<   2012年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

f0179615_23163178.jpg




福井から戻ってすぐに福島に行って来ました。
5ヶ月ほど前に福島に引っ越した友達が車で案内してくれて裏磐梯と田村市にお住まいの知人に会わせてくれました。
その友達ともずいぶん久しぶりの再会でしたが以前の印象が変わり、何かどっしりと腰が座った感がありました。

その出会いはどれも素晴らしく彼の名コーディネートぶりに感嘆しました。
今回お会いした方々とは深く長い付き合いになる予感があります。

ところでボクは今年に入ってからそういう「奇跡的な出会い」が続いております。
以前から知り合いの友人との再会や初めての出会いの数々がまるで奇跡のように「希望」を感じさせます。

身近な方には話していましたが、ボクは昨年の震災直後から無性に福島に「住みたい」という思いがあり、この一年半その想いの「信憑性」を確かめて来ました。
ただの思いつきや勢いではないか?他の計算が付随しての事ではないのか?

ですから充分に疑い及び腰になりながら、日に日にその気持ちが「本心」である事を感じて来ました。
それが今回の福島訪問で「確信」に変わりました。

今回の旅でボクは福島にとても深く愛されて歓迎されているのを感じました。
2013年中に福島に引っ越しをする予定です。
流れに任せて住む場所も時期も決まると思います。

その行動の意味をお話しするにはこういう文章では力不足です。
ただ実際にボクの思いを聞いてくれた方のほとんどは「聞いていてワクワクする」と言ってくれました。
「ましましらしい」と言ってくれた方もあります。

ボクはチェルノブイリからそういった事には人一倍関心を持って来ましたので、認識不足ではありません。
現状を無視したりお気楽に考えている訳ではありません。

ただ心底にある自分の魂が「福島に住んで絵を描来たい」と強く振動し続けています。
その絵を全国の、世界中の人に感じて欲しいという「欲」を持っています。

そうなんです、この行動の奥にあるのは自分の「絵描き」としての最高の欲なのかも知れません。
見捨てられそうな場所だからこそ、忌み嫌われそうな場所だからこそ、まったく新しいスガタが表れる予感があるのです。

そういう意味では今福島は、自分にとって最高の舞台になるイメージがあります。
ここで思い切り絵を描き、感じ、生きて行きたいと思います。

そして福島に移ったら是非遊びにいらして下さい。
想像と現実が違う(まさにボクがそうでした)を観に。
みんな力強く生きていて、愛し合って、育てています。

ボクには福島は「希望の土地」に思えます。









マシマタケシのホームページ
f0179615_10352083.jpg



f0179615_10352351.jpg

まるちゃん。


f0179615_10352855.jpg

すみれ(豆柴メス六歳)


f0179615_1035315.jpg



とっても楽しかった‼ありがとう。
来年また来ます。
f0179615_6475174.jpg

秋分の太陽


f0179615_6475668.jpg



f0179615_648587.jpg



f0179615_6481511.jpg



f0179615_64824100.jpg



f0179615_6483453.jpg



f0179615_6484624.jpg



f0179615_6484435.jpg

f0179615_2121180.jpg



f0179615_2121477.jpg

村国山


f0179615_2121916.jpg



f0179615_21211323.jpg



f0179615_21211753.jpg



f0179615_21211636.jpg

明日から23日まで‼

f0179615_16463781.jpg



f0179615_1646494.jpg



f0179615_16465132.jpg



f0179615_1646522.jpg



f0179615_16465624.jpg



f0179615_16465548.jpg



f0179615_1646585.jpg


待ってます‼
f0179615_1185888.jpg


f0179615_1111763.jpg


f0179615_1113092.jpg


注文していたカンバスが届きました。

裏の麻布がダブついている所を釘打ちして、ジェッソで下地を塗ります。

毎度描く前にするこの作業は、作品たちの産まれる前の神聖なセレモニーです。

ひとつひとつのカンバスを眺めながら「君にはどんな絵が現れるのかな?」と話しかけながら進めます。

ここから絵が始まっています。






福井「ささした助産所」でミニ個展&「かおの絵」9/21/22/23

マシマタケシのホームページ



f0179615_15291851.jpg

撮影 Utaのノリさん






松本から戻りました。

今回はおかげさまで全作品が完売いたしました。
それぞれの絵がそれぞれの方のスペースに飾られて輝いて行く事を心から感謝いたします。

松本では本当に沢山の方と出会い触れ合いました。
これからの自分の方向を印象づける出会いが満ちていました。

がむしゃらに突っ走って絵を描き個展を重ねて来た2012年ですが、自分の立ち位置を確認すると大地を足指でしっかりとつかみ、実感のある風景に在ります。

これからもこの気持ちを大きく持って「初心」で描いて行きたいと思います。
本当にありがとうございます。
そしてこれからもどうぞお見守り下さい。


来週(21日)から福井の「ささした助産所」でミニ個展が三日間開催されます。
ここ「ささした助産j所」はボクが「母と子」のメッセージを受け取った場所であり、
今年の流れを産み出してくれた大切な聖地です。

個展では毎回それぞれのテーマに合わせた「描き下ろし」を総入れ替えして来ましたが、
このミニ個展ではいままでの作品を全部ミクシングしてご覧いただきたいと思います。

新しく編集しなおして2012年の軌跡を楽しんでいただけたら幸いです。
「かおの絵」も常時お受けします。

ただ最近の思いとして「かおの絵」に掛けるエネルギーがハンパ無く(泣)
一日三枚(三人)に限らせていただこうと思っています。
三日間で最大9名(9枚)ですが、どうぞこの機会に「お点前」をお楽しみ下さい。

詳しくはコチラ↓
福井「ささした助産所」でミニ個展&「かおの絵」9/21/22/23


どうぞよろしくお願いします!
みなさんにお会い出来るのを楽しみにしています。







マシマタケシのホームページ
f0179615_011554.jpg



f0179615_015859.jpg


f0179615_02194.jpg



f0179615_023582.jpg



f0179615_025469.jpg



f0179615_031456.jpg



f0179615_04941.jpg



燃え尽きました。
ありがとう。
f0179615_9354387.jpg

カフェ歌のノリさん


f0179615_9352267.jpg



f0179615_9352337.jpg



f0179615_935245.jpg

「かおの絵」のお点前中のわたし。


「よわいちから いのり」の最終日です。

毎日沢山の出会いがありました。

作品はほとんどお嫁入り先が決まりました。

ありがとうございました。

今日も日本各地から訪ねてくれる連絡を頂いていて、とても嬉しいです。

夜は幸+福のライブがあります。

朝、お世話になった松本の街を歩いて瞼に焼き付けました。

たった一週間なのに、いつも珈琲を飲むお店の方が親しげに おはよう と声をかけてくれます。

ちょつとセンチメンタルな朝です。
f0179615_16245147.jpg



f0179615_16245467.jpg



f0179615_16245650.jpg



f0179615_16245781.jpg


「かおの絵」は、予約分で持って来たボードが終了致しました。
ご了承ください。

来年の七月に安曇野のシャロムヒュッテで個展をさせていただく事になりました。

日程が分かり次第お知らせしますので、行って見たいな~という方はこの機会にお泊りの予約をぜひ‼

今日は夜の七時からミナクマリさんのライブです。
ぜひおいでくださいね。



f0179615_16245831.jpg

蔵シック館て珈琲。