<   2012年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧

f0179615_1915338.jpg



f0179615_19155262.jpg



f0179615_1916107.jpg



f0179615_19162895.jpg



f0179615_19164156.jpg



f0179615_19165171.jpg


やわらかい光のカフェです。
ベーグル美味しいよ!
[PR]




f0179615_719549.jpg




f0179615_7201093.jpg


個展「よわいちから いのり」長野県松本市「カフェ 歌」9/1~9








会期中はいつも居ます。
みなさんにお会い出来るのを心から楽しみにしています。










福井「ささした助産所」でミニ個展&「かおの絵」9/21/22/23

マシマタケシのホームページ
[PR]








f0179615_17535114.jpg

「よわいちから いのり」作品より









個展「よわいちから いのり」長野県松本市「カフェ 歌」9/1~9

福井「ささした助産所」でミニ個展&「かおの絵」9/21/22/23

マシマタケシのホームページ
[PR]







f0179615_17523768.jpg

「よわいちから いのり」作品より








個展「よわいちから いのり」長野県松本市「カフェ 歌」9/1~9

福井「ささした助産所」でミニ個展&「かおの絵」9/21/22/23

マシマタケシのホームページ
[PR]

f0179615_1751456.jpg

「よわいちから いのり」作品より













個展「よわいちから いのり」長野県松本市「カフェ 歌」9/1~9

福井「ささした助産所」でミニ個展&「かおの絵」9/21/22/23

マシマタケシのホームページ
[PR]




f0179615_8554881.jpg

「よわいちから いのり」作品より





個展の作品は出来るだけブログでお見せしていと思っています。
来られない方に少しでも楽しんでいただきたいです。

ただどうしても原画に比べたら見劣りしてしまいます。
ちょっと無理しても会場にいらしていただけたら嬉しいです。






個展「よわいちから いのり」長野県松本市「カフェ 歌」9/1~9

福井「ささした助産所」でミニ個展&「かおの絵」9/21/22/23

マシマタケシのホームページ
[PR]



f0179615_838738.jpg

「よわいちから いのり」作品より





「よわいちから」という言葉を授かった時からうすうす気づいていたけど、「よわいちから」こそ「つよい」のです。
影にあり、目立たず、背後から支えるちから。

光よりは闇に、善よりは悪に、生よりは死に、それはつよく働いています。
ボクらが反射的に選ぶのとは反対側にそれはあります。
だからいつも「見えない」のです。

だってボクらは「よわいちから」そのものなのだから。
自分の姿を自分で見る事は出来ないから。

「子どもの好奇心を持ち老人のように静か。」
そんな精神が世界に花開いて行く兆しを感じるのです。









個展「よわいちから いのり」長野県松本市「カフェ 歌」9/1~9

福井「ささした助産所」でミニ個展&「かおの絵」9/21/22/23

マシマタケシのホームページ
[PR]






f0179615_1315594.jpg

「よわいちから いのり」作品より











個展「よわいちから いのり」長野県松本市「カフェ 歌」9/1~9

福井「ささした助産所」でミニ個展&「かおの絵」9/21/22/23

マシマタケシのホームページ
[PR]



f0179615_9104527.jpg

「よわいちから いのり」作品より







「よわいちから いのり」の制作も終盤に入りました。
前に書きましたが、ボクは前回の「えな」でもう何か満足してしまって、中々モチベーションが上がらないままに制作に入りました。

「いのり」とは?。。着地点も見えない暗闇の中を手探りで進む様な毎日です。
いっちゃん曰く「おろおろしながら描いている」という事です。

この作業は自分の世界観の中の隅っこにあるような陽の当らない場所をほじくり出すような苦痛と違和感を感じながらの航海です。

でも自分としてはこの状態になれて本当に良かった、嬉しいと思っています。
慣れて達者になる事や、何か究極が分かって悟ってしまうよりも(実はそれこそが『闇の中』だと思うから)一歩一歩踏みしめながら歩いていると感じるからです。

そしてこれが「いのり」なのかも知れないと思います。
断定口調も先生口調も、自然にしなくなったと思います(これは今年の『個展荒行』の賜物だと思います)

なぜなら「分からない」「出来ない」というのが(自分も他者も)生きる燃料になっているのが良く見えるからです。

むしろ(その足りないと思う心こそが)生命力と言う「よわいちから」の灯火を遠くまで照らしているのを感じるのです。

同じ「よわいちから」に生かされている私たちは、個人個人違う様に見えて何も差がなく「補い合う生命」なのだと思います。

あと十日間の制作を経て「いのり」が始まります。
このおろおろした自分の姿を是非観に来ていただけたら嬉しいです。

そして、むしろ「着地点」などどこにも無く「ここ」がそうだったんだよ。というオチを楽しんでいただけたら嬉しいです。






個展「よわいちから いのり」長野県松本市「カフェ 歌」9/1~9

福井「ささした助産所」でミニ個展&「かおの絵」9/21/22/23

マシマタケシのホームページ
[PR]







f0179615_917817.jpg




今日(18日)から9月9日まで、名古屋の大須にあるモノコトで「あかねテキスタイル」という展示会が開催されます。

これは「布作家」の鯉江あかねさんの制作した「布」を使って8人の作り手がカタチに仕上げると言う試みです。

ボクはこの作品で参加させて頂きます。

ちょうど「いのり」の制作と個展会期に当たり、ボクはモノコトに観に行けないのですが、どうぞお近くの方は大須にお出かけ下さい。

f0179615_923990.jpg



ボクも来年はもっと大きな作品を描いたり、いままでやらなかった方法で作品を作って行きたいと思っておりますので、このコラボレーションは「呼び水」になりそうです。







個展「よわいちから いのり」長野県松本市「カフェ 歌」9/1~9

福井「ささした助産所」でミニ個展&「かおの絵」9/21/22/23

マシマタケシのホームページ
[PR]