<   2015年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧


f0179615_9372996.jpg

728x1030mm












お蔵出し展

アトリエ内覧のお知らせ

NAVELのヘソ

ko yo miのこよみ

ke ha hiの気配

YOMIの記録

TOTEMの全容
[PR]
f0179615_15105612.jpg

立体作品
牡鹿頭骨 ドリームキャッチャー ケオン サンゴ 水晶 




お蔵出し展

アトリエ内覧のお知らせ

NAVELのヘソ

ko yo miのこよみ

ke ha hiの気配

YOMIの記録

TOTEMの全容
[PR]
f0179615_8431753.jpg


先日、過去四年間に描いた絵が梱包から解き放たれ、今の空気に触れた。
確かに自分が描いた絵なのだけど、たぶん今の自分には描けないと思った。
東京に越してすぐに震災と原発事故があり、二年間暮らした屋久島から急に東京に越して来た意味は「これだ」と思った。
それからの四年であります。
確かに自分が描いた絵たちは、ひとつひとつ心底ポジティブな光を今も発し続けていた。
現実(と見えるような景色)を、その地平線では無く、地中深く、深海から、持ち上げるようなちからを持っていて「よわいちから」を放っている。
屋久島でぽめろんに告げられたのは「もうすぐ世界はYAKUSHIMAになります」だった。
ニュースに載る様な目に見える、耳に聞こえる情報では無い、私たちの生命の源の声から、それは本当にそうなって来たと思っている。
「古代の生命力」が全てに黄泉還って(ヨミガエッテ)いるのだ。
無我夢中で描いた四年の片鱗を見ながら、ボクは何とも言えない気持ちになりました。
そう、これはきっとずっとコトバには成らない。
絵は描くものでは無く、渡すものです。
これはボクの最も大切にしている礎です。
どうぞ必要な方に渡ります様に。
生命力があなたを見つけます様に。


マシマタケシお蔵出し展

2011.3.11から「よわいちから」をテーマに憑かれたように描き重ねた作品は、その一部を自宅に保管してあります。
この展示会では四年間の作風の変化を辿り振り返ります。ミニ回顧展の趣きです。
現在美術館に常設してある作品に「お蔵出し」の作品が加わります。

作品は当時の表示価格を下げ、お求め易い価格に設定し直しました。
どうぞこの機会にマシマタケシ美術館にお越し下さい。
小さいサイズの絵も多数あります。

作品はご希望であれば即日お持ち帰りいただけます(後日郵送も可能)


日時 9月20日日)~23日(水)連休
時間 13:00~19:00
場所 壬生ログハウス「マシマタケシ美術館」
   住所  栃木県下都賀郡壬生町落合1-15-6 
   東武宇都宮線国谷駅西口を出てまっすぐ進み、国谷駅入口の信号を左折、
   Toyota,Auの看板の隣のログハウスです。駅から徒歩5分です。
お問い合わせ ryoko.ikenouchi@gmail.com   080-3216-3853(いけのうち)
   P 駐車場 はログハウスの前にあります。


f0179615_844580.jpg

ワンサカワンサカ


f0179615_844349.jpg

デルワデルワ


f0179615_845038.jpg

ナツカシイアノ絵


蔵を空けたら出るわ出るわ!
自分でも忘れていた絵が多く、何かタイムカプセルとかパンドラの箱を開けちゃった気分です。
たぶん全部壁にかけられないので、当日はフリマ感覚で掘り出し物を探して下さい。

今回は作品すべて50%OFFで販売します。
大出血サービス&すべて一点もの!です。
お見逃し無く!です。




*いよいよ今週末になりました。

交通の件でお知らせがあります。

先日の大雨で東部宇都宮線の「安塚〜西川田」間が不通になり、復旧の見通しが立っていない様です。
ですので、東武宇都宮から国谷までは当日も乗車出来ないと思います。
関東方面からいらっしゃる方は「栃木/新栃木」経由でお越し下さい。
車でいらっしゃる場合は、美術館の前に駐車場がありますのでご安心下さい。

ネットの「乗り換え案内」で当日の運行状況が出ますので、一番楽チンな手段をご選択下さい。
東北方面から電車でいらっしゃる方も、やはり栃木経由でお考えの方が確実です。

どうか何卒よろしくお願いいたします。
東部鉄道ポータルサイト
http://www.tobu.co.jp/

JRの最寄り駅は宇都宮線の石橋です。
西口からタクシーで、10分くらいです。
「国谷駅近く、栃木街道沿い、auとTOYOTAの看板の隣のログハウス」と言っていただければわかります。



アトリエ内覧のお知らせ

NAVELのヘソ

ko yo miのこよみ

ke ha hiの気配

YOMIの記録

TOTEMの全容

壬生マシマタケシ美術館
[PR]
f0179615_20275545.jpg


2015.7/29~8/3 その後延長で8/9まで。


NAVEL(へそ)は、私たちが、母の胎内にいた証しです。
身体の中央に残された跡は、動かぬ北極星の様に、
常に私たちを生命の中心に導いてくれます。

またそのへこみは、胎盤と呼ばれる「自らの片割れ」の証しでもあり、
私たちが身体と霊である事を思いださせてくれます。

この名を冠したトコロはここでトキを刻みます。
様々な場所から、このヘソに人々が集まり、
生命を思い出して行くのです。

誕生の瞬間に立ち会え、ここに絵を飾らせていただきました。
どうぞ心ゆくまでじっくりとご覧下さい。






f0179615_20305572.jpg

728x1030mm
OHOKOTO   *販売済み

遥か遠いかの地にまつわる
伝承の物語を聞いたのは
わたしである









f0179615_20383780.jpg

728x1030mm
販売済み
sairai

しかしながら
それはそうともいへば
それとはべつのひびきをかなで
またふたたびめくる








f0179615_2033491.jpg

728x1030mm
amida

南無阿弥陀仏










f0179615_20344423.jpg

728x1030mm
kosui 販売済み

誰も知らない詩を詠み
誰も知らない唄を謳い
誰も知らない言葉を話す
それは誰か












f0179615_20354070.jpg

728x1030mm
suisin

宇宙の出で立ち
そこに何か起こったのか
旋回し流動する力が
どのようにして始まったのか
それは誰もしならい
しかし 誰しもがそれに関わっている



















マシマタケシ個展 NAVEL 穂高

アトリエ内覧のお知らせ

ko yo miのこよみ

ke ha hiの気配

YOMIの記録

TOTEMの全容

壬生マシマタケシ美術館
[PR]