こころのスペース


f0179615_554973.jpg









友達と、スピリチャルって何?という話になりました。

ボクが思うのは「衣食住に心を配る」事だと思っています。

清潔な服を着て。

心を込めた手作りの食事をとり。

掃除と整理整頓を心がけた住まい。

あまり必要以上に凝る事も無く、たまには贅沢を楽しむ。

花鳥風月を愛し、四季を愛す。

昔の日本の暮らしがそのまま当てはまります。

今は少し忘れられていますが、私たちの祖父母の時代には、

それが普通の事だったのです。

スピリチャルなんていう外来語が気に入らなければ、

「こころの満ちた生活」で良いと思っています。

特に家(スペース)は住む人にとって世界(宇宙)の中心で、

そこが整理整頓され清涼でしたら、

世界も宇宙もそのように広がるでしょう。

「自分が変われば世界が変わる」という言葉そのままに。

そのこころが「スピリチャル(精神性)」そのものだと思います。

何をするのでも、まずは自分の足下からですね。

そこがスッキリしていなければ、何をやっても、

徒労に終わるように思えます。

自分の心模様を見るには、自分の部屋を見れば分かります。

そこを整えたら自分の心が整えられます。

お金は掛りません。

いますぐに出来ます。



名古屋 i-cafe 7/28

福井ささした助産所8/5.6.7
[PR]
by prema-maaru | 2011-07-13 05:08