おなじもの

f0179615_6272379.jpg

屋久島に戻ってきました。

伊丹空港を飛び立ったプロペラ機は、たったの1時間半で別次元へと運んでくれました。
12日ぶりとは言え、懐かしい我が島の温度が私を包んでくれました。

京都でのヴィッパッサナー瞑想コースへの参加が目的の旅でしたが、その間に私に起きた数々の大事件は、とても一回の日記では紹介し尽くせません。

何度かに分けて綴って行きたいと思っております。


この瞑想会に参加したいと考えだしたのは、今年の夏位でした。
自分の人生の目的にはっきりとしたすがたかたちを見いだして来てからというもの、それを成し遂げるには余りにも弱り果てた私の身体と心に大改造を処さなければ成らないと感じたからです。

そんな時に一通のメールが届きました。

木の花時代からの知人である、新井由己さんからでした。
多方面で活躍されている新井さんが、ヴィッパッサナー瞑想の10日間コースに参加して感銘を受け、それを本にしたいと考えた時に私の絵が浮かび、その打診の為のものでした。

「ブッダの瞑想法 10日間の心の手術」

あまりにも完璧な流れの中で、私は確信を持って瞑想会に参加の申し込みをしました。

今まで瞑想を真剣にした経験はありませんでした。
どちらかと言うと、ほとんど興味など無かったのです。
それは、絵を描いている私にとって、絵を描くと言うこと自体が、瞑想と同じような心境を体験しているという、勝手な解釈を持っていたからです。
というか、本当の所は、自分に向き合うのを避けていたのだと思います。
自分の心地よい部分には積極的に向かい、不快を感じるものには出来るだけ関わりの無いように生きて来た私の、抜本的な大改造をする決心でした。

それは本当に決死の思いです。
私は冗談では無く、これに挑んで死んでも構わないと思っていました。
妻にもその覚悟を伝え、12日前に屋久島空港から飛び立ちました。
ふたたびそこに降り立った私は、生きて帰って来られた喜びを噛みしめていたのです。
冗談じゃ無く(笑)

つづく、、、、、
[PR]
by prema-maaru | 2009-11-30 07:01