<   2014年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧



f0179615_1515774.jpg

「kohan」ILOAI to NEILO作品より





ILOAI to NEILO マシマタケシ個展 at Galeria Anonima may.2014


2014年 個展の予定



マシマタケシのホームページ

f0179615_1947433.jpg

「kotori」 ILOAI to NEILO作品より





ILOAI to NEILO マシマタケシ個展 at Galeria Anonima may.2014


2014年 個展の予定


マシマタケシのホームページ


f0179615_2075783.jpg

f0179615_15443317.jpg




ilotai to neilo マシマタケシ個展 at Galeria Anonima

イロアイトネイロ いろあいとねいろ

初夏の新緑 蒼い風 光る雲 遠くの鳥の声 水色の雨音
黄色い夕陽 薄紫の波 ピンクの肌 深呼吸
さまざまなイロとネイロをお楽しみ下さい。
期間中にも新作が加わる予定です。

2014年5月の毎週土曜/日曜のみ開催

5月 3/4/10/11/17/18/24/25/31
 

open 12:00~19:00
*5月3日の個展初日のみ15:00OPENです。

オープニングパーティ
5月3日(土) 第一部 16:00~ 第二部 18:00~

出演 山本由也 人形師 かわせみ座 
   Chie チェロ&ボイス
*入場無料(開演15分前までにご入場下さい)
当日は小さなカフェもあります。

会場 Galeria Anonima(ガレリア☆アノニマ)03-3393-1367
杉並区天沼3-31-30 ホワイトキャッスル荻窪101 
荻窪駅北口から徒歩5分 天沼八幡神社手前の石畳の道を左折

*
5月3日(土曜日)に始まる「ILOAI to NEILO」のオープニングイベントの参加申込について。

いつもありがとうございます。
現在着々と個展の作品の製作に勤しんでおります。
春の個展に相応しく、今回は新しい表現がどんどん生まれております。

さて、個展のオープニングイヴェントに関しまして、ガレリア☆アノニマと出演者と協議の結果、今回のオープニングは「参加申込」をいただくカタチにいたしました。

大勢の方の参加が見込まれる為、このように変更いたしました。
ギャラリーの空間がそれほど広く無く、マリオネットとチェロの演奏が余裕を持って出来る様に、またいらして下さる方々に窮屈な思いをさせたく無い為です。
突然の変更をどうぞお許し下さい。

それに伴い、内容を下記の様に変更いたします。

5月3日(土曜日)ILOAI to NEILO オープニング

マリオネット 山本由也 
チェロ&ボイス Chie

一部 16:00より
二部 18:00より
*それぞれ20名定員

一部の入場は15:00から、二部の入場は17:00からの「入れ替え制」です。
それぞれ公演は大体一時間程度になります。
*会場には公演開始10分前までいらして下さい。

申込方法

メールにて承ります。
1)氏名
2)携帯番号
3)一部orニ部のどちらか、

を明記の上 anonima@nifty.com までメールをお送り下さい。
お一人一口で、先着順にさせていただきます。
折り返し返信させていただきます。
*参加は無料です。

勝手ながら誠に申しわけありませんが、どうぞご理解いただけたら幸いです。
何卒よろしくお願いいたします。



2014年 個展の予定



マシマタケシのホームページ


f0179615_1544893.jpg


明後日20日(木)より、「mu」マシマタケシ展 at トライバルアーツの開幕です。

みなさまのお越しを心よりお待ちしております。

「mu」マシマタケシ個展 at トライバルアーツ 3/20~23

よろしくお願いいたします!






2014年 個展の予定



マシマタケシのホームページ


f0179615_8153263.jpg


明日でまる三年ですね。
この三年間は本当にいろんな事がありました。

ボクといっちゃんは当日浅草に居て、そこから9時間歩いて府中の自宅に帰ったのですが、それからTVの無い家でネットの情報を受け取る度に、これはついに起きてしまったんだ。。という、抱えきれないような気持ちに直面していました。

翌日の朝目を覚まして、「あぁ、もう昨日迄の世界には戻らないんだな」と思った事が今でもありありと思い出されます。
その日を境に変わってしまったという事が、本当にあるんだな。と。

自分に何が出来るか?何をするか?と考えましたが、情けないほどに「絵を描く」という事しかありませんでした。
その日(3/13)に描いた絵がこれでした。

この絵はPC上のデータですが、これを描き起こした絵が「すみれのお宿」にあって、沢山の人に観ていただいて来ました。
きのうそんな事を考えていて、言葉にならない大きな感謝が湧いて来ました。
今月末に久しぶりに再会しに行きますが、それも何か象徴的です。

「どう生きるのか」なんていくら語っても仕方がありません。
生きる事でしか生きられないのですから。
いまこうして生きて、見て、聞けて、味わえる事の素晴らしさに。
一日一日を大切にして行きたいです。
ありがとうございます。

「mu」マシマタケシ個展 at トライバルアーツ 3/20~23



2014年 個展の予定



マシマタケシのホームページ

f0179615_1141346.jpg




f0179615_11415369.jpg




f0179615_11421463.jpg




f0179615_11441654.jpg


こちらは以前都内某所で「かおの絵」を描かせていただいた時の写真です。
久しぶりに相対したので少々緊張しましたが、この素敵な「移動式茶室」の中での「かおの絵」は、素晴らしい時間でした。

移動式〜と言ってもこの茶室は、最高の素材で造られています。
小さな家が一軒建つくらいのコストが掛かっています。

しばらくお休みしていましたが、これを期に「かおの絵」をまた描きたいと思いました。

今後、それぞれの個展会場に道具を携えて行きますので、ご用命の方はお伝え下さい。
又、個展とは別に「かおの絵」だけの機会も作りたいと思います。

絵も少し変化する感じでいます。
どうぞよろしくお願いいたします。



「mu」マシマタケシ個展 at トライバルアーツ 3/20~23



2014年 個展の予定



マシマタケシのホームページ



f0179615_9484658.jpg






「mu」マシマタケシ個展 at トライバルアーツ 3/20~23



2014年 個展の予定



マシマタケシのホームページ
f0179615_10331510.jpg

nami 「mu」作品より
420x593mm


この絵を描いたボードは、とてもきれいな木目をしていたので、その木目に添って色を乗せて行きました。
すると海岸の上空から鷲が見た様な波が現れたのです。

これで「mu」の作品を全て描き終えました。
今回もいつもに増して、バリエーションがありますが、それは「mu」という響きを試行錯誤し、問い続けた結果の、オーケストラの楽器編成のようだと思っています。

トライバルアーツのギャラリーに入り、どんな音を奏でるのか?
とても楽しみです。

今回描いた作品に加え、名古屋では初展示になる「これまでの秀作」の携えて名古屋に向かいます。
制作は(いちおう)終わりましたので、これから会期まで、皆さんをお招きする準備をして行きたいと思っております。

どうぞお誘い合わせの上いらして下さい。
トライバルアーツはカフェや洋服&雑貨等、ずっと居ても飽きません。
春分をはさむ四日間、春の訪れを共に楽しみたいと思っています。
「mu」マシマタケシ個展 at トライバルアーツ 3/20~23



::::::::::::::::: ◯
今回の「mu」の制作が終わりました(たぶん)
いやはや、今回も「産みの苦しみ」を存分に味わいました。
途中で何度も「もう絵は描かない」といっちゃんに言ったことか。。

ボクは2012年の頭から今の様なハイパーペースで絵を描きまくっていますが、今年三年目にして、もうかなりの経験が蓄積されてしまっちゃったんですね〜
例えれば大きな画面にコツコツと点描をしていて、もう気がついたら画面いっぱいになってしまっちゃった!みたいな感じなのです。

2014年の「tobirae」からは、その画面自体を変える、という試みに入った感がありますが、未だその試みのまっただ中に居ます。
そういう必死こいている姿が昨今のボクです。

ボクは絵を販売しておりますので何枚か「いま描いている絵は売れないだろうな〜」とも思いながら描く訳です。
でも、これを描かないと次ぎに進まないのがすごく良く分かる。
一足飛びに進もうとすると、ぜんぶ台無しになってしまうからです。
でもそうやって描いている絵が真っ先に売れる事があり、毎回自分の観念とのせめぎ合いというか、、、

ボクは絵を、ある意味ですが「金星のリンゴ」だと思っています。
精魂込めた一点もののリンゴですから、それなりの値段はします。
もしくは、天竺に行って取って来た「龍の玉」です。
そういう気持ちでおります。

いや〜今回も終わりました(まだ始まっていませんが)
この時程「産んで良かった」と思う事はありません。




2014年 個展の予定



マシマタケシのホームページ



f0179615_10561186.jpg

サンダルフォンの花3 「mu」作品より
524x728mm




「mu」マシマタケシ個展 at トライバルアーツ 3/20~23



2014年 個展の予定



マシマタケシのホームページ


f0179615_1463537.jpg

サンダルフォンの花2 「mu」作品より
524x728mm


昨日はたくさんの「刺激的な人々」に会い「さて『考える』という事はどういう事か?」について思いを巡らせています。

ボクたちは毎日新しい情報やものの視座に触れます。
それを意識的にも無意識的に分類している訳です、つまりその仕事を「あなたの中に居る仕分け人」がしていると言うロジック。

だいたい皆ずっと同じ「仕分け人」なんじゃないでしょうか?
その人にちょっと「ハワイ旅行」をプレゼンとして、少し遊びに行ってもらいましょう。これまでご苦労様でした。

新たに「前の仕分け人とは全く逆の選別をする新任」を導入しましょう。
前の仕分け人が「これは良し、これは却下」にしていたのとは真逆の選択を次々と「平然に」していく姿を想像します。

それが『考える』という事なのではないでしょうか。

良く言われる「考えるな 感じろ」という名言も、ボクは「じっくり深く考えて、その先にあるもの」のような気がしています。
他の生き物と人類の相違点は、「それが出来るかどうか」という一点なのかも知れません。



「mu」マシマタケシ個展 at トライバルアーツ 3/20~23



2014年 個展の予定



マシマタケシのホームページ