<   2015年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

f0179615_18341131.jpg


今年も桜の頃、名古屋のトライバルアーツで個展を開催いたします。
今回は新シリーズの「ke ha hi」のお披露目と、TOTEMから選んだ作品をご覧いただきたいと思います。
4月までまだまだ時間はありますので、新しい作品も加わると思います。
どうぞお誘い合わせの上、お出かけ下さいませ。

日程 2015年 4月10・11・12の金土日の三日間
時間 11:00~21:00
場所 名古屋トライバルアーツ スタジオsora豆(2F)
地下鉄「鶴舞線」原駅より徒歩5分
*期間中、マシマタケシは在廊します。

また、「かおの絵のお点前」もいたします。
予約は要りませんので、ご希望の方はお申し出下さい(12000円)

絵を観た後(観る前)はどうぞ、カフェでオーガニックなFoodやDrinkをお楽しみ下さい。
衣服や雑貨も所狭しと並ぶ素敵なお店です。
Pもありますので、どうぞお車でいらして下さい。

トライバルアーツ
名古屋市天白区 中平 1-501 TEL 052-848-3433 営業時間11:00-21:00






3月のWSとかおの絵のお知らせ

YOMIの記録

TOTEMの全容

壬生マシマタケシ美術館

マシマタケシのホームページ

絵を描く事

f0179615_10522352.jpg

「ke ha hi」シリーズ
竜ノ目 728x1030mm









3月のWSとかおの絵のお知らせ

YOMIの記録

TOTEMの全容

壬生マシマタケシ美術館

マシマタケシのホームページ

絵を描く事
f0179615_14251026.jpg

"ke ha hi"シリーズ
「minamo」728x1030mm


深い森の深い湖







3月のWSとかおの絵のお知らせ

YOMIの記録

TOTEMの全容

壬生マシマタケシ美術館

マシマタケシのホームページ

絵を描く事
f0179615_8353419.jpg

「ke ha hi」シリーズ
amana 728x1030mm



新しい流れ。
「気配」を漂わせた「ke ha hi」シリーズの制作を始めました。

写真にはなかなか写らない「ケ ハ ヒ」ですので、どうぞ原画を観にいらして下さい。

4月に展示会の機会を作りたいと思います。






3月のWSとかおの絵のお知らせ

YOMIの記録

TOTEMの全容

壬生マシマタケシ美術館

マシマタケシのホームページ

絵を描く事

f0179615_822294.jpg



イマジン



想像してみよう ここが天国だと

いつか天国になるんじゃなく ずっと天国だったという事を

想像してみよう ここが自由だと

いつか自由になるんじゃなく ずっと自由だったという事を



愛しあい 助けあい 抱きしめあい 共に生きる事を

殺しあい 奪いあい 傷つけあい 共に生きる事を

なにをするもの自由だし 想像した事を創造出来る天国だったと

進むのも留まるのも自由で するのもしないのも赦された天国だと



想像してみよう あなたやわたしが神だと

いつか神になるんじゃなく ずっと神だったと

愛しあい 殺しあう神

助けあい 奪いあう神

抱きしめあい 傷つけあう神

共に生きる神



あなたはわたしを夢想家と呼ぶだろう

でも わたしはそう想うのです

たくさんの たくさんの想いを乗せて

この地球は いまも廻っている



この唄を様々なことばに訳して

新しい神話を創ろう

全てを認め合う世界を創って

この世界で愛し合おう



わたしたちは見つけるだろう

ずっと ひとつ だった事を



想像してみよう 何をしても 何もしなくても良いのだと

この世界を大切に愛そう







3月のWSとかおの絵のお知らせ

YOMIの記録

TOTEMの全容

壬生マシマタケシ美術館

マシマタケシのホームページ

絵を描く事
f0179615_7172988.jpg


f0179615_7184891.jpg


f0179615_7181639.jpg


f0179615_7183394.jpg


これまで「生命を描くワークショップ」と「背中で観て描くワークショップ」として二つの方法を展開して来ました。
「生命~」の方はペアで対面して見つめ合い、相手を良く観察していわゆる「似顔絵」を描くものです。
「背中~」の方はペアが座り背中を合わせ、背中で感じる相手のイメージを自由に描くものです。
この二つの特性をひとつに合わせ、観察力と想像力の両方をボリュームアップする体験型WSとして、   「前と後ろで見て描くワークショップ」と名称を変更しました。
二つを合わせる事で全身の感覚が研ぎすまされるのを感じていただけると思います。

*WSはスケッチ帳と色エンピツ等があればお持ち下さい。
こちらでも用意しますので、当日急の参加でも大丈夫です。




f0179615_7195913.jpg


f0179615_7202065.jpg

かおの絵




3月の「かおの絵」とワークショップのご案内です。

3月7日(土曜日)
場所 壬生「マシマタケシ美術館」
「前と後ろで観て描くワークショップ」 13:00~15:00
参加費 ¥2500
*こちらは申込は要りません。直接10分前までにいらして下さい。

15:30~「かおの絵」お点前 料金 ¥12000
*ご希望の方はマシマタケシまでご連絡下さい。
maaru23☆joy.ocn.ne.jp (☆を@に変えて下さい)


3月8日(日曜日)
場所 白河ハナリン邸 
「前と後ろで観て描くワークショップ」 13:00~15:00
参加費 ¥2500
*当日参加可ですが、なるべくお申し込みをお願いします。
下記ハナリンblogに詳しいお知らせがあります。

「かおの絵」お点前 料金 ¥12000
1/ 10:00~ 2/ 11:00~ 3/ 15:00~ 4/ 16:00~ 5/ 17:00~(5枠)
*こちらもお申し込みをお願いします。
申込は下記ハナリンblogに詳しいお知らせがあります。


「マシマタケシのお話会」19:00~21:00
参加費 ¥2000(夕食付き・持ち込み歓迎)
定員 10名
*こちらもお申し込みをお願いします。
申込は下記ハナリンblogに詳しいお知らせがあります。

3/8日の会の詳細はコチラをご覧下さい。
ハナリンのみちのくロハスライフ


春の花がちらほら咲き出す頃でしょうね。
みなさんにお会いするのを楽しみにしております。




YOMIの記録

TOTEMの全容

壬生マシマタケシ美術館

マシマタケシのホームページ

絵を描く事
マシマタケシ新作展示会 アグレアブル・ミュゼ

立春を過ぎ、春と言うのは名ばかりで一年で一番寒い時期になりました。
しかし寒さが極まるこの時期は、温かい陽の光のありがたみが身にしみます。
梅が咲き、行きつ戻りつ春がゆっくりと歩いて来ます。
春は先に人の心から始まるように思います。

2015年に入り、新しく描き上げた作品をご覧いただきます。
YOMI
観音/ケオン
SINKAI
楽園
の四作です。
それに前回のカフェスローの個展「TOTEM」から五作を加え、九作品を展示させていただきました。

特に「SINKAI」と「楽園」は今までの私の傾向から一歩出た表現になっています。
絵と言うのは何かカタチを描いて「絵」という事が多いのですが、この二作はカタチでは無く
気配を描く事を目指しました。

それぞれの作品の前でお時間がゆるすまでお過ごし下さいませ。

ありがとうございます。

マシマタケシ


f0179615_519278.jpg

7日(土)生命を描くワークショップ


f0179615_5195233.jpg

8日(日) 背中で観て描くワークショップ





f0179615_5211788.jpg

「YOMI」728x1030mm 販売済み

神からして観たら”この世”は黄泉の国なのです

私たちは神の世界(霊界)を黄泉の国だと思って来た。
ところが神から観れば、この世界が「黄泉の国」だというのだ。
その時私の概念は反転を起こし、この絵が生まれた。

あなたから観れば、私が”あなた”なのです。

宇宙から観れば、あなたが”宇宙”なのです。

神から観れば、あなたが”神”なのです。




f0179615_521402.jpg

「観音/ケオン」 728x1030mm 販売済み

ある日私はバリのシャーマンをなさっている方から不思議な石を賜りました。
それは「ケオン」という名で「観音の石」と呼ばれるものです。
バリのある島の海中に住むサンゴの中に形成される副産物です。
満月の晩、島の子ども達の中から数名が選ばれ、この石を探しに行くそうです。
子どもにしか見つける事が出来ないケオンは、バリでいにしえから珍重されて来たのだそうです。

ケオンを握りしめながら、私は絵を描きました。
気が遠くなる様な時と、記憶と、慈愛に導かれて。




f0179615_5223341.jpg

「SINKAI」 728x1030mm  販売済み

深海に潜る。
美しい海岸(ビーチ)の光溢れる景色がだんだんと遠のく。
締め付けられる水圧と、冷たい海水と、光の届かない闇の中を。
ただ潜る潜る。

心の深海に潜る。
誰も見た事が無い、でも「知っている」何かを探しに。
それは隠された神界。

振り返って空を見る。
青い青い地球が見える。




f0179615_5242168.jpg

「楽園」 728x1030mm 販売済み

潜っても潜ってもも何も見つからない。
息が切れ、意識が遠のき、全身から力が抜けて行く。
何度もあきらめようとする。
でも「もう少し行こう」と誰かの声がする。

力を振り絞ってもう一度潜る。
いよいよ引き戻そうと思ったその時

楽園が見えた。





TOTEMの全容

壬生マシマタケシ美術館

マシマタケシのホームページ

絵を描く事
f0179615_2243317.jpg


f0179615_2245388.jpg


f0179615_225996.jpg


アグレアブル・ミュゼでの新作展示会が始まりました。
今日は雪の降る中、沢山の方にいらしていただき心から感謝いたします。
前回のカフェスローで展示したTOTEMも、この隠れ家的空間に入ると表情が変わり、作者本人もとても新鮮な気持ちで向かい合いました。
8日(日)まで開催しております。
新作展示会

毎回展示する前は期待と不安が入り交じり、しばらく落ち着きません。
でも新作の四枚もとても好評をいただき、ほっと胸を撫で下ろしております。

昼と夜では光の加減もあり、まったく表情が変わります。
お時間に余裕のあるかたは「昼も夜も」いらしていただけると二倍四倍楽しめます。
どうぞよろしく!お願いいたします。

TOTEMの全容

壬生マシマタケシ美術館

マシマタケシのホームページ

絵を描く事
f0179615_1452473.jpg


f0179615_1453692.jpg

楽園 728x1030mm

急き立てられるようにもう一枚絵を描きました。
2/5~2/8のアグレアブル・ミュゼでご覧下さい。
新作展示会


楽園はどこに?
楽園はここに。




TOTEMの全容

壬生マシマタケシ美術館

マシマタケシのホームページ

絵を描く事