2009年 11月 13日 ( 1 )

f0179615_6301516.jpg

屋久島で過ごす時間はゆっくりとしていて、

時間や曜日や日にちを意識しなければ、すぐに分からなくなってしまう。

このブログも毎日更新しているので、何日という感覚ではないし

ゴミを出す日が決まっていなかったら、曜日など無意味な決めごとなのだ。

ただゆっくりと自然は変わって行く。

毎朝目が覚めたとき、私は自分が「昨日までの続き」を続けるために

いろんな事を思い出し、自分の人生の設定を確認し、動き出す。

もしこれが「やらなければいけないこと」に囲まれていたり、

「義務」や「○○するべき」を意識するような自分であったなら、

ここに居る感覚も違ってくるのだろう。

人はそう在りたいと思うと、

今すぐにそう在らねばならないと思ってしまいがちだけど、

変化はいつもゆっくりとしか進んでいかないので

自然の速度に身を任せて、

安心しているのが一番だということが

ようやく分かってきた。

そして、どこに居ようが

自分が見ている宇宙の中心は

自分でしかないという本当の意味が

分かってきた。
[PR]