メルドルの最終日です。

f0179615_07475665.jpg

今日は「よわいちからメルドル」の最終日です。

そうなんですが、既にこの個展は自分にとってとても大きな個展になっています。


数年前からずっとモヤモヤした気持ちがありました。

まずそれが何なのか分からない。

何年もかけて、その正体が観え出したのが今年の春頃だったように思います。


絵を描いていても、どこに照準を合わせて良いか分からない。

試行錯誤を何度も繰り返し、本当に苦労してようやく着地する絵がつづきました。

もう自分は「過ぎて」しまったのか?と、誰にも言いませんが、そういう感覚もありました。


5月の青山で予定していた個展を中止し、その後の事はほとんど考えませんでした。

家に絵を見に来てもらうような形式を取りましたが、それも何だかしっくり来ません。

でも絵はどんどん生まれて行き、メルドルで展示しようと急に思いついたのが一か月程前です。


丁度空いていたので滑り込めましたが、じゃ何が中心テーマなのか?は、依然として霧の向こうです。

そして個展は中心のないまま開幕しました。

周りが住宅地で駅からも少し歩くし、そんなに多くの方々はいらっしゃいません。


でもその少ない人たちの中に、ボクの行き先を示唆してくれる宝の言葉が見つかり出しました。

その人はそんなメッセージを運んでいるとはつゆも知らないかもしれませんが、ボクにとっては本当に腑に落ちる、中心を見出してくれる魔法の言葉です。

メルドルは靴を脱いで畳に座り、ゆっくりと話が進む場所だったのが大きいと思います。


そんな毎日を過ごす中で、ボクはありきたりですが「自分らしく」を掘り当てたように思います。

メルドルには部屋の真ん中に手作りのブランコがあり、それがまるで象徴するかのようです。

行ったり来たりブラブラと揺られて確信に至りました。


自分らしく。


当たり前の言葉ですが、これほど真理だと感じた事はありません。

自分が自分らしくなったら、観える世界もゆっくりと落ち着き馴染んで観えました。


思いがけなくもたらされたプレゼントを抱えながら、ボクは又絵を描いて行けそうだと思っています。

そしてこれからはもっと、ますます。


最終日ですが、お時間にご都合が付く方は是非、ブランコに乗って絵を観にいらして下さい。

11:00~18:00

今日のランチはお豆腐カレーです。


心からお待ちしています。





note マシマタケシ
間の間の間
シュタイナー思想とヌーソロジー
作品アーカイブ
Instagram マシマタケシ
Face book マシマタケシ
atelier23への道順
真顔絵
初夏の木漏れ日
其のそのもの
『ヨミの星』
己読のこよみ
ヒカリの光のキセキ
にほんのnihon
NAVELのヘソ
ko yo miのこよみ
ke ha hiの気配
YOMIの記録
TOTEMの全容

[PR]
by prema-maaru | 2018-06-10 07:48