マシマタケシ個展「アンダースタンド」atメルドル

f0179615_11545148.jpg


マシマタケシ個展「アンダースタンド」atメルドル


メルドル

http://uma-merdre.com/
mardre


183-0025 東京都府中市矢崎町1-9-4

電話 042-319-9298

京王線府中駅徒歩15分/JR府中本町駅徒歩8

*詳しい地図はmerdreHPをご覧ください。



ブランコが家の真ん中にある畳敷きのギャラリー「メルドル」で個展を開催いたします。

ソファと大きな座卓もあり、ドリンクを飲みながら、毎回面白い出逢いがあります。

絵だけ集中したい方はお好きなように、話に加わりたい方は初対面でも気兼ねなくお座り下さい。

不思議な温かい空間なんです。ボクは期間中ずっと居ります。


今回は「アンダースタンド(下に立つ)」というテーマで新作を中心にご覧頂きます。

6日には恒例の横手ありささんのライブもありますので、両方楽しみたい方はその日に(少し早めに)いらして下さい。


10月は参宮橋にある「ピカレスク」でも一か月の個展を予定しています。

こちらは土日祝日のみのオープンになります。


日程 平成30年 10月3日(水)~7日(日) 

OPEN 11:00~18:00


入場料 400円(1ドリンク付き)

*豊富なカフェメニューからお選び下さい。ランチもあります。


6日(土曜日)15:00より、横手ありさLIVE

ライブチャージ:大人(中学生以上)1000円+ドリンク代

子ども(4歳~小学生)500円、乳幼児(0歳~3歳)無料、子ども2人目から300

お子様はドリンクはつきませんが、別途ご注文いただくことも可能です。

◎ライブ前から個展にお越しの方で、そのままライブをご覧になる方は、ドリンク代は必要ありません。


横手ありさ

Official web

https://arisa-utautau.jimdo.com/

呼吸と声から派生するあらゆる響きで色彩を運ぶ唄い手。

森羅万象に散りばめられたモティーフ、記憶、煌めき、リズムに寄り添わせた声の響きで紡ぐ物語は、柔らかく自由に、伸びやかに、ひそやかに、境界を越えている。

自身のアコースティックユニット『Lupe』、作曲家 宮内康乃による声と身体の現代音楽パフォーマンスグループ『つむぎね』、アフリカをスタートにアジアや世界の民族音楽を吸収し、新たな音楽を作り出す遊動芸能家集団『SUNDRUM』、馬喰町バンドのリーダー武徹太郎とのユニット『晴ツ』等さまざなグループへボーカリストとして参加。

また、パラリンピックのNHK公式CMソングへの参加、舞台作品への楽曲提供、障害のある子供達との音楽交流やWS、台湾原住民との音楽交流、絶海の孤島青ヶ島に伝わる島唄の唄い手としての活動など、活動範囲は多岐に渡る。

20178月に1st Solo album「ヒトトオシのうた」をリリース。

マイク一本のモノラル録音で、ウクレレと歌だけの9曲を収録。

その素朴でシンプルな歌とサウンドは、横手ありさとの持つ本質的な表現の明るさ、時代を超えた強さ、奥ゆかさ、美しさを十分に感じられる作品となっている。

*今年の夏はヨーロッパをツアーで廻って来られました。

そのお土産話もお楽しみに!

f0179615_11545859.jpg








お産の絵

あなたの絵


間の間の間
シュタイナー思想とヌーソロジー
作品アーカイブ
Instagram マシマタケシ
atelier23への道順
真顔絵
初夏の木漏れ日
其のそのもの
『ヨミの星』
己読のこよみ
ヒカリの光のキセキ
にほんのnihon
NAVELのヘソ
ko yo miのこよみ
ke ha hiの気配
YOMIの記録
TOTEMの全容

[PR]
by prema-maaru | 2018-09-02 11:55