<   2013年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧




f0179615_15173462.jpg




f0179615_15174742.jpg




f0179615_15175984.jpg




f0179615_15181486.jpg




f0179615_15182854.jpg




f0179615_1711257.jpg






ミニ個展「Friends of Earth」3/15.16.17(西調布)


よわいちから 2013春 名古屋〜福井4/5.6.7名古屋 4/12.13.14福井


メモリアート


マシマタケシのホームページ


ぽめろん


f0179615_142727.jpg




f0179615_1423374.jpg




f0179615_1424755.jpg




f0179615_143017.jpg




f0179615_1431390.jpg



筆の毛並みが少し荒れて少し描きにくいな〜と思っているタイミングで新しい筆を買って来ます。
でも(必ず)と言っていいほど、新しい筆を筆立てに入れると、まだ少しは使えたであろうその筆が一気に衰えて天寿を全うします。
こういう時にボクは「ものも生きている」を知るのです。
沢山の絵を描いてくれた筆に感謝を込めて引き出しの「引退筆コーナー」にそっと置きます。
繊細さは無くなった筆だけどまた何かに使えるんだよね。
それまで少し待機してもらいます。
道具というのは本当にありがたい。
それが無かったらこの絵は描けなかったのですから。
絵は水と空気と太陽と絵の具と筆で出来ていて、それが絵の本当の正体です。





ミニ個展「Friends of Earth」3/15.16.17(西調布)


よわいちから 2013春 名古屋〜福井4/5.6.7名古屋 4/12.13.14福井


メモリアート


マシマタケシのホームページ


ぽめろん


f0179615_748465.jpg





よわいちから展 2013春 名古屋~福井

2013年も「よわいちから」をテーマにした作品を持って日本各地を旅します。
毎日産まれ沸き出る作品の新鮮な息吹をお楽しみ下さい。



4月 5(金)6(土)7(日) の三日間!
トライバルアーツ 2F.スタジオsora豆
名古屋市天白区 中平 1-501 TEL 052-848-3433
鶴舞線「原駅」から徒歩5分です。MAP
開場時間 11:00~21:00
cafeで美味しいご飯やお飲物もあります。
☆7日(日)の13:30~からボロンがギャラリーLIVEを奏でてくれます。
フラの共演も予定しております。
どうぞお楽しみに!



4月12(金)13(土)14(日)の三日間!
お産の家 ささした助産所
福井県越前市堀川町7-5 TEL0778(24)3841
武生駅東口から徒歩9分です。MAP
開場時間 10:00~18:00
☆12日(金)の14:00~15:00に「南ゆかり」さんのピアノと歌の演奏会があります。
どうぞお楽しみに!

名古屋/福井共に会期中マシマタケシは在廊いたします。
かおの絵をご希望の方はお声掛け下さい。予約は不要です。


桜の季節のはじまりは、名古屋「トライバルアーツ」と福井「ささした助産所」からです。
それぞれの会場に合わせて作品を選びました。
巡回展では無く、各会場で作品の入れ替えを予定しています。
どうぞこの機会にお出かけ下さいませ。

お会い出来るのを楽しみにしてますね!




ミニ個展「Friends of Earth」3/15.16.17(西調布)


メモリアート


マシマタケシのホームページ


ぽめろん



f0179615_15115968.jpg





f0179615_15121152.jpg





f0179615_15122350.jpg





もの作りしている人は誰でもそうだと思うのですが、長い制作の日々の中で浮き沈みやスランプみたいな事があります。

自分の場合はちょっとイイのが出来ると(逆にそれが壁になり)次に停滞期に入る傾向があります。

停滞期も直ぐに抜け出れる事もあれば、絶望的に続く事もあります。

表現は「心技体」が揃った時に発光するので、常に心がけてはいるものの、例えば天気の影響とかそういう受け身の条件には自然になびいてしまうものです。

それでも諦めずにコツコツとやり続けていさえすれば、そのうち以前のものを凌駕するようなプレゼントをいただけるように思います。

そういう紆余曲折を何度も経験しながら、本当のプレゼントはたまに起こるヒットでは無く「毎日コツコツと続けられる」という事なのだと気づくのです。

駄作を突きつけられても思う様に筆が進まなくても一歩一歩を前に進んで行く。

人生と同じですよね。
というよりも、これが人生ですね。





ミニ個展「Friends of Earth」3/15.16.17(西調布)


よわいちから 2013春 名古屋〜福井4/5.6.7名古屋 4/12.13.14福井


メモリアート


マシマタケシのホームページ


ぽめろん



f0179615_2216753.jpg





f0179615_22162284.jpg


無性にアボリジニチックな絵が描きたくなったのです。





ミニ個展「Friends of Earth」3/15.16.17(西調布)


メモリアート


マシマタケシのホームページ


ぽめろん



f0179615_10291981.jpg





f0179615_1029324.jpg





f0179615_10294324.jpg





f0179615_10295889.jpg









ミニ個展「Friends of Earth」3/15.16.17(西調布)


メモリアート


マシマタケシのホームページ


ぽめろん



f0179615_9362473.jpg





f0179615_936361.jpg





f0179615_9364993.jpg





昨夜は久しぶりにライブに出かけました。
最初あまり乗れなくて不機嫌にしら〜っと見ていたんですが、後半急に天使が舞い降りたかの様に場内がキラキラになり、やっぱり音楽はすげ〜と!
あの急変は何だったんだろう?

突然目に見えない歯車が合わさってゆっくりと全体を回し始めたような感覚。
あの時間はみんな音の絵の中に入っていました。

絵を描いていてもそういう事は頻繁にあるし、個展の会場でも度々起こります。
その時間は逆説的に言えば「何も出来ない」のです。
つまり「私がしている」が無くなる時間です。



ライブの感激冷めやらず遅くまで起きていました。
今日感じたのは、やっぱ毎回初心に還るだな。

ずっと続けているとそれに慣れてしまうと言うか、チャレンジを避けるような気持ちが意識しない所から忍び寄って来る。
まったくそんなツモリが無くても。

マンネリも悪い事ばかりじゃなくて、相手に取っては「安心出来る場所」という避難場所を用意することかも知れないけれど、創造というものはそんなものでは無いと思った。

裏切り続け発見させ続けること。
毎回新しい生命を見出し毎回成仏させる行為。

築き上げたその次に葬り去るような繰り返し。
それが「生命/ART」なんだと。

「現場」にはそれがいつもあるんだよね。





ミニ個展「Friends of Earth」3/15.16.17(西調布)


メモリアート


マシマタケシのホームページ


ぽめろん


f0179615_1048161.jpg





f0179615_10483057.jpg





f0179615_10484380.jpg





f0179615_10485644.jpg




音を観る


音楽と絵は「同じものを異なる角度で表現したもの」と言われています。
ライブに行く事は「絵の中に入る」だし、絵のある空間に居る事は「音に包まれる」事なのだと感じています。

こうして異なる表現に等しい質感を感じるのは、私たちの感性を豊かにしてくれます。

たとえば空は海であり、宇宙は深海だと言えます。
人間は動物であり、植物は反対の動物だとも言えます。

どちらかの側から観るという視座から少し離れて、沢山のものの中に同じものを探して行くのはとても楽しい行為です。

それがまさにARTだと思うのです。

固定観念や反射から自由になって、いままでの記憶をひっくり返すように真っ白になれば、この世界には無限の可能性が溢れているのを見つけるでしょう。

それが他でもない「わたし」の内側から湧いて来るのを発見したら、それが「自由」の入り口だと思います。




ミニ個展「Friends of Earth」3/15.16.17(西調布)


メモリアート


マシマタケシのホームページ


ぽめろん


f0179615_11225136.jpg


誕生日の記念に「かおの絵」を描かせていただきました。
とてもいい時間でした。
ありがとうございます。






最近日常生活で目を瞑って過ごすというのにハマってます。
目を瞑ると「スイッチオン」になって開けると「オフ」になります。
何か「オン」かというとテレパシーみたいなものかな。
これは瞑想みたいに動かないでするよりも、歩いたり歯磨きしたり、そういう身体を使っている方がイイみたいですね。
自分の身体の中の「生き物/野生」がどんどん目覚めてくるね。
誰にでも出来るし効果があると思います。
なぜこんな簡単な事に気づかなかったんだろう。
生命力がメキメキになってくる。





ミニ個展「Friends of Earth」3/15.16.17(西調布)


メモリアート


マシマタケシのホームページ


ぽめろん
f0179615_21295679.jpg



マシマタケシ個展「よわいちから Friends of Earth 
in minacha-yam 」

2013年3月15日(金)16日(土)17日(日)

開廊時間 12:00~18:00

日々呼吸をするように描き連ねた作品をご覧下さい。
作品は手に持ってご覧いただきます。
照明や自然光で変化する色をお楽しみ下さい。
今回は「Friends of Earth」という副題を付けて、異次元の扉を少し開ける様な磁場を作り上げたいと思っています。

期間中は常に居りますので「かおの絵」をご希望の方はお申し付け下さい。
*予約は要りません。

今回は友人の鈴木美奈子さんのご自宅スペースでのミニ個展です。
鈴木さんはストリングラフィという不思議な楽器の演奏者であり、アートに造詣の深い方です。
大変に楽しい三日間になると今からワクワクしています。
また、鈴木美奈子さんはオリジナリティ溢れる料理を作ります。
どうぞこの機会にご堪能下さい(要予約)
みなさんにお会い出来る事を楽しみにしております。




☆15日(金)18時~ オープニングパーティー(どしどしご参加下さい)
 参加費500円 持ち寄り大歓迎(おつまみ、飲み物など、少しですが用意いたします)

☆16日(土)18時~ =鈴木亜紀ぴあの弾き語りらいヴ= 
 (ライブは18時半~19時の間にスタート予定)

 minacha-yam家主が大好きなアーティスト
 鈴木亜紀ちゃんが歌ってくれます。
 マシマシの絵に囲まれて、亜紀ちゃんの音は歌は
 どこまでも深くどこまでも遠くに
 ひろがってゆくに違いありません。お楽しみに☆

 料金:1500円(おつまみドリンク付)
 定員:20名(要予約、下記の問い合わせ予約まで連絡を)
 




☆各日10名限定のminacha-yamランチプレート:850円(完全予約制)

 ※ランチの予約は下記のメール、または携帯へご連絡願います。

 予約の際はお名前、人数、お越しくださる日にち、をお知らせください。
 
ランチタイムは12時~15時までとさせていただきますので時間内にお越しください。
 
ランチプレートは植物性食材のみを使って作ります。



場所:minacha-yam(調布市富士見町4-2-35)MAP 
 ■電車:京王線西調布駅から徒歩12分
 ■バス:京王線調布駅北口から10分、小田急線狛江駅北口から30分 境91武蔵境駅南口行き 萩の原住宅前下車徒歩3分
 ■バス:中央線武蔵境駅南口から30分
  境91:狛江駅北口行き 萩の原住宅前下車徒歩3分

*住宅街にある普通の民家なので分かりにくいと思います。
MAPをプリントしてご持参いただくかスマホの地図機能を活用してね。

問い合わせ・予約:minacha-yam☆live.jp (☆を@に)09091055339  スズキ


※minacha-yamは住宅街にある一軒家です。

 近隣にお住まいの方の迷惑になるような行為はお控えください。


☆minacha-yam
 住宅街にある一軒家で日にち限定イベントを開催。
 家主は料理人&世界に一つしかない楽器ストリングラフィの演奏者でもあります。
 2012年はほぼお休みしていましたが、2013年3月より再開、
 3月からは料理教室をはじめます。
  
minacha-yam blog






メモリアート


マシマタケシのホームページ


ぽめろん