chair de lune

f0179615_10131790.jpg

tobirae: chair de lune 1032x728
クレードリュンヌ(月の光)

atelier23 アトリエ展示会 2/5~6で展示いたします。


tobirae(扉絵)を制作する際に一番神経を使い注意するのは蝶番を付ける事です。
この蝶番という金具により、二枚の絵が一枚になり、平面が立体になり、壁にも床にも立ちます。
ほんの0.1mmずれただけでかみ合わせが悪くなるし、その絵の適切な位置がそれぞれ違いますので、毎回この作業が終わると安堵して力が抜けます。
ぐったりします。

でも、絵が道具に変わる瞬間は何度立ち会っても格別の至福です。








Face book マシマタケシ

アトリエ23内覧のお知らせ

ヒカリの光のキセキ

にほんのnihon

NAVELのヘソ

ko yo miのこよみ

ke ha hiの気配

YOMIの記録

TOTEMの全容
[PR]
by prema-maaru | 2016-01-15 10:10