<   2012年 04月 ( 22 )   > この月の画像一覧





f0179615_7452978.jpg








「よわいちから 銀河」の制作も終盤を迎えました。

今年三回目の個展ですが、どの個展でも「母と子」の絵を描いています。

「よわいちから」の象徴となる「母と子の絵」(右上)は昨年の震災の直後、様々な思いが去来する中で「希望」を模索する中で降りて来たものです。

3.11以降とその前では「絵を描く意味」そのものが変わってしまいました。

この絵に込められた祈りをずっと描いて行くことが続いています。

これはボクの解釈ですが、「母」と「子」というこれらの姿に表れたメッセージは、「人と人」の関係の基本的なものです。

お腹の中に居る時にはひとつにつながっていた生命が、産道を通り外の世界に表れて来て、呼吸を始めてへその緒を切られて「他の人」になります。

「母」も「子」も、その記憶を持ち続けながら、もう「ひとつ」には戻れない「人生の旅」を進みながら、もう一度「ひとつ」になろうとします。

その繰り返しがこの世界の様々なドラマを産み出しているように思うのです。

「母と子」を「神と子」に置き換えるとその意味はさらに深まります。

かすかな、でもたしかにある「神」の記憶は、私たちに「そこに還る」事をささやき続けています。

そしてその「神」は、他でもない自分自身であるという真実を(心から見つける旅)でもあります。

ボクは「親」というものと「母」というものの違いも感じています。

「母」は決して「女性」に限らず、年齢に限らず、全ての私たちが持つ「母性」なのだと思います。

自分の中の「母性」を感じている事は、自分の「神性」に気づいている事でもありますね。

という訳で、ボクは「母と子」の絵を最高に母性が湧いている日に描く事にしています。

7月に大阪で開催する「よわいちから えな」では、「母と子」の絵を中心にお観せしていと思っています。

「えな」とは「子宮」の古語です。

そして「えな」は生命が生まれる元の元「銀河」でもあるんですね!









よわいちから銀河 福岡県うきは市 5/17~20


マシマタケシのホームページ
f0179615_1933396.jpg

フライヤー表(B5)
f0179615_19335273.jpg

フライヤー裏 (B5)



5/17から福岡県うきは市で開催いたします「よわいちから 銀河」のフライヤー(チラシ)が出来ました。

近隣にお住まいの方で宣伝して下さる方にまとめて送りたいと思います。

下記メールアドレス宛に「フライヤー送ってね」と明記の上、ご連絡下さいませ。

maaru23☆joy.ocn.ne.jp(☆を@に変えてくださいね〜)

あまり多いとご希望に添えないかも知れませんが、希望枚数もお書き下さいませ。

九州全域からも、全国津々浦々からも、ご参加を心よりお待ちしております!!

よろしくお願いいたします!!



f0179615_19404728.jpg

「母と子と銀河」









↓ここに詳細あります!
よわいちから銀河 福岡県うきは市 5/17~20


マシマタケシのホームページ





f0179615_8475862.jpg












よわいちから銀河 福岡県うきは市 5/17~20


マシマタケシのホームページ

f0179615_1565598.jpg







「よわいちから 銀河」の制作も峠を越えて予想していなかった景色が現れ出しました。

宇宙の銀河に呼応する「内なる銀河」の星々が見えて来ました。

しかしそれは懐かしく、眠っている誰かを呼び覚ます声でもあります。

これからさらなる「銀河鉄道の旅」に進んで参ります。

最後の最後まで余談を許さないような、朗らかに冴え渡る毎日です。







f0179615_19514944.jpg






よわいちから銀河 福岡県うきは市 5/17~20


マシマタケシのホームページ




f0179615_1417466.jpg













よわいちから銀河 福岡県うきは市 5/17~20


マシマタケシのホームページ




f0179615_1504267.jpg












よわいちから銀河 福岡県うきは市 5/17~20


マシマタケシのホームページ


f0179615_1138593.jpg









2012年は個展をいっぱいするぞ!
という希望を抱いておりますが、次々と先の予定が決まっています。

既にお伝えしたように、5/17~20は、福岡県うきは市での個展を控えていますが、
6月は沖縄県沖縄市(6/27~7/1の5日間)7月は大阪府貝塚市(7/24~29の6日間)が決まりました。

それぞれの題名は、沖縄が「よわいちから ヌチドゥカミ(生命は神)」(仮)
大阪が「よわいちから えな(子宮)」(仮)にしたいと思っています。

1月の東京国分寺のカフェスローで始まった「よわいちから」が「金星」〜「銀河」と続き、
次第に「身体とこころ」に照準を移して行きます。

各会場ではそのテーマに添った作品を創作し、全部いらしていただいても全く違う内容と雰囲気になります。
すでに「全クリ」目指して旅計画の調整に入られた方もいらっしゃいますが(笑)
全部じゃ無くてもいらしていただけそうな場所で観ていただけたら嬉しいです。

それぞれの会場はいわゆる「ギャラリー」では無く、カフェやサロンを使わせていただきます。
それは「リラックスしてゆっくり観ていただきたい」という想いからです。
会場の広さや条件は様々ですが、ただ絵を観るだけでは無く、ゆっくりお話ししたり出会いがあったりするような
「場」を考えています。

「なぜそんなにいっぱい個展をするの?」と聞かれる事がありますので、
この機会にお話をしたいと思います。

2011.3.11以降、ボクは「絵」を描くと言う行為が以前よりも照準が絞られて来ました。
一枚一枚の絵に「祈り」を込めて描く様になりました。

それは「これが最後の絵になるかも知れない」というものと、「この絵が『希望』になる事」の二つです。
ひとつ目はとてもリアルな感覚です。
文字通り「明日生きているか分からない」というのが今の現実です。
生きていても絵が描けるとは限りません。
ボクはいつも「死」を隣に置いて生きる様になりました。
しかしそれは苦しい事では無く、むしろ「生きる実感」を強めてくれるものです。

ふたつ目の「希望」は何の希望かと言えば、具体的に「こうなって欲しい」とかそういうものではありません。
絵を描き個展を方々で開催して、沢山の方にお会いして「生きる希望」を交換したいと思うのです。
それぞれがそのままでありのままで、それを確認し合う事が「希望」です。

何かの意図や意思に統一して行くような方向が「これまで」の世界だとしたら、
「これから」は一人一人が別々の心を持つことを讃え合う方向に進むと思うからです。
でもその「違い」は生命から観たらわずかなもので、それ以外が(99%)は全く同じ「人類」だという
認識こそが、ボクは「ワンネス」だと思っているのです。

ただそれは今までとは比べ物に成らない程の「知性」と「認識」が必要なのかも知れませんが、
ボクはそれに「希望」を持っていますし、それ以外無いと思うのです。

絵を描いて来たボクに出来る事は、ずっと絵を描き続ける事だし、
そこに「祈り」を込めて行く事でしかありません。

何処に居ても、何をしていても、全部同じ。 という気づき。

絶望が反転して「希望」に昇華して行く様な、悪魔が「天使」に変わってしまうような、
そんな事をボクは未来に観ています。

5月から「毎月個展」なんて無茶な流れに入ってしまいましたが(笑)
これもボクの希望通りですから、身体と向き合いながら心を込めて描いて行きたいと思っています。

個展の詳細は分かり次第このブログでお伝えして参ります。

どうぞよろしくお願いいたします。








よわいちから銀河 福岡県うきは市 5/17~20


マシマタケシのホームページ






f0179615_1733096.jpg













よわいちから銀河 福岡県うきは市 5/17~20


マシマタケシのホームページ
徳林寺での展示が始まりました。

お寺の清楚な空間に馴染んで、絵の表情も静かです。


f0179615_1133373.jpg



f0179615_1133664.jpg



f0179615_113373.jpg



f0179615_1133891.jpg



f0179615_11331467.jpg


17時迄展示してますので、お近くの方はぜひ。



f0179615_16331957.jpg









最近「点描画」を描いています。
とても「屋久島」を思い出しながら「つぶつぶ」を画面に埋めています。

空間に充満して張り裂けんばかりの生命力、
息抜きなどさせてくれなくて、
いつも話しかけていられるような圧迫感(笑)

ボクがのんびりホッと一息付くのはいつも島を離れて都会に居る時でした。

そういうものに極度に敏感になってしまったからだと思うのですが、
「自然豊か」を通り越して「原始時代」に居るかの様な島の暮らしは、
とても沢山の生命エネルギーを補充してくれたのだと思います。

今も家の近くの多摩川沿いを散歩している時も、タンポポやペンペン草の在りように、
「もの凄い」しかし「よわいちから」をビンビンに観ます。

今でも新宿の雑踏に居る時でもなぜか和みますので、その充電ぶりはハンパありません。

何処に居ても変わりなく、何処に居ても自然を感じられる様にしてくれた屋久島。
この「点描画」は屋久島さんへのオマージュ」と言えそうです。

「銀河」も宇宙の屋久島的存在なのでは無いかと思っています。
それを仰ぎ見る事で猛烈な「よわいちから」が身体に注ぎ込まれるのを感じます。
すると身体の中にある「銀河」が生気を取り戻し、あっちとこっちが不過視の送力線で繋がるのです。

星を観るのが気持ち良いのはそういう訳があるのだと思っています。







名古屋「徳林寺」で開催される「おんなのちから」での展示のため名古屋に戻ります。
あしたのブログはお休みだよぉ〜





よわいちから銀河 福岡県うきは市 5/17~20









マシマタケシのホームページ