<   2016年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

f0179615_20390911.jpg


f0179615_20384813.jpg



f0179615_20390206.jpg


f0179615_20385650.jpg




Instagram マシマタケシ
Face book マシマタケシ

真顔絵
其のそのもの
『ヨミの星』
己読のこよみ
ヒカリの光のキセキ
にほんのnihon
NAVELのヘソ
ko yo miのこよみ
ke ha hiの気配
YOMIの記録
TOTEMの全容

[PR]

f0179615_12480294.jpg


前々からblogとFBとinstagramのそれぞれの特徴を生かして面白い展開をしたいと思っていたが中々手がつかなかった。

どれかがメインに(今はFB)になってしまって勿体ない感じになっている。


ところがFBは「流れて行く」特徴があるので記録ものとしては弱い。

そういう点はblogやinstaの方が分がある。

2017年の目標はそれぞれを使い分けて自分メディアを確立する事です。


思えば2000年位から急激に広がったITの何が変わったか?は「自分がメディアの中心を張れる」という事で、それまでは一部の人の特権だった発言力を(かりに発言力の無い人でも)持てるという所だ。

多くの人の眼にふれる発信をする人は、それまでよりも「わたし感」が増しているのでは無いだろうか?

その他大勢とか、大衆とか、そういうひとくくりから一つ抜け出し、「これがわたし」感を持つ様になったのがITの革命性だと感じる。


私も以前、たぶん2000年位だと思うがある方から「あなたはコンピュータを使うとめちゃくちゃ才能が開花する」と言われた事があって、そんな根拠の無い予言めいた話は信用しなかったが、振り返れば確かにネットを使った発信で今は自分の仕事が成り立っている。

あの人こそ本物の予言者だった。


右に「記事ランキング」というのがって「事に仕える」という記事がいつも上位にある。

内容は怖くて(笑)というよりも今更めんどくさくて自分では一度もクリックした事が無い。

でもいつも上位にあるんだから何か皆さんを納得させるものが書いてあるのかも知れない。

まずそれをクリックする事から、私のネット編成を開始してみようかな。






Instagram マシマタケシ
Face book マシマタケシ

真顔絵
其のそのもの
『ヨミの星』
己読のこよみ
ヒカリの光のキセキ
にほんのnihon
NAVELのヘソ
ko yo miのこよみ
ke ha hiの気配
YOMIの記録
TOTEMの全容

[PR]

f0179615_08004919.jpg

5年前に描いた絵がFBの計らいで巡って来ました。

いろとかたち 悪を抱く 2011 12 21



この絵は完全に屋久島を描いた絵で、5年前と言うと屋久島から府中に移り住んでしばらく経った辺りです。

著書にその辺りの事は書きましたが、屋久島に移り住んだ2009年4月中旬に海岸で、いわゆる「覚醒体験」のような事があり、しばらくはただハイになってはしゃいでいました。
その話を著書の発売記念も兼ねて全国各所でお話会をしていた頃もありましたが、そんな話をいくら話しても伝わらないのを感じて帰って来ました。

そういう体験をした人の話を聞く、という事しか提供出来ていなかったんですよね。
ならば、とひねり出したのが「かおの絵」で、対面で顔を描かせていただくお点前が、気がつくと「そのなか」に連れていってしまいます。
聞くのでは無く実感するのでした。
もちろんそんな事で人生が変わったり何か目の前が開けて明るくなる事はありませんが、目の前のモノとの間にある空間の中に無数の無限のような記憶と生命力がうごめいているのを感じた人も多くいらっしゃると思います。
お陰さまで「かおの絵」は全国で4~500枚は描いたでしょうか?
しばらく私の代名詞でした。

その後「思い切り大作に取り組みたい」気持ちが溢れTOTEM以降の作品に繋がります。
それから5年経ち、自分にとって一番沸き立つ事が一巡りして戻ったのを感じています。
真顔絵は「かおの絵」の別角度の作品ですが趣向は同じです。

これは描きながらですが、茶道の作法の中に既にこの空間出現の秘密があった!と発見した時は驚きました。
茶人、特に千利休が「何をしたいたのか?」を考えると、当時の日本人の精神性の高さに恐ろしいものを感じました。
彼らは宗教的な知識を学問じゃ無く「行為」までグランディングしていたのです。
日常にそれを落とし込んでいて、まさに死にながら生きている。生きながら死んでいる。
という境地に居た人も数多く居たのでしょう。
自らが「霊/SPIRIT」と知っていたのです。

私にとって「真顔絵」は現代版の茶の湯です。
来年二月以降の席には本物の「茶の湯」も加わる予定です。
また一歩進みます。




Instagram マシマタケシ
Face book マシマタケシ

真顔絵
其のそのもの
『ヨミの星』
己読のこよみ
ヒカリの光のキセキ
にほんのnihon
NAVELのヘソ
ko yo miのこよみ
ke ha hiの気配
YOMIの記録
TOTEMの全容

[PR]
f0179615_13314069.jpg


殿ヶ谷戸庭園(とのがやとていえん)は、JR国分寺駅の南口を出て左に少し進んだ、徒歩1~2分にある回遊式の日本庭園です。

大正時代初期に作庭され、武蔵野の面影を今に残す名勝です。

園内の数寄屋作りの茶室「紅葉亭」を新春真顔絵会の会場にお借りしました。

四季折々の美しさがある庭園の散策と「真顔絵」のお点前をお楽しみ下さい。


茶道のお点前のようにおひとりおひとりに真顔絵を順番に描かせていただきます。

ご自分の回もそうですが、同席の方のお点前をご覧いただくのもこういう会席の醍醐味です。

どうぞこの機会にお申し込み下さい。

ばしょ 紅葉亭(殿ヶ谷戸庭園内)

じかん 2017年1月13日(金曜日)

    10:00~12:00(出入自由)

真顔絵 15000えん

お申し込み maaru23@joy.ocn.ne.jp

又は FBメッセンジャーにて。

今回は8名を定員とさせていただきます。

◎お申込いただいた方には返信にて詳細をお伝えします。

*殿ヶ谷戸庭園の入場料で別途150えんかかります。

*お子さま連れOK(中学生以下入場料無料)


殿ヶ谷戸庭園HP 




f0179615_13315612.jpg
紅葉亭入り口



f0179615_13314729.jpg

紅葉亭から望む庭園



国分寺の殿ヶ谷戸庭園は以前2~3度お借りした事があったが、細かい規則等は忘れてしまったので確認する為に今日行った。

寒椿のピンクやつわぶきの黄色いあっけらかんとした冬の花が手入れされて輝いている。

木造の茶室「紅葉亭」の木の侘び寂びが急に幼い頃の記憶を呼び覚ます、ここはおじいちゃんの家に似ているのだ。


この敷地に入ると、元々の国分寺の地形が良く観えて来る。

坂の多いこの街は、起伏の激しいアスレチック公園のような場所だったのだ。

寺社の馴染む、隙間や影の多い表情の豊かな地、霊的な場所。


紅葉亭は本格的な「茶の湯」の設備が有り絵を描くだけじゃ勿体ないから、絵を描く前か後か「ま、一服して下さい。」

なんて言いたいからいろいろと「もしかしたらお茶を点てますか?」なんて知り合いにメールしたけどヒットせず。

その内にそういう「絵と茶のお点前」のコラボレーションも実現するでしょう。


私は日本文化に置いて「茶の湯」ほどスピリチャルなものは無いと思っている。

そこから派生する「花」も「香」も「書」もだ。

宗教や今のスピリチャルは言うなれば「トリセツ」であり「茶の湯」が霊性のド真ん中にある。

解説理論じゃない、そのものなのだ。


茶の湯と言うてもそれはスピリットの事であり、あの古くさい茶道を今更やってもそれは伝統文化習いでしかない。

いまここの茶の湯を常に新鮮に創り出す人の「芸道」の事なのだ。

そして私は茶の湯と縄文のスピリットが同じものだと思っている。

「侘び寂び」だ。


真顔絵の席では、ただ絵をお描きするだけじゃ無く、私が感じているそういう事もつらつらとお話したいと思っています。

なのでやっぱりお茶を点れてくれる方は欲しいな。

どうぞよろしくおねがいいたします。






Instagram マシマタケシ
Face book マシマタケシ

真顔絵
其のそのもの
『ヨミの星』
己読のこよみ
ヒカリの光のキセキ
にほんのnihon
NAVELのヘソ
ko yo miのこよみ
ke ha hiの気配
YOMIの記録
TOTEMの全容

[PR]

真顔絵会


本日某所をお借りして「真顔絵会」を開いていただきました。

今回の「顔席」にお集りの方々の満面の真顔絵をどうぞ。
f0179615_20553975.jpg
f0179615_19393507.jpg
f0179615_19392302.jpg
f0179615_19390510.jpg
f0179615_19385082.jpg

f0179615_19383754.jpg
f0179615_19382569.jpg

f0179615_19381235.jpg
f0179615_19380086.jpg

f0179615_19374942.jpg
f0179615_19374035.jpg

f0179615_19373012.jpg
f0179615_19371931.jpg



f0179615_19370119.jpg
f0179615_19364973.jpg

「真顔絵」は目を閉じた顔を描きます。

目を閉じると外の世界は見えなくなりますが、同時に自分自身が観え出します。

私はその顔を観て描かせていただきます。


寝ている顔、産まれて来た時は皆目を閉じて出て来ます、ほとけ顔。

目を閉じた顔を自分で見る事は出来ませんが、その時だけ自分が観えます。


真顔絵のお点前  15000えん


私の自宅アトリエでも席を設けますが、これからマシマ主催でも方々で開いて参ります。

ベストなタイミングでご参加下さい。


五名以上から出張の真顔絵会も致します。

遠方の方はお気軽にお問い合わせ下さい。

個人宅でオッケーです。


二時間から三時間程、茶会のように皆々様にお集まりいただき、ご自分が描かれたり他の方が描かれるのを楽しんでいただく「真顔絵会」を全国各地で開いて行きます。

お茶の席の様に、精神宇宙に潜入するスピリチャルなお時間を楽しみに下さいませ。


真島流家元 マシマタケシ









Instagram マシマタケシ
Face book マシマタケシ

真顔絵
其のそのもの
『ヨミの星』
己読のこよみ
ヒカリの光のキセキ
にほんのnihon
NAVELのヘソ
ko yo miのこよみ
ke ha hiの気配
YOMIの記録
TOTEMの全容

[PR]
f0179615_07205044.jpg










f0179615_07204025.jpg









f0179615_07201958.jpg










f0179615_07200795.jpg












真顔絵


目を閉じて見えるのは、目を開いている時には見えない「じぶん」です。

その「じぶん」は目を開いている時には小さなささやき声でしか話しませんが、目を閉じると大きなハッキリした声であなたに話しかけます。

あなたがそのあたなと会話している顔を映しとるのが「真顔絵」です。


目を閉じると世界の輪郭も消えます。

耳が研ぎすまされ、香りにも敏感になります。

産まれて来た時の顔 寝ている時の顔 ほとけ顔。


この「真顔絵」の船出に、舞道家の柳元美花さんにイメージガールになっていただきました。

美花さんの舞の表現力の最大の秘密は「顔」にあると以前から感じていて、どうしてもお願いしたかったのです。

そして写真はひびき演奏家の山本コヲジ君にお願いしました。

以前ボクの作品を撮影してもらった事がありますが、その際の丁寧な心使いに大きな信頼感を感じました。

船出はこの二人にお願いしました。


茶道のお点前のように考えておりますので、描いている所作や過程を味わっていただく事がクライマックスになります。

あまり体験した事が無い独特の時間が流れますのでお楽しみ下さい。


今後方々で「真顔絵のお手前」を開催して行きます。

又、自宅アトリエでもご連絡いただけたら時間を設けます。


どうぞ宜しくお願いいたします。













f0179615_07195774.jpg












f0179615_07194688.jpg














f0179615_07192493.jpg
















f0179615_07190586.jpg

【マシマ氏 絵のお点前を受けて】

緊迫の静けさの中に

海のような豊かさや

森のようなざわめきがあって

やがて目線を上げると現れた
境を観つめていた。

これは、

マシマさんに絵を描いていただいている間

私が目を閉じて感じていた景色

あれだけのことを、言葉に変えてしまうのも不粋なのかもしれない、けれど、大切に紡いでここに記したいとも思った。

ひとりでは、観ることのできない奥行きを
「直視(みつ)められる」ことで触れた感触

それはきっと、イコールマシマさんの目線の奥行きでもある。

合図を頂いて瞼を開けたその先に見えた絵は

「あ、わたしだ」

そう素直に感じた。

絵を描いて貰うと聞くと、出来上がりの絵が主役のように感じるけれど、

絵自体は、まるで体験の残り香のようなもので

主体は、「顔を写しとる」そのひとときの所作に、間にある。

ほんの数分だったらしいけれど、

完全に、時もワレの境界線もほとけてゆく、ひと間でした。

ほとけてゆく、というか、ほとかれてゆくというか。

わたしは感覚の質感を丁寧になぞることをライフワークにしているため

お点前を受けている間も、主観と客観との二点で観つめていたけれど、

終わった直後は、覚えてるいるものの、時が経つと軽やかにその記憶はほとけてしまう。

ことばに残せたものは、ほんのひとかけら。

ただ絵だけが、確かな線とカタを持ってしてそこに在る。

ああ、なんてことだ。
すごいことがはじまったんだな。

こゆことに出逢うと

音が聴こえる。

それは言挙げせず、大切に胸にしまっておきます。

無駄の無い、線

その余白に、満ちる音。

今、このタイミングにお点前をお受けできたこと、ほんとうに感謝です。

マシマさん、ありがとうございました。

コヲジさん、ありがとうございました。












f0179615_07185117.jpg











f0179615_07184027.jpg






#真顔絵








Instagram マシマタケシ
Face book マシマタケシ
其のそのもの
『ヨミの星』
己読のこよみ
ヒカリの光のキセキ
にほんのnihon
NAVELのヘソ
ko yo miのこよみ
ke ha hiの気配
YOMIの記録
TOTEMの全容

[PR]
f0179615_18365643.jpg
f0179615_18370215.jpg
2015年11月、画家マシマタケシ氏の個展「nihon」を見に行ったダンサー、音楽家によって自然発生的に生まれた<ヨミの星>プロジェクト。

今年5月には、舞台作品として結実し(@アルテリオ小劇場 / 新百合ヶ丘)10月にはヨミの星展を開催、(@宇フォーラム美術館 / 国立)日替わりで7日間連続のパフォーマンスも行いました。

今回はその成果をもとに構成も新たに、大きく生まれ変わります。


「ヨミの星2」

空が 落ちていく
きみを想う
花が しんと ひらいた

2016年12月13日(火)19時開場 19時30分開演
会場:座・高円寺2 杉並区高円寺北2-1-2 http://za-koenji.jp/home/index.php
前売・予約 4000円 当日 4500円
お問い合せ:info@soramame-dance.com TEL 070-5010-1447
(空豆ダンスカンパニー / ハナ・ジャスミン)

絵:マシマタケシ

出演

石川理咲子(ダンス) 岡佐和香(舞踏)
古里和歌子(ダンス) 竹内空豆(舞踏)

成田千絵(チェロ・ボイス) 金永柱(サックス)
スティーヴ・エトウ(パーカッション)

マシマタケシ(特別出演)

映像:福田博行

照明:山岡靖典
舞台監督:成田生

衣装:くろぬま さおり

宣伝美術:小林鶴也

制作:ハナ・ジャスミン

ヨミの星ホームページ http://www.soramame-dance.com/
主催:空豆ダンスカンパニー

※全席自由席です。整理券は開場の1時間前から発行します。



この世界はもうすでにいつの頃からかヨミの世界になっていた
花はその輪郭を失い、太陽は輝きを停止しはじめている

わたしは途方もなく暗く遠い道のりを歩き続けてきた
闇は光を包み、大量の鳥たちが羽ばたきながら落下してい
そんなさなか、もうすぐそこに、あなたの後ろ姿が見えてきたんだ
そして振り返りながら、あなたはこう告げる

あの花はわたしだった
あなたはわたしだった

その時、新しい太陽が夜空に出現する





マシマタケシ Takeshi Mashima / 絵

画家。奈良唐招提寺の宝物殿の大日如来坐像に拝したのが25歳の頃。その「生きている」を自らも体現したいと発願し作品にそれを吹き込む。
年月を超えてなお行き続けるものを日々生み出していきたいと思っています。
1962年、山形県酒田市に生まれる。府中市在住。

http://yahama.exblog.jp/


石川理咲子 Risako Ishikawa / ダンス

パフォーマンスアーティストとして、舞台・映像・イベント等に出演・振り付けをし、ファッション雑貨へのデザイン・ペイントを手がける。
また踊りながらトゥシューズで絵を描くパフォーマンスを発表。
「形・色・音」を自由に組み合わせることに喜びを見出だし、独自の表現を追求している。

www.reevere.com

岡 佐和香 Sawaka Oka / 舞踏

幼少よりバレエ・モダンダンスを踊る。大野一雄との出会いから、舞踏の世界へ。
芝居、生け花、剣舞など様々なスタイルを融合させた独自の世界観あるダンスが好評を得ている。
近年は自然の中でのワークショップを展開、多くの人の五感を刺激する活動に意欲を注いでいる。

http://www.sawaka.info/


古里和歌子 Wakako Furusato / ダンス

18歳でjazzダンス、20代後半にコンテンポラリーダンスに出会う。
様々な作品、即興パフォーマンス等に参加するうち、自分の中の自然のエネルギーと繋がる"流れ"を強く感じるようになる。
2015年春、脚に大きな故障を抱え、踊ることを諦めかけるが、今の身体に向き合う事の神秘を感じ、再び踊る道を選んでいる。


竹内空豆 Soramame Takeuchi / 舞踏

2010年夏、いきなり踊りたくなり一人で練習開始
2011年5月「今、僕にとっての宇宙、行き先はどこ?」を上演
以後2度のソロ公演のほか、音楽家やパフォーマーとの共演多数。
2016年5月「ヨミの星」で構成・出演。
多層レイヤーどあほ素粒子ダンスを探求中。


成田千絵 Chie Narita / チェロ・ボイス

幼少から音楽を始め、1994年チェロに出会う。故・井上頼豊氏に師事。
渡印してヨガを学び心身と音楽がよりリンクするようになり音楽活動を始める。
チェロ弾き語りという未知の世界に、描くように音を散りばめて
独自の世界観で物語る。2016年冬に2ndアルバム「碧い絵」を発表。

http://chiecello.com/


金永柱 Yung joo Kim / サックス

佐藤帆氏にサックスの手解きを受ける。黄秀彦氏が主宰するケグリで韓国の打楽器を学びつつ音楽活動をスタートする。
現在は都良介(vo,ウクレレ,per)の都&ヘンプストーンズ、都内を中心にセッションライブに参加する。



スティーヴ エトウ Steve Eto / パーカッション

L.A.生まれ。父は箏曲家 故・衛藤公雄。弟は和太鼓のレナード衛藤。
1964年初来日?80年代より爆風銃、PINK、PUGSなどでバンド活動。
演奏家として小泉今日子のデビューツアーから始まり藤井フミヤ、及川光博、COMPLEX、布袋寅泰、大黒摩季、堂本剛などをサポート。
奄美群島にただならぬ縁を感じ、ハブ皮工芸 原ハブ屋奄美 公認はぶ大使に。ただしハブの全国普及につとめているわけではない。
2015年より奈良在住

http://www.steve.vc/



福田博行 Hiroyuki Fukuda / 映像

テレビゲームCMテーマパークのアトラクションなどのCG映像を手掛ける映像作家グラフィックデザイナー。
生命と進化をテーマにアニマンダラを探求する表現者でもある。マシマ氏とは世界観を共有し、「ヨミの星」では、
静の表現である絵画を、動の表現である映像へと変換する

http://animandala.com/





Instagram マシマタケシ
Face book マシマタケシ
其のそのもの
『ヨミの星』
己読のこよみ
ヒカリの光のキセキ
にほんのnihon
NAVELのヘソ
ko yo miのこよみ
ke ha hiの気配
YOMIの記録
TOTEMの全容

[PR]