<   2011年 03月 ( 42 )   > この月の画像一覧

f0179615_6522428.jpg





昨日の夜は池袋に友達のダンスを観に行きました。

震災後初の遠出だったから、新宿や池袋の人ごみがとても新鮮で(笑)
そう言えば、以前はこういうの嫌だったよな~なんて思い出していました。

今は何か、すれ違う見知らぬ人々の顔がとても愛おしく、同じ時代の同じ東京で暮らす仲間。
そんな事を思いながら会場に向かいました。

友達が所属するダンスカンパニーの15周年の記念公演です。

友達と出会ったのは6~7年前の「踊りに行こうぜ」に彼女が出演していたきっかけでした。
その存在感に圧倒されたボクは「自分のアトリエでソロ公演」を持ちかけました。
初対面でその人は「私は踊りです」と自己紹介しました。
彼女はたぶんまだ20代前半でしたが、その言葉に嘘はありませんでした。

その人の、ソロじゃなく初めての集団での踊りを観ました。
こんな事を感じました。

「好き」と「本気」の違い。

踊りが好き!と言っているのではなくて「私は踊りです」という本気。
「好き」だったら言い訳やウソも自由ですが、本気にはそれが通用しません。

本気には、裏表も、嘘も、八百長もありません。
本気には、言い訳もごまかしもありません。
「本気」は、「正直」や「愛」に言い換えても同じ意味だと思います。

そして今、日本は「本気」に突入したんだと感じています。
被災地はもちろんですが、今のところ安全であると言われている土地に住む人々も
大きな不安や恐怖と共に生活しています。

見えない、読めないこの先に、何かしらの「次の局面」を感じながら
ほとんど余裕の無い生活が「はめられて」しまいました。

もう「本気」になる以外、道はないのです。

でもボクは、これはとても素晴らしい事だと思っています。

追いつめられて余裕が無くなった時、絶体絶命のその時。
本気になるんです。

明日生きているかは分かりませんが、今を生きる。
(でもこれはこれまでもずっとそうだったんですが)

今回の事を良く「戦後」の復興に例えられますが、それと違うのは、
あの時代の「経済的豊かさの追求」では無く、
これまでに築いたものを再確認する、
「精神と生命」の復帰です。

本気は「愛」や「正直」と同じ意味です。

個人の覚醒と言うと
どこか別の世界を少し覗いたみたいな雰囲気ですが

社会の覚醒は「本気で生きる」という意味です。
個人的な世界では無く、全ての世界の事を考えて、分かち合い、調和する「本気」です。

私たちはいま、本当の意味での「目覚め」の入り口に立っているのでは無いでしょうか。
自己満足の彼岸、「特別」の超越。
全体意識に融合した自我は、自我を超えて全的自在に溶け込みます。

極端に恐怖したり、誤摩化して安心したりせず、
起きている事を理解する知識と、もっと大きな視野に立つ智慧と。

私たちは今「成熟した精神」の入り口に立っているように思います。




f0179615_541247.jpg





街にある大きな木

まだ葉が茂る前のその大きな木を見上げて

これは「安らか」が具現したものだと思いました。

以前より、大きく、逞しく、活き活きと見え出したら

それは気のせいじゃ無く

自分の感性が豊かになったからだと思います。

大きな不安の中に居ると

今まで見えていなかった「生命」が見えて来ます。

都会でも、ビル街のいたるところに

大きな生命が息づいています。

それがとても嬉しいのです。




f0179615_610784.jpg





「は」とか「が」じゃなくて

「の」なんだよね。

それが分かるまで何年もかかっちゃった。。。


もんちゃん談。













f0179615_5305133.jpg





世明け前の 明るい兆しが なんとも言えなぁ〜い♬



by熊谷もんちゃん











f0179615_563089.jpg




昨日は自宅で震災後初めての集まりを企画しました。

初めは不安なおもむきでいらした方々が、お帰りになる時は安心した笑顔でした。

その余韻をいっちゃんと噛み締めながら、この会を定例にしようと考えました。

毎月二回、第二第四土曜日の午後から、サロン「atelier23」をオープンします。

atelier23というのは、以前からのボクの屋号ですが、静岡時代からこの名前に多くの人が集まって下さいました。

ここ府中でもそれを継承し、多くの方の分かち合いの場になればと思っています。

世の中は「伝える/teach」から「分かち合う/share」に移行したと思います。

誰か特別な力や情報を持った人が、そのメリットを提供するのが今までの社会であったとしたら

いまはそれを共有し、みんなの利益にして行くのが「本当に」始まりました。

逆に言えば、それが一番楽な生き方になった様に思います。

参加は無料です。
ただし、おひとり一品の持ち寄りです。

every one(ひとりひとりみんな、ひとつひとつすべて)

参加は先着順で誰でもOKです。

自宅は15名くらいが目一杯な感じですので、申しわけありませんがメールでの申し込みをお願いします。

参加申し込み maaru23☆joy.ocn.ne.jp(☆を半角@に変えて下さい)
こちらのメールアドレスでも良いのですが、利便を考えてmixiを再開しました。
atelier23

mixiにアカウントをお持ちの方はこのコミュニティへの参加をお待ちしています。
また、mixiは紹介者無しで開設出来ますので、この機会にコレ用にいかがですか?
携帯からも見られますので使いようによっては便利だと思います。

じぶんでつくる未来

そういうものを一緒に見つめて行きたいと思っております。



f0179615_618276.jpg







いろんな花があるように

人にもいろいろあるもんだ

どんな花でも花だから

どんな人でもいいもんだ

好みはいろいろあるけれど

ぜんぶ花には変わりない


自分たちに「差がある」という事を信じている限り

私たちはこのどうしようもない世界の一員だ


同じ人間なんだ

と、分かった時から

全く別の世界が始まる


どこに産まれようと

どんな背景があろうと

同じ花だと思えたら

同じ人間だと思えたら


この世界が真直ぐに見えて来る




f0179615_6335356.jpg






想像する

わたしのしあわせと

全体のしあわせがおなじになることを



想像する

わたしの歓びと

みんなの歓びがひとつになることを


表面から、もっともっと深いところまで



それはもう

主義なんて名前の要らない

全く新しい人間の生き方



矛盾の無い

奪うことの無い世界



想像します

わたしたちは

いまそこに向かっている



f0179615_6454957.jpg






慣れ親しんだ愛車から

葦舟に乗り換えた

葦舟は

風まかせ、潮まかせ

いったい、どこに向かうのかは分からないが

こんな旅もじきに慣れるさ。

慣れたら「葦舟」が愛船になるんだ。





f0179615_14332596.jpg






私の歓びは、遠く離れた人にも伝わります。

私の恐怖も、遠く離れた人にも伝わります。

私が恐怖に負けなければ、遠くの人も怖がらず。

私が安心の心で居れば、遠くの人も安らぎます。

私は全体の中の一人でしかないけど、

全体と同じです。

私が発した、言葉、行い、思いは、

全ての人に届きます。



f0179615_7134423.jpg




ドスコイ!ドスコイ!!




ハッケヨイ ノコッタ!