<   2016年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧


今日絵を観に来てくれた知人といろいろと面白い話を交わした。
「兵馬俑展」を観て来て「いままで西洋の芸術がARTだと思っていたのがひっくり返った」という意味の事を話されていた。
ボクなりに(偏見ですが)思う事を伝える。
まず、あれは芸術では無く実用的なものである。
霊界に行った始皇帝を警護する事を目的とした装置とも言える。
美しさでは無く、相手が戦意喪失するような戦士のアラハレをしている。
そして肝心なのはそれを作ったのは芸術家では無く職人だ。
「それが美しいのだ」
西洋と東洋の意識の違いを感じます。
一神教的な方向と多神教的な方向。
日本においては別に「多神教」という型をはめるには少し違うと思われるが、それは「天皇」が制定される以前の姿とも言えると思う。
神社では無い、神では無い、もちろん信仰でもない。
一神教的な指向は「ものに魂が宿る」だが、日本の神道以前の古代は「魂がアラハレする」とも言える。
宿るのでは無く、現れているのだ。
そういう意味では現代の東洋はほとんど一神教的な価値観に覆われて、もちろん私たちも例外無くそれで反応している。
とことん染み付いて、どれがどれだか分からないほどに。
ボクたちが「日本」とか「東洋的」だと感じる事のほとんどが「西洋から観た」視線に変わってしまっている。
とことん、、に。
そんな事を話しながら、お土産の豆大福と道明寺をいただきながら、とてもいい時間を過ごさせていただきました。
タマシイがマシマタケシにアラハレしているモノの部屋で。
マシマタケシ個展 アラハレ at Cafe Slow





2016年の個展スケジュール




Face book マシマタケシ

アトリエ23内覧のお知らせ

ヒカリの光のキセキ

にほんのnihon

NAVELのヘソ

ko yo miのこよみ

ke ha hiの気配

YOMIの記録

TOTEMの全容
f0179615_2029344.jpg



マシマタケシ個展 アラハレ at Cafe Slow

来週の火曜日(3月1日)から始まるカフェスロー個展「アラハレ」に描いた新作が全て完成しました。
今回は昨年末から触れた「書」の精神性と兵馬俑から受けた生命力がアラハレしています。
つまり「書」は、日本の言葉はぱっと見て直ぐに意味の分かる「絵」のような文字であり、むしろ「日本伝統の絵」の方が「読み物」としてあったような気がしています。
絵巻物から春画そして漫画に至る「ヨミモノ」の絵です。
 
日本の文字は漢字ひらがなカタカナも、一見して直ぐに意味の分かる(それも幾重にも意図を含んだ)文字です。
象形文字をルーツとした漢字、ひらがなもカタカナも「文字」というよりも音波のカタチを表しているように思います。
文字が意匠(デザイン)になっている日本語。
個展「アラハレ」では、tobiraeから始まり、ヒカリの光三部作、今回の個展に描き降ろした三作品。
すべて自分にとって「絵」というよりは「書」です。
その差異を読み取っていただけたら嬉しく思います。




2016年の個展スケジュール




Face book マシマタケシ

アトリエ23内覧のお知らせ

ヒカリの光のキセキ

にほんのnihon

NAVELのヘソ

ko yo miのこよみ

ke ha hiの気配

YOMIの記録

TOTEMの全容

f0179615_1903653.jpg

「arahare」 728x1030mm



マシマタケシ個展 アラハレ at Cafe Slow
で展示をいたします。













2016年の個展スケジュール




Face book マシマタケシ

アトリエ23内覧のお知らせ

ヒカリの光のキセキ

にほんのnihon

NAVELのヘソ

ko yo miのこよみ

ke ha hiの気配

YOMIの記録

TOTEMの全容

f0179615_7311512.jpg

NUSI 728x1030mm

マシマタケシ個展 アラハレ at Cafe Slow
で展示いたします。




いよいよ今週土曜!
光ノ響〜音灯火絵舞:2/20相模原













2016年の個展スケジュール



Face book マシマタケシ

アトリエ23内覧のお知らせ

ヒカリの光のキセキ

にほんのnihon

NAVELのヘソ

ko yo miのこよみ

ke ha hiの気配

YOMIの記録

TOTEMの全容

f0179615_13574430.jpg

はなのこころ 728x1030mm

マシマタケシ個展 アラハレ at Cafe Slow
で展示いたします。






光ノ響〜音灯火絵舞:2/20相模原






Face book マシマタケシ

アトリエ23内覧のお知らせ

2016年の個展スケジュール

ヒカリの光のキセキ

にほんのnihon

NAVELのヘソ

ko yo miのこよみ

ke ha hiの気配

YOMIの記録

TOTEMの全容
f0179615_20748100.jpg



アラハレ マシマタケシ個展

空間からキラメキを取り出して絵を描く。
そうしたらミチミチに息づいているのが分かります。
そんなアラハレの作品たちをご覧下さい。

2016年3月1(火)~6(日)
3月1(火)~3(木) 11:30~18:00
4(金)~6(日) 11:30~19:00
*日によってOPEN時間が違います。
 ご確認の上おこしください。
 

カフェスロー・スローギャラリー
http://www.cafeslow.com/
〒185-0022
東京都国分寺市東元町2-20-10
TEL : 042-401-8505
*国分寺駅南口から徒歩5分


f0179615_209971.jpg

DMデザイン 小林鶴也




光ノ響〜音灯火絵舞:2/20相模原

Face book マシマタケシ

アトリエ23内覧のお知らせ

2016年の個展スケジュール

ヒカリの光のキセキ

にほんのnihon

NAVELのヘソ

ko yo miのこよみ

ke ha hiの気配

YOMIの記録

TOTEMの全容
f0179615_1335710.jpg

今週の金土日、2月5日(金)6日(土)7日(日)は自宅アトリエを開放して新作のtobirae6作を中心にご覧いただきます。
atelier23 アトリエ展示会
2/5~6




12:00~19:00にOPENしております。
どうぞお友達をお誘い合わせの上いらして下さい。


一般の集合住宅なものですから、あまり多くの方が来られるとマンションの住人に迷惑がかかると思い、参加希望の方に先ずメールをいただき、返信で道順をお知らせしていましたが、あまり心配いらない雰囲気だと感じましたので、こちらに道順を記したいと思います。

迷ったらお電話下さい。
又、スリッパ等の準備はありませんので、必要な方はご持参下さい。

この場所で絵が生まれた気配を感じていただけたら成功だと思っております。



アトリエ23への道順

京王線の中河原駅が最寄り駅です。
中河原駅は各駅しか止まりませんのでお気をつけ下さい。
新宿方面からだと特急か準特急、府中で各駅に乗り換えて下さい。
府中から二駅目が中河原になります。

改札(一カ所)を出て正面に「鎌倉街道」があります。
それを左折。
「南大通り商店街」と書かれたアーチをくぐって直進。
ラーメンの天下一品、らぁめん花月、郎郎郎など、ラーメン屋が続きます。
お弁当屋を過ぎ公園を過ぎます。
信号の三つ目が「関戸橋北」です。その先に多摩川が流れています。

信号三つ目を左折。
一本目の道を左折。
直ぐ左にある古いマンションに「4号棟」とあります。
そこに入りエレベータで4階に。
エレベータ正面のドアがアトリエ23です。(401号室)
表札に「真島」とあります。
ドアに「atelier 23」の看板があります。
ピンポンしないで下さい。
鍵は掛かっていません。
そのままお入り下さい。

駅から歩いて10分前後です。

*お車の方は駅前や近隣に有料Pもあります。

住所
183-0034
東京都府中市住吉町2-30-31府中住吉住宅4棟401号室。
電話 042(306)5979






光ノ響〜音灯火絵舞:2/20相模原

Face book マシマタケシ

アトリエ23内覧のお知らせ

2016年の個展スケジュール

ヒカリの光のキセキ

にほんのnihon

NAVELのヘソ

ko yo miのこよみ

ke ha hiの気配

YOMIの記録

TOTEMの全容