構で行きます。
特に公共機関での金銭のやり取りは禁止されているようです。
その場合は先に本やカードをお渡しして、後日振り込んでいただければと思っています。

音楽演奏も「可能」な場所のみでライブをお楽しみいただきます。

よろしくお願いします。

何か分からない点は遠慮なく連絡下さい。

東京ぷりぽめのめーやんから連絡です。

東京お世話係情報交換専用メルアド
pomeron.tokyo.osewa@gmail.com

会場の情報をお持ちの方はコチラまでご連絡お願いします。

***************************************:




f0179615_5431534.jpg







ハートで押してね♡
人気ブログランキングへ



今日もぷりぷり♡ぽめろんな一日を!!
[PR]


f0179615_5401297.jpg




ぽめろんカードご注文はコチラ



サンマーク出版のSさんから本の原稿が送られて来ました。

文章を呼んで「あれ?こんなの書いたっけ?」

たしかにボクが書いたんでしょうが(笑)過去記事を見る事が無いのですっかり忘れています。

沢山の中から抜粋して読みやすく編集してくれているとは言え、

自分が書いた(はず)の文章にいっちゃんと二人で感動しました(笑)

最近は(よく誤字脱字をするので、良く吟味する為に)前日に文章を書く事が多いのですが

少し前までは早朝に目覚めて直ぐに書いていました。

それはまったく思考の働いていない変性意識で書いたようなものまであり

文章なのに絵みたいな印象を残すものがありました。

Sさんはそんな感じのものを選りすぐって「本」にしようと画策してくれているようです。

Sさんはメールで

「今回は、いい本になることはもちろんのこと、
「すごい」本になるような予感がしています。
なぜかわかりませんが、そんな感じがします。
 
なので、本当にバチッとはまるような
最終形にまでもっていければと思っています。」

と伝えてくれました。

ボクも望むところです!!

めっちゃくちゃ「すごい本」にしたいですね!!

ボクは「絵」という、文化や国境を越えた「宇宙の言語」で世界中の沢山の人にぽめろんを感じてもらいたいと思ってます。

理屈や道理には説明出来ない「在る」を「感じて」もらえたら本望です。

本に載るかどうかは分かりませんが、ボクの「いま」の気分にピッタリの詩を紹介します。



あなたという映画

究極をいえば
たったひとりの「わたし」が
「あなた」という映画を観てるんだよ。

たったひとりの「わたし」は、
世界中の全員の映画も同時に観てる

宇宙が始まってから終わるまでの
「おおいなるいま」という瞬間の中で  

過去も現在も未来も、
同時に観てる。

どうだ、すごいだろう~♪
やばいだろ~♪




ヤバいです☆



コレ押してください!!ヤバいです☆
人気ブログランキングへ



今日もぷりぷりぷりっと☆
[PR]


f0179615_57411.jpg




ぽめろんカードご注文はコチラ



「ぷりぷりぽめろんツアー2」略して「ぷりぽめ2」の日程が決まりました。


8月16日(月)  東京

8月18日(水)  新潟

8月20日(金)  名古屋

8月21日 (土)  神戸

8月25日(水)  広島

8月27日(金)  宮崎

8月29日(日)  沖縄


*神戸と沖縄は日曜日なので午後からの開演、その他の場所は夕方~夜の開演です。



内容は絵をプロジェクターで投影してのトーク。
また可能な限り音楽ライブとのコラボを予定しています。
(無理はしません)

また、地元ミュージシャンの出演をお願いしています。
「ぽめろん」な音楽を奏でる方大募集です。
(詳しくはメールで)

各会場と時間は今のところ調整中です。
分かり次第随時アップして行きます。

参加受付はそれからになりますので、皆さん予定を空けておいてね~♪
まずメールでお申し込み受付。
返信メールで参加費お振込の案内をいたします。

各会では7月中旬出版予定の、ボクの初めての著書(サンマーク出版刊)と
ぽめろんカードを販売します。

また、全ての会の終了後「懇親会」を予定しております(要予約)



またまたまたまた!!

ぷりぽめ2の出航準備に入りました~♪

みなさんにお会い出来るのをほんつーに楽しみにしてま~~~す☆

ぽっぽ~♪



しゅぽぽぽぽ〜♪
人気ブログランキングへ



今日もしゅっぽ〜〜〜ぽめぽめな一日を!
[PR]


f0179615_4522375.jpg




ぽめろんカードご注文はコチラ



障子ではありません。しょうじきです(しつこい!)

正直を実践するのは勇気が要りました。

でも、それは間もなく「喜び」に変わって行ったのです。

ちょうど禁煙をしたら今まで感じなかった食べ物の微妙な味が分かり出して来るのに似ています。

強いタバコの味で麻痺していた味覚が戻り、食べ物の本来の旨味や自然な甘さが分かって来たようなものです。

まだタバコは吸いたいけど「美味いな~♪」という別の楽しみも同時にあります。

正直で居ると素直な自分で居る事の気持ち良さを感じて来ます。

そうすると不思議な事に周りの反応もどんどん変わって来るのが分かりました。

これは予想するより早くやってきました、果てしなく長い道に見えた「正直の道」が意外に短いのに気づいたのです。

少しずつ「正直」が表れ出した自分の見る世界が変わっていきました。

世の中にある「正直」が見え出したのです。

それは「不安や恐れ」を掛けたベールが一枚一枚剥がれていくように思えました。

自分が素直になって行くと同時に、世の中も素直に見えてくるのです。

毎日が楽しくなり、とても気が楽になって行きます。

怖がっていた自分を思い出せない位に、それがそのまま喜びに変わって行きました。

今だったら何故「火を見ていた」のが「正直」に繋がったのか?が分かります。

火は正直そのものだからです。

言い換えれば「自然」は「正直」そのものだからです。

それを一日中ぼぉ~っと見ていたボクは、頭の理解では無い「腹で受け取る」時間を過ごしていたようです。

これは他にも転用出来るでしょう。

樹を、鳥を、海を、空を、山を、ただぼぉ~っと見ている時、なんとも言えない「自然の生命」を感じている時。

私たちは思考では無い場所で「おおいなるもの」にふれているのです。

その情報量は頭では到底理解出来ないような膨大な量の「ささやき」です。

「ささやき」の声は日常にありふれているから気づきにくいのですが、一度掴んだらそれは「大音響」で鳴り響いているのが分かるのです。

これは何も自然豊かな場所に行かなくても感じる事が出来ます。

公園にある樹や花、道ばたに育つ雑草の中に「正直」を見つける事が出来ます。

あなたはそれをただぼぉ~っと見ている事で、頭では無いところで「正直な生命」を受け取る事が出来るんです。

そして、一番身近で誰にでもある「正直」は何でしょう?

答えはあなたの「身体」です。

よく「身体は正直だ」って言うでしょ(笑)

あなたの身体は「自然」の高度な表れなんです。

消化したり、呼吸したり、排泄したり、汗をかいたり眠くなったり。

そういう「自然」に行われている働きこそ「正直」の姿です。

「正直」は「生命」の別名です。

ボクはそれを「ぽめろん」と呼んでいます。

「すべてにぽめろんを見る」

これが「正直」への最短距離なんです。

常識や善悪の味付けをした「正直」では無く、自然の味の「生命の正直」を味わいたかったら、自分自身を見るのが一番です。

様々な感情に反応する身体、泣いたり怒ったり笑ったりする「あなたの身体」の変化を感じて見て下さい。

「自分は正直じゃない」

いえいえそれは間違いです(きっぱり)

あなたは初めから、正直の中に居るのです。

ただ、それに気づいて居ないだけなのです。

あなたはずっと「心」を見つめて「正直」を探そうとして来ました。

それは「見る場所」が違ったのです。

「心」では無く「生命」を観た時に、本当の「正直」は表れるのです。



どっひゃぁ〜〜〜〜☆
人気ブログランキングへ



今日もぽめぷりぽんな一日を!!
[PR]


f0179615_435468.jpg




ぽめろんカードご注文はコチラ




陶磁器ではありません。しょうじきです。

ボクはそれまで「正直な人」と言う場合「嘘偽りの無い人」という感じに思っていました。

つまり「正しく善い言動の人」という観念でした。

しかし、正直の本質を見つめた時に、もっと大きな意味が隠されているのに気づいたのです。

善悪の価値観では無いところの素の自分。

前に書きました「在りのまま」の自分、つまり、その人の本音が透けて見えると言う事が正直の姿だったのです。

「在りのまま」の自分で居るのにはどうしたらいいんでしょうか?

ボクがやろうと思ったのは「只今から在りのままに生きよう」という決意です。

過去にあったことは戻れません。

ボクが出来る事は「今」にしか無いのです。

未来の事はイメージする事も出来ますが、それは「今」どうすることも出来ません。

ボクが唯一出来るのは「たった今、自分が在りのままかどうか?」の連続だけなのです。

もちろん始めた頃はぎこちなさでいっぱいいっぱいでした。

それまでの慣れ親しんだ「流れ」を逆流するようなものなのです。

「自分がどう見られているか?」ばかり気にしていた心は、ボクの外面的なものにばかり注意をしていて

自分の心を常に見つめている行為に疲れ果ててしまいます。

ふと「これは正しいのか?」という疑問が首をもたげます。

しかしその度にこう言い聞かせました。

「正しいか間違っているかでは無く『正直』かどうか」

自分の本音が醜いものであろうが、怒りに駆られていようが、それを隠さないでおこう。

これには最初大きな恐怖が付きまといます。

「どう見られているのか」という習慣はそんな簡単に取れてはくれません。

それに、楽しい気持ちを出すのは楽ですが、ネガティブな感情を出すのはどうかと思いました。

周りの人も巻き込んでしまうからです。

しかし、それでもボクは「正直」で在ろうとしました。

これは容易い事ではありません、これを読んで「正直になる」と決心した方の全ては、大きい小さいはあると思いますが、ボクと同じ恐怖を体験する事になるからです。

でも、やってみる価値はあります。

というか、この恐怖を乗り越えた先には「自由」の姿が見え出すからです。

私たちは様々な人生の経験を経て、やっとそれにたどり着きます。

それは本当の自由。

何かが手にはいったら!とか、こうなったら!という条件の無い

自分がそのままでOK!という本当の自由なのです。


『この「正直の実践」は「禁煙」に似ていると思います。

「さぁ今からタバコをやめるぞ!」と決意します。

最初の数日はタバコの事が気になって仕方がありません。

「一本だけだったらいいのでは?」
「こんな辛いんなら吸っちゃえ!吸っちゃえ」

そんな声が頭の中をグルグルします。

それでも強い意志でタバコを口にしなかったら、いつしかタバコの事を忘れている自分に気づきます。

そしてそのうちにタバコの匂いを嗅いでも平気な自分になって行くのです。』


「自分がそのままでOK」

ここで見えた「そのまま」と以前の「そのまま」は言葉は同じですが全く違う「そのまま」です。

以前は「自我」のまま。

見えて来たのは「生命」のまま。

明日は「生命」で在る事が「正直」だという話をします。


しゅわっち☆~


*「ぷりぽめ会東京」のお世話係めーやんからお知らせです。
 お世話役の方はもちろん、会場その他の情報をお持ちの方はこちらにメール下さい。
 pomeron.tokyo.osewa@gmail.com

 よろしくです~☆


コチラもよろしくです〜☆
人気ブログランキングへ


今日もぽめろんぷりぷりな一日を☆
[PR]


f0179615_543621.jpg







ぽめろんカードご注文はコチラ




掃除機ではありません。しょうじきです。

いろんな方とお話していて、また自分自身を振り返って「正直である」という事がいかに大切なのかと思っています。

ボクが「正直」に踏み込む決心をしたのは、4年程前の或る出来事がきっかけでした。

出来事と言っても、それは「一日中火を見ていた」という事だったのですが、

朝から晩までたき火を前にして友人達と過ごす日があって、その日はただじっと火を見ていたのでした。

朝日が昇って太陽が真上に来て、西の空に沈み、代わりに月が昇って来て、その月が真上に来るまで火を見ていました。

その時間の中で「あ~、、、正直に生きよう。。」ってなんでか思ったのです。

なぜそう思ったのかは上手く説明が出来ません。

ただ、腹の底から「正直に生きよう」って思ったのです。

そう感じた自分を見たら、いかに自分が不正直かという事が分かりました。

他人にも自分にもウソを付き、プライドを握って離さない男が居ました。


「自分がどう見られているか」

「他人はどう思うか」

「本当の自分はバレていないだろうか」

「こんな風に思ってる事がバレたらどう思われるんだろう」

そんな事にビクビクしている男の姿がはっきりと見えたのです。


口先でもっともそうな事を言い、分かったようなフリをして、余裕を見せてふんぞり返っている男が居ました。

ところが内心は自分の矮小さを自覚し、それがいつバレるかを気にして辺りをキョロキョロ落ち着かない眼で見ていました。

それを直視した時の「焦り」はそれまでの人生で最大の焦りだったと思います。

何から手を付けたら良いのか分からない位に、ボクは偽りで自分を作り上げていたのです。

その時にふたりの男が頭の中で会話しているようでした。

「このまま来たんだからこのままで良いんじゃないの?」という男。

「いや、本当に生きたかったら今からでも遅くはないよ」という男。

ふたつの声はそれなりに正論なように思えました。

人生の半ばを過ぎて、そこそこの経験と実績があり、今もそれほど心配事の無い自分は、この延長でもそこそこの人生なんじゃ無いのか?


しかし、ボクは気づいてしまったのです。

「このまま」で生きるには完全に手遅れでした。

ボクは「正直」という言葉に隠された宇宙の秘密を覗いてしまったからです。

(この話は明日に続きます)

しゅわっち☆~




正直な気持ちで押してね☆
人気ブログランキングへ


今日もぷりぷりな日曜日を!!
[PR]


f0179615_349128.jpg
               



ぽめろんカードご注文はコチラ



ぷりぷりぽめろんツアー2(略して ぷりぽめ2)のお世話係に沢山の申し出をいただきました。

みなさん!!ほんつーにありがつー!!

本日までで「新潟、埼玉、東京、名古屋、大阪、神戸、広島、宮崎、沖縄」からの打診をいただきました。

これ以上増えると今回はちょっと無理っぽいので、ここで閉め切らせていただきます。

この開催地をこれから細かい調整に入らせていただきます。

期間は8月16日から8月いっぱいまでの2週間を予定しております。

また、少し具体的になって見えて来た事ですが、音楽ライブはミュージシャンの方のスケジュールを考えて、すべての会場で出来る感じにはならないかも知れません。

各開催地の日時と場所、時間等は、決まり次第このブログでお知らせします。

基本的に北から南〜一日おきに「ぷりぽめ2」は進んで行きます。

土日に当たれば比較的早い時間帯に、平日であれば夕方から夜の時間帯になります。

各会場の参加費は一律になります。

スタイルは、プロジェクターで作品を投影しながらのお話会です。

ミュージシャンがコラボの場合はライブもプラスされます。

それぞれの会場で出来る個性的な演出があるように思います。

当日は「処女作」と「ぽめろんカード」を受付で販売します。

いまのところイメージ出来るのはこれくらいかな。。。


今回は開催地が多いので、地元のお世話役の方々に準備の多くの部分を担っていただく事になるかも知れませんが、その辺りは何卒よろしくお願いいたします。

また、それぞれの兼ね合いもありますので、日時や場所等の調整は、このブログで公開ミーティングみたいにした方が上手に進みそうです。

お世話役の方々!!申し訳ありませんが、お時間のある時に「チェック」をよろしく!!

また、前回もそうですが、各開催地の皆さんが「つながっていく」感がありました。

それがとってもぽめろんな働きを感じまして、今回もそれを意識しています。

複数参加の方には「おっかけ割引(略して ぽめ割)」を考えています。

お楽しみにね!!


いや〜具体的になるのが早い!!すんばらしい!!

ありがとうございます!!

これから書籍の最終校正、ぷりぽめ2、地元平内海中温泉祭りの絵、カードの発送等。。

ちょっと「忙しそう」になりますが(笑)

ボクはいつも通り「たりらりらん」でゆったり絵を描く事を大切にして行きます。

皆さん!どうぞお付き合い下さいませ!!


コチラもお付き合い下さいませ!!
人気ブログランキングへ





f0179615_423376.jpg




ひゃっほ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!


今日もぷりぷりな一日をね!!!
[PR]