アラハレました。

f0179615_2156288.jpg



カフェスロー個展「アラハレ」終わりました。
一言で言えば「不意打ちを喰らった」であり、まったく微塵も予想していなかった方向にグイグイ引っ張られて行く自分をどうしようもなく見つめていたような一週間でした。

説明を省いて申すならばボクは「ヤクシマ」であり、屋久島を描いている、表現しているのでは無く「ヤクシマが描いている」を自覚したのです。
ボクはヤクシマそのものです。
それは鹿児島県屋久島町の事では無く「生命力」の別名としてのヤクシマです。

2009年に屋久島に移り住み、すぐに「ぽめろん」に遭遇し(サンマーク出版『しあわせのいろ 目覚めのかたち』 マシマタケシ著)その眼で見た光景を描きたいと1000本ノックを重ねに重ねていたあの日。

2011年2月23日に府中に移り住みすぐ3/11があり、これからどうしようと考えに考え「絵を描こう」と振り出しに戻ったあの日。

その気持ちで個展を開催したカフェスローの「よわいちから」そこにボクはこの一週間引き戻されていました。

頭で考えたのでは無く持っていかれたので無視する事は無理です。
一巡りしてそこに又向き合う事が始まりました。

不意打ちを喰らい、動揺しましたがもう大丈夫です。
2014年の「TOTEM」以降のフルスイングは継続しつつ、今「よわいちから」に入って行きます。
寄り添い包み育む母の様な絵を描いて行きます。

はじまりました。



2016年の個展スケジュール




Face book マシマタケシ

アトリエ23内覧のお知らせ

ヒカリの光のキセキ

にほんのnihon

NAVELのヘソ

ko yo miのこよみ

ke ha hiの気配

YOMIの記録

TOTEMの全容
[PR]
by prema-maaru | 2016-03-06 21:56