外で座る

f0179615_5144214.jpg

家に戻ってから瞑想をしてみるが、なんかしっくりこなかった。

ヴィッパッサナーの瞑想ホールは、ずっとそこでは瞑想しか行われていないような場所で、入って行くと座って集中するようなバイブスが初めから出来上がっている。

それに較べると自宅は生活の場であり、障子や襖を開け放つと広いワンルームみたいになってしまうので、そういう事が影響しているようだった。

しかしそんな事を理由にせっかく掴んだ「瞑想」を諦める気は毛頭無く。

早朝の薄暗い時間帯であれば集中し易いし、だんだんと座る環境を調えて行くと言う楽しみが出来たので、何も問題無し.....

と、思っていた所、久しぶりに行った大川の滝で、思いがけないプレゼントをいただく。

ちょっと座ってみたら、今まで感じた事が無い位、深い瞑想に入った。

1時間ほどがあっという間に過ぎ、「これがパワースポットなのか!!」と(笑)

そういうのに無頓着だったが、屋久島はパワースポットの宝庫なので、これからは家で座るよりもお外で座るのが「ここ」のメリットなのかも知れない。

これまで引きこもりだったが、いい「座り場所」を見つけに、島内あちらこちらを散策しようと思っている。

そういうのにいまさら気づくなんて笑える。



月刊誌「Actio」の表紙を描かせていただきました。

編集部から送られて来たバックナンバーを見ると、友人の冨田貴文が連載しているのを発見。
全国を廻りながら書いているんだねぇ〜と感慨。

「お〜いタカ!元気〜。  また九州ツアーに来たら屋久島寄ってよ。」
[PR]
by prema-maaru | 2009-12-03 05:37 | Comments(4)
Commented by いく at 2009-12-03 15:38 x
ましまし〜

その号からぼくのレシピコーナーも載ってるよ!
Commented by prema-maaru at 2009-12-03 17:05
いく。

お〜そ〜なんだ。

まだ本が届いてないけど、楽しみにしてるよ。

Commented by ゴミにまみれて at 2009-12-04 19:54 x
いい瞑想ができているようで、うらやましいです。屋久島のパワーを援けとして瞑想ができるなんて、素晴らしい。合宿中も群を抜いて集中されていたマシマさん、数年後には解脱への入り口に立たれるのでは・・・・・
私はと言えば、すっかり俗界の人となり日一回の瞑想が寝る前1時間が30分になり、ここ数日は15分でグーグーダウン・・・・・・
それでも愛の瞑想はかかしません。瞑想修行よりも里の修行をせよということでしょうかな。
 これからもよい瞑想を続けてください。
Commented by prema-maaru at 2009-12-05 05:12
ゴミにまみれてさん。

合宿中は真面目にやりましたね〜(笑)
同室のほとんどの方は真面目でしたね。
あの部屋は真面目な雰囲気に包まれていました。

一日2時間は厳しいですよね。
続けるって事を一番の目標にして、少しでもあの真面目さを維持出来れば、わざわざ参加した甲斐も在るってことですね!