メルドルについて。

明日からの「よわいちから」の会場は府中にあるメルドルというギャラリーです。

もうけっこう昔に、あるイベントの会場でここのオーナーさんと隣に座り、近いから今度遊びに行きますね~と言いながら3~4年位して急に閃きまして、昨年の9月に初めて個展を開催させていただく運びになりました。


オーナーは、ステファン芝辻ペランさんというフランス人とウタコさんという府中人のご夫婦で、ヨーロッパ映画に出て来そうなキュートな二人のお子がおります。

自宅を改装してギャラリーとカフェをやられていますが、ボクも自分のこと本当にマヌケだと今日気づいたんですが、この形態は正にボクが理想としているスタイルではありませんか。

何故今までそういう眼で観ていなかったのか?本当にアホです。

ボクはこれからのアーティストの座標というか、企画制作展示までセルフでこなす、自己発信の未来的スタイルです。

そういう場所と既に出逢っていたという幸運。

心からありがとうです。

参加費というか入場料(400円)ですが、こちらはドリンク代です。

テキトーに作って無いです、ちゃんと美味しいのでお楽しみ下さい。


そして9日にLIVEの「横手ありさ」さんは、やはり昨年のメルドルでの初めての個展でLIVEをして下さったことがきっかけです。

ありささんのウタは本格派です。

ほぼ独学で歌を学んだそうなんですが、かなり広い会場でもマイクが要らない程のツヤとハリがあります。

そしてオリジナル曲の世界観は独特です。

わざわざ聴きに来て損は無いどころか感動するでしょう。


こちらは1000円+ドリンク代(400円)で参加出来ます。

絵もゆっくりご覧頂きたいので、出来れば少し早めにいらして下さると嬉しいです。

その場合ギャラリー入場料でドリンク代は既にお支払い済みですので、1000えんでLIVEがご覧いただける寸法です。


気がつけば自分が求めていたものが足下にあった。

そんな灯台下暮らし。









note マシマタケシ
間の間の間
シュタイナー思想とヌーソロジー
作品アーカイブ
Instagram マシマタケシ
Face book マシマタケシ
atelier23への道順
真顔絵
初夏の木漏れ日
其のそのもの
『ヨミの星』
己読のこよみ
ヒカリの光のキセキ
にほんのnihon
NAVELのヘソ
ko yo miのこよみ
ke ha hiの気配
YOMIの記録
TOTEMの全容

[PR]
by prema-maaru | 2018-06-05 06:58 | Comments(0)