<   2014年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧


f0179615_2245825.jpg

すみれのお宿で風呂に薪をくべる



旅の間は普段観ない様な夢ばかり観ました。
寝る場所が変わると言う事の効果なのでしょうか?
とにかく印象に焼き付けられた夢が多かったのです。

その中でも特に響いたのは「自分を真反対から観る」という夢です。
ボクだけじゃ無いと思いますが、大体毎日(自分にとって)良かれ、と思う事をしている訳です。
それは「正直」という尺度であったり「好き」という感覚であります。

その結果がどうあれ、自分が選んだ事をおおむね納得して生きているという実感を持っています。
しかしそれを「真直ぐに観る」という観点から、自分の事をいちいち批判的に語る「自分」が夢に現れたのです。
想像してもらえたらこのオソロシサを理解してもらえる方がいるでしょう。
一番怖いのは「我を捨てる」事だからです。

他人に批判されても気にならない事も、自分自身にだったら無視は出来ません。
道理も筋も通っているのです。
日頃のボクの天の邪鬼精神が遺憾なく発揮されています。

おれは最悪のダメダメな人間なのか!が良く分かったのです。
本当に救い様の無い下劣な自分勝手がそこに映っています。

夢の中で絶望に落ち、立つ事も出来なくなりました。
そこで眼が覚めました。

夜明直後の薄ぼんやりと白い外に鳥の声が聞こえて来ました。
打ちのめされた脳裏に、夢の続きの映像が浮かびました。

自分を批判した自分は、この宇宙の果てからそれを教えてくれたと思っていたんですが、気がついたら背中合わせですぐ後ろに居たのです。

その瞬間、一番遠い所と言うのが自分の背中側であると分かりました。
直線では無く、球面なのです。

自分を批判した自分は、普段は気がつかないけれど、いつも背中から観ている自分だと気がついたのです。

と、同時に、球面に乗る無数の人類の姿が浮かびます。
それぞれの位置の一番遠い位置から(すなわち背後から)その人と真反対のその人がいつもその人を観ています。

しかしそれは(よくよく考えてみれば)底なしの慈愛の眼差しであると気づきました。
この世界に生きていると言う事は、つまりそう言う事なんだなぁ〜と思ったのであります。

宇宙を一周して、ボクはもう「仕方ないや」と思いました。
今まで通り「正直」や「好き」で生きるしか出来なさそうです。
でも自分の後ろから「それはお前の自我なんだよ」と教えてくれる自分の姿を思いながら、やっぱり同じ様に生きて行こうと思ったのです。

すみれのお宿の朝のお話です。



さいほうめぐり 遊行



みっつとひとつ 長野 みっつの場所で同時個展



マシマタケシのホームページ










f0179615_16263123.jpg

国東半島 文殊仙寺にて。



あなたのこころはどこ?
見えるもの、聞こえるもの、触るもの、嗅ぐもの、味わうもの、感じるもの、そしてあなたのからだ。
その全てがあなたのこころで、夕陽を見れば太陽の果てに、虹を見れば雲の隙間に、海を思えば深海に、宇宙の果てに広がるこころ。
そのこころがずっとあなたを見つめている。
別府温泉地獄めぐりでカバに出合いました。
「カバ」と書かれた表示の側に近づいて覗き込むと、すぐそこに大きな口を開けた巨大なカバがこちらを仰いでいました。
たった1mほど下にある口の中をじっくりと見ていたら、いつの間にかボクはカバになってボクを仰ぎ見ていました。
カバと溶け合い、ボクはバカになってニンジンを食べていたのです。
その瞬間「目的完了」と声が聞こえました。
「さいほうめぐり」の日程の半ばですが、ボクは家に戻ろうと思いました。
数々の物語を過ごしました。
多くの事は語らずにそっと胸に秘めようと思います。
ボクは東京に戻りましたが、展示会はそのままつづきます。
出合ってくれたみなさんありがとう。
最高です!





さいほうめぐり 遊行



みっつとひとつ 長野 みっつの場所で同時個展



マシマタケシのホームページ











f0179615_6113329.jpg


「みっつ と ひとつ」マシマタケシ個展 at NAGANO

長野に行く度に「あ~空がなんてきれいなんだろう」と思います。
深い青、輝く雲、透き通る空気。
遠くに見える山々が、空の大きさをより広くしてくれています。
大好きな場所。大切な友達たちが住むところ。

今年の夏は、同期に三カ所で展示会を開催いたします。
安曇野のシャロム
松本のカフェUta
松本の栞日

ぜんぶボクのお勧めの場所です。
どうぞ三店を巡りながら、夏の長野をご堪能下さい。


オーガニックレストラン&カフェ シャロム
http://peaceshalom.blog.fc2.com/
安曇野市穂高有明7958
tel & fax 0263-83-6245

7/21~28(23と24は定休日)
OPEN 11:00~16:00
*作者在は21と22と28になります。

大判の作品を展示いたします。
*宿泊希望の方は「シャロムヒュッテ」までご連絡下さい。電話 & FAX : 0263-83-3838



ナチュラルベーグル 歌
http://www14.ocn.ne.jp/~bageluta/index2.html
松本市深志3-8-17
tel 0263-35-8876

7/23~29(27定休日)
OPEN 11:00~18:00
*作者在は23と29(栞日と行ったり来たり)

中~小作品を展示いたします。



栞日
http://sioribi.jp/
長野県松本市深志3-7-5
tel 0263-87-5377
7/23~29(定休なし)
OPEN 8:00~17:00
*作者在は23と29(カフェ歌と行ったり来たり)

tobirae作品を展示いたします。


以上 みっつ の会場で開催いたします。
ひとつ どうかよろしくお願いいたします!

*DMは作りませんので、どうぞお友達にお伝え下さい。
FBやmixi等でのシェアをよろしくお願いいたします。


さいほうめぐり 遊行



マシマタケシのホームページ