<   2012年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧





f0179615_8125979.jpg






「いのちをえがくワークショップ」も前回の和歌山から少しやり方を変えた所、
とても大きな変化を感じています。

二時間程度で三枚の絵を描くだけなんですが、イマジネーションが大きく広がり、
目に見えるものの枠が無くなり、感性がにょきにょきと育って行きました。
それを見ていてボクはアート(芸術)の可能性を改めて感じたのです。

絵は「上手い/下手」なんて見方じゃ無く、それこそ絵は「誰でも」描けるものです、
その方法を通して観る世界が「五感」を超えるのは容易いのかも知れません。

「こころ」を見つめてもとらえどころが無かった事が、自分が絵を描く事で客観的に見えて来る、
という事なのかもしれません。

これまでは個展を中心にしていたのでWSはあまりやっていませんでしたが、
これからは機会を増やして多くの方と共感して行きたいと思います。

特に女性の感性は素晴らしく、見ている世界が男性と全然違うんだな!と納得した次第です。

定期的な開催やどこかに出張してのWSも考えて行きたいです。
ミニ個展と合わせての開催もいいかも知れません。

ご興味のある方はお気軽にお問い合わせ下さい。

maaru23☆joy.ocn.ne.jp(☆を@に変えて下さい)

よろしくお願いいたします。



↓一番近い開催はこれです。
いのちをえがくWSのお知らせ 12/8 国分寺「殿ヶ谷戸庭園」


マシマタケシのホームページ





f0179615_14493761.jpg








今年の「個展」の全ての日程が終わり、府中の自宅に戻りました。
終わったら脱力しるかと思いきや、それほどでも無くむしろ満力してます。
よほどボクは「積み上げる」とか「残す」という事に無頓着なのだと自覚です。

毎年年末に次の年の動きに対する直感が降って来ますが、それもなり行きで。
ただ確かに、去年の今頃とは全く変化した自分の感性にまだ馴染まず。

もひとつ確かに感ずるのは、「答え」にはもはや興味が持てず「間」を面白がる自分を遠くから見ている様な心境です。

自分をコマのように弄ぶおれ。

2013年はそういう流れに入って行くのでしょう。
今夜は月食らしいのでベランダでお月見に興じますか。

なりゆきやさん!ありがとね〜
ふたりとも大好きに成りました!!




なりゆきやさんで久しぶりに会った舞踏家との会話。

「宗教やスピリチャルは『偶像崇拝』でしか無く、アーティストは神仏と交わる」

つまり神や仏と「やっちゃう」のであります。

「みんなアーティストなんだよね!」という言葉を噛み締める。







いのちをえがくWSのお知らせ 12/8 国分寺「殿ヶ谷戸庭園」


マシマタケシのホームページ
f0179615_1162348.jpg



f0179615_1162737.jpg



f0179615_1163122.jpg



f0179615_1162490.jpg





f0179615_1162811.jpg



いい時間を過ごさせてもらってます。
f0179615_1445553.jpg





f0179615_6483677.jpg





出来るだけ誠実に自分が経験した事から考え、話し、行動していたら、
世界はもうすこし手が届く所にあると思います。

誰かの受け売りや誰かの言葉を鵜呑みにしていたら、
世界は煙のようにとらえどころが無いように思います。

出来るだけ丁寧に心を込めて接していたら、分からない事はあるけれども、
理解出来ない事はずっと少なくなるように思います。

誰かの言動の奥にある意識を見たら、世界に起こる事の奥にある意思を感じたら、
私たちの日常はもっと平静になるように思います。

これを何時も忘れない様にしていたら、答えを求める気持ちは納まり、
「分からない事」をもっと楽しめると思います。

世界を自分の周辺に戻して、手探りで歩いて行こうと思います。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




今日から和歌山に行きます。
23日に始まるミニ個展の前入りです。

橋本市にある学文路(かむろ)に「なりゆき屋工房」さんがあります。
「かむろ」という響きも魅力的ですが、和歌山と言うか高野山~熊野~那智辺りは、
ボクが20代半ばに毎月のように参っていた場所です。

毎月過ぎていっぱいになってそれからほとんど行かなくなっていました。
約四半世紀ぶりにご縁が繋がりました。

なぜか今年はそういう「過去との再会」が「意味」を変えてたくさん訪れます。
これまでの軌道を確かめる様な反芻と吟味の一年になりそうです。

ただそれは「過去」を懐かしむというよりは「新たな始まり」の予感がします。
ボクも25歳の頃に比べたらずいぶん図々しくなったと自覚してます。

遠慮はしないし言いたい事を言い、やりたい事しかしなくなりました。
「紀伊(和歌山)」はとても個性的で強烈な場所で、そんなボクの我がままが
どんな風に化学反応を起こすのか?

屋久島に初めて行った時に「熊野に似ている」と思いました。
そういう「太古のよわいちから」が満ち満ちている所だと思います。

ふと目にしたニュースに「屋久島の縄文杉に穴(朽ちる)が」とありました。
世界を見守って来た長老も最後の「おたけび」を上げるのですね。



和歌山でミニ個展&お楽しみ企画 11/23.24/25

いのちをえがくWSのお知らせ 12/8 国分寺「殿ヶ谷戸庭園」


マシマタケシのホームページ




f0179615_16164246.jpg






‎3.11以降「自分で考えたく無い」「自分でやりたく無い」「自分で感じたく無い」という日本的気質が切羽詰まって追い込まれているように感じます。
これはこれで大変良い事。
大抵、人が大きく前進するきっかけは「楽」より「苦」なので、「苦」をいかにとらえるかか?がその人を作るのだと思います。
その人の思考は表情や仕草や佇まいに表れ、無言ではありますが「大きな声」として周囲に伝播します。
何を語るか?では無くどう在るのか?
それだけは隠しようがありませんね。






和歌山でミニ個展&お楽しみ企画 11/23.24/25

いのちをえがくWSのお知らせ 12/8 国分寺「殿ヶ谷戸庭園」


マシマタケシのホームページ



f0179615_8225744.jpg





「よわいちから いのちatカフェスロー」が終わりました。
そして2012年の「よわいちから展」もひとくぎりです。

2012年1月のカフェスローから始まって、名古屋、福岡、大阪、長野、そして振り出しに戻って又カフェスローです。
その間に沖縄、福井、自宅の府中でもミニ個展を開催させていただきました。

6回の個展に20~30点の作品を描いて来ましたので、合計150点位は描いたでしょうか。
我ながら「良く描いたな〜」と思っております。

当初は「産みの苦しみ」というか、一枚一枚の作品と向き合う事にかなりのエネルギーを使い体調も崩しましたが、
半ばを過ぎた辺りから気力体力が備わり、また力の使い方が分かって来たのか思い通りに描けるようになりました。

初めから決めていたのは「同じ(ような)絵は描かない」と「この一枚に全力で向かう」でした。
毎朝早朝から真っ白いカンバスを見て浮かんだ絵を描きました。
構想はずっとありましたが、その為に構図や下絵の準備はしませんでした。
毎日「いま」を描き写したと思っています。

振り返って見ればどんどん絵が変わって行き、そして少しだけ絵が上手になったかも知れません。
カンバスや筆や絵の具が自分の身体の一部のように使えるように(少しだけ)なりました。

ボクは以前から「生命力(よわいちから)」を描こうとして来ましたが、当初ぎこちなく荒削りだった表現は、
激しい(笑)繰り返しの中で「自然に」現れる様になったのではと思います。
沢山の作品を延々と描くと言ういわば「筋トレ」は、知らない間に身体の基礎体力や能力を上げてくれたようです。
気がついたら出来ていた。。みたいな事がありました。

そしてこの個展は「屋久島ぽめろん」からの(自分にとっての)ひとつの応えでもあります。
方程式が分かったら、それを実践して使ってみたいのです。
誰かに語るのでは無く自分の人生の中で表してみたいのです。
そういう事がこの一年の原動力でした。

いま個展が終わって少しほっとしていますが、少し休んだらまた2013年の準備が始まります。
2013年も「よわいちから」をテーマに描き重ねて行きます。

今のところ、4月に名古屋/福井 7月の長野2箇所 11月のカフェスロー 時期は未定ですが札幌が見えています。
沖縄でも個展をしたいと考えています。
製作期間が必要なのでポンポンは出来ませんが「ミニ個展」やWSも含め、いろんな場所に行きたいと思っています。

絵はどんどん進んで行き、変化して行き、深まって行きます。
同時にボク自身もどんどん進んで行きたいと思います。
それが「生命」の働きだと思います。

自分の作ったスタイルや世界観を壊しまた作り直す。
どこにも留まらず呼吸のように生きて行きたいと思っています。

23日から和歌山県橋本市の学文路の「なりゆき屋工房」でミニ個展を開催させていただきます。
お時間のある方はぜひいらして下さい。
ゆっくりとお話もしたいと思っています。







↓くわしくはコチラを!
和歌山でミニ個展&お楽しみ企画 11/23.24/25

いのちをえがくWSのお知らせ 12/8 国分寺「殿ヶ谷戸庭園」


マシマタケシのホームページ

「よわいちから いのちatカフェスロー」が終わりました。


いらして下さったみなさん、応援して下さったみなさん、本当に本当にありがとうございました。

これでテーマを付けた「個展」は終わりです。
23日からのミニ個展には今年全体の流れが見えるような作品を携えて行きたいと思います。


ぽ〜っとしてます。


しばらく新作のお披露目はありませんが、これから2013年の方向に向けた具体的な動きが始まります。

絵が無くてすこし寂しいかもしれませんが、ボクが感じた事や思った事などをポツポツとブログに書いて行きたいと思います。

今回の個展では多くの方から「福島に行くんですか?」と聞かれました。
みなさんのこの件に関する関心の高さを感じています。

それにまつわるいろいろな思いやこれまでの軌道をポコポコと書いて行きたいと思っております。

本当にありがとうございます。

いろいろな幸せを噛み締めています。








f0179615_20914100.jpg











和歌山でミニ個展&お楽しみ企画 11/23.24/25

いのちをえがくWSのお知らせ 12/8 国分寺「殿ヶ谷戸庭園」


マシマタケシのホームページ



f0179615_21152082.jpg


f0179615_21153454.jpg


f0179615_21154823.jpg


f0179615_2116936.jpg


f0179615_21162191.jpg




f0179615_21163568.jpg


明日いよいよ「よわいちから2012」の千秋楽です。
OPENは11:30~16:00になります。








よわいちから いのち at カフェスロー 2012.11/13~18

和歌山でミニ個展&お楽しみ企画 11/23.24/25

いのちをえがくWSのお知らせ 12/8 国分寺「殿ヶ谷戸庭園」


マシマタケシのホームページ
f0179615_1724936.jpg



f0179615_1724524.jpg



f0179615_1724714.jpg



f0179615_1724866.jpg

蔵仁 くらとくん ろっかげつ。


今日も沢山の方がいらして下さいました。
ありがとうございます!

f0179615_20101696.jpg


f0179615_20102921.jpg


f0179615_20114243.jpg


f0179615_20115689.jpg






よわいちから いのち at カフェスロー 2012.11/13~18

和歌山でミニ個展&お楽しみ企画 11/23.24/25

いのちをえがくWSのお知らせ 12/8 国分寺「殿ヶ谷戸庭園」


マシマタケシのホームページ