f0179615_21490714.jpg
「お産の絵」北杜市 ほくと助産院

産まれてくるこどもたちへ。


くわしくはコチラをご覧下さい。
お産の絵
常時受け付けております。



これで4つの絵を描いて、当初に比べると「どこに向けて描くのか?」というチューニングも合いやすくなりました。

「どこに。」というのは、この絵は全国各地の助産所や、まだご希望の連絡はありませんが、産院とか病院とか、絵を掛けておく余裕がある場所だったらどこでも良いと思っています。

「お産の絵」はその施設に贈呈するというよりも、これから産まれてくるこどもに贈る絵だからです。


現在お母さんのお腹に宿った生命も、未だ受肉をしていない、これから数年後に産まれてくる子も、もっと先に産まれてくる子も、それまで居たところ。

ところと言うと何か特定の場所があるような言い方ですが、むしろその場所の方が広く大きくて、私達の住む世界はそこから見たらほんの小さな特定の場所のような気がします。


ですからボクは「そこ」の生命力に向けてチューニングを合わせていて、だんだん描き進む内に、本道というか本筋というか、これこそがARTそのものなんじゃ無いかと再発見するのです。

未だ姿かたちを持っていない、けどはっきりと居るもの、それを霊と呼んだりエネルギーみたいに言う事もありますが、私達の世界を創り出している本元に常に意識を合わせていると、日常で見える風景も言葉も、まるで違う様に思えて行きます。


よくよく考えれば、死というものは見かけだけのもので、万物は見えても見えなくても常に生育しか出来ない事が分かります。移り変わって行くしか出来ないのです。

今は未だ生命力として働いている力が、男女の出逢いによって受精して細胞分裂を始め、少しづつ「にんげん」に近づいて来て、誕生して空気を吸い込みこの世界の仲間になります。

それから人生を生きていつか死を迎えて、また生命力に溶けて動き始めます。

生命はいつも居るのです。


こうしていつも見えないものへ、姿が無いものに気持ちを向けていると、眼に見える色や形があるものの貴重が奇跡と言うレベルなんだと感じてこみ上げるような気持ちに成る事が度々あります。

自分は絵を描いて来て、ここに来てようやく今までの苦労が報われた様な、還る場所に帰って来た様な気持ちです。

「お産の絵」は誰かに見せるための作品では無く、新しい生命を出迎える生命力の祝辞のようなものです。











あなたの絵


間の間の間
シュタイナー思想とヌーソロジー
作品アーカイブ
Instagram マシマタケシ
Face book マシマタケシ
atelier23への道順
真顔絵
初夏の木漏れ日
其のそのもの
『ヨミの星』
己読のこよみ
ヒカリの光のキセキ
にほんのnihon
NAVELのヘソ
ko yo miのこよみ
ke ha hiの気配
YOMIの記録
TOTEMの全容

[PR]
# by prema-maaru | 2018-07-12 21:53 | Comments(0)
f0179615_16461442.jpg
「お産の絵」北名古屋市 すこやか助産院

産まれてくるこどもたちへ。




f0179615_16462139.jpg
くわしくはコチラをご覧下さい。
常時受け付けております。
お産の絵














あなたの絵


間の間の間
シュタイナー思想とヌーソロジー
作品アーカイブ
Instagram マシマタケシ
Face book マシマタケシ
atelier23への道順
真顔絵
初夏の木漏れ日
其のそのもの
『ヨミの星』
己読のこよみ
ヒカリの光のキセキ
にほんのnihon
NAVELのヘソ
ko yo miのこよみ
ke ha hiの気配
YOMIの記録
TOTEMの全容

[PR]
# by prema-maaru | 2018-07-06 16:47 | Comments(0)
f0179615_09195777.jpg
お産の絵 相模原市 つくい助産院

産まれてくるこどもたちへ。





f0179615_09200578.jpg
くわしくはこちらをご覧下さい。
常時受け付けております。
お産の絵








あなたの絵


間の間の間
シュタイナー思想とヌーソロジー
作品アーカイブ
Instagram マシマタケシ
Face book マシマタケシ
atelier23への道順
真顔絵
初夏の木漏れ日
其のそのもの
『ヨミの星』
己読のこよみ
ヒカリの光のキセキ
にほんのnihon
NAVELのヘソ
ko yo miのこよみ
ke ha hiの気配
YOMIの記録
TOTEMの全容

[PR]
# by prema-maaru | 2018-06-30 09:22 | Comments(0)
f0179615_09174048.jpg

あなたの絵


絵を描くときはいつも、この絵は誰の絵なんだろうと考えながら筆を進めています。

その時点ではいつも未知の誰かなのですが、個展が始まって直ぐ分かる場合も、何年も経ってから判明する事もあります。

以前から、絵に取りかかる時にしっかりと「誰?」が分かっていたらもっとピッタリなのが描けるのにな~と思って来ましたが、そのやり方に取りかかる事にしました。

そういう絵の描き方は自分にとって理想です。


肖像画ではありませんが、同じ意味であなたの「生命」を映す事は出来ると思います。

あなたの生き方を支援するような、応援するような、そういう絵を描きたいと思います。

取りかかる前に何度かお会いしてゆっくりと掴んで行きたいと思います。


絵のサイズも数種類ご用意いたします。

絵の価格も大小で様々です。

しっくり来るサイズをお選び下さい。


少し贅沢なオーダーメイドの絵です。

「誰の絵か」が分かっている絵を、思いっきり描きたいのです。

詳しくはお問い合わせ下さい。

どうぞ宜しくお願いいたします。








お産の絵



間の間の間
シュタイナー思想とヌーソロジー
作品アーカイブ
Instagram マシマタケシ
Face book マシマタケシ
atelier23への道順
真顔絵
初夏の木漏れ日
其のそのもの
『ヨミの星』
己読のこよみ
ヒカリの光のキセキ
にほんのnihon
NAVELのヘソ
ko yo miのこよみ
ke ha hiの気配
YOMIの記録
TOTEMの全容

[PR]
# by prema-maaru | 2018-06-30 09:18 | Comments(0)
f0179615_06252802.jpg

お産の絵


先日、自分の転機になる大きな出逢いがありました。

その人は世界中を飛び回り「奉仕の気持ちで生きる」事を聴衆に無料で話しています。

一言で「奉仕」と言っても、人によっていろいろな解釈もあるし、それを観た人の感想も様々です。

ただボクはそういう生き方を自分が選んで行くとすると何が出来るのか?を考え始めました。

他と比べてどうだとか、他人がどう思うのかは考えないで。

ボクはその人のスタイルを添うのでは無く、精神を真似る事にしました。

ボクはやはり絵を描いて、子供達に触れたいと思いました。

それが自分の心を高揚させる事で、一番やりたい事だと思いました。

産まれて初めて観る絵、お産の場所にある絵。

あの神聖な時間の中に絵を置きて居たいと思いました。


ボクがお産の場所に絵を置きたいと思ったきっかけは、

福井の「ささした助産所」で個展を開催した際に、お産に立ち会った経験からです。

陣痛が始まってから出産後までの、あの静かに微振動している神聖な気配が今も絵を描く原動力です。


ボクはずっと「生命力」を描きたいと願い、絵に祈りを込めています。

卵子と精子が出逢い、にんげんに生育する子宮の中で観じていた風景です。

自我や性別や家族や社会等、それが生じる前のその人の世界です。

うつろい変化するそれは「生命力」と言う事しか出来ません。

子供が産まれる場所に、ボクはその絵を奉納したいと思います。

これは場所に贈る絵では無く、未来の子供達に贈る絵にしたいです。


対象○助産院、産院

内容○その場所の象徴に成るような、記憶に残る、皆さんの居る場所を温かくする絵

依頼○その様な場所にお勤めの方、お知り合いの方にお願い致します

概要○これは贈り物(無料)です

募集○申し出も推薦もありがたいです。

計画○制作は最大三か月、基本的に新作を描きます

寸法○サイズはA1(594x841mm)

申し込みはメールもしくは、直接ご連絡下さい。

先着順から開始します。

何卒よろしくお願いいたします。


これだけでは説明が足りない事も認識しておりますので、お気軽に問い合わせ下さい。


f0179615_06504462.jpg



note マシマタケシ
間の間の間
シュタイナー思想とヌーソロジー
作品アーカイブ
Instagram マシマタケシ
Face book マシマタケシ
atelier23への道順
真顔絵
初夏の木漏れ日
其のそのもの
『ヨミの星』
己読のこよみ
ヒカリの光のキセキ
にほんのnihon
NAVELのヘソ
ko yo miのこよみ
ke ha hiの気配
YOMIの記録
TOTEMの全容

[PR]
# by prema-maaru | 2018-06-21 06:22 | Comments(0)
f0179615_07011836.jpg

おかげさまで「よわいちからメルドル」が終了しました。
何度も言ってますが(笑)この個展は本当に多くのものをいただいた機会になりました。

いらして下さったみなさん。お見守り下さったみなさん、心からありがとうございました。
そして何よりも、メルドルのウタコさん、ステファン、ジュジュ,ギー、お父さんお母さん、来日中のアルバロには本当に感謝です。
ここで得た閃きを今後の動きに反映させて行こうと思います。

さて「手描きバッグ」ですが、早い時期に売り切れとなってしまって、欲しかった方々には申し訳ありませんでした。

さっそく新しいものを作る準備が出来ましたので、もし宜しかったらご注文下さい。

一点3000円 何枚でも可能です。

送料はこちらで負担いたします。

メッセンジャー等でご連絡いただけたら、制作して発送します。
今週中には発送出来る予定でおります。
どうぞ宜しくお願いいたします。

また「キャラ絵」が大好評で、これからもいろいろな機会でご用命を承ります。
こちらもどうぞ宜しくお願いします。






note マシマタケシ
間の間の間
シュタイナー思想とヌーソロジー
作品アーカイブ
Instagram マシマタケシ
Face book マシマタケシ
atelier23への道順
真顔絵
初夏の木漏れ日
其のそのもの
『ヨミの星』
己読のこよみ
ヒカリの光のキセキ
にほんのnihon
NAVELのヘソ
ko yo miのこよみ
ke ha hiの気配
YOMIの記録
TOTEMの全容

[PR]
# by prema-maaru | 2018-06-11 11:03 | Comments(0)
f0179615_07475665.jpg

今日は「よわいちからメルドル」の最終日です。

そうなんですが、既にこの個展は自分にとってとても大きな個展になっています。


数年前からずっとモヤモヤした気持ちがありました。

まずそれが何なのか分からない。

何年もかけて、その正体が観え出したのが今年の春頃だったように思います。


絵を描いていても、どこに照準を合わせて良いか分からない。

試行錯誤を何度も繰り返し、本当に苦労してようやく着地する絵がつづきました。

もう自分は「過ぎて」しまったのか?と、誰にも言いませんが、そういう感覚もありました。


5月の青山で予定していた個展を中止し、その後の事はほとんど考えませんでした。

家に絵を見に来てもらうような形式を取りましたが、それも何だかしっくり来ません。

でも絵はどんどん生まれて行き、メルドルで展示しようと急に思いついたのが一か月程前です。


丁度空いていたので滑り込めましたが、じゃ何が中心テーマなのか?は、依然として霧の向こうです。

そして個展は中心のないまま開幕しました。

周りが住宅地で駅からも少し歩くし、そんなに多くの方々はいらっしゃいません。


でもその少ない人たちの中に、ボクの行き先を示唆してくれる宝の言葉が見つかり出しました。

その人はそんなメッセージを運んでいるとはつゆも知らないかもしれませんが、ボクにとっては本当に腑に落ちる、中心を見出してくれる魔法の言葉です。

メルドルは靴を脱いで畳に座り、ゆっくりと話が進む場所だったのが大きいと思います。


そんな毎日を過ごす中で、ボクはありきたりですが「自分らしく」を掘り当てたように思います。

メルドルには部屋の真ん中に手作りのブランコがあり、それがまるで象徴するかのようです。

行ったり来たりブラブラと揺られて確信に至りました。


自分らしく。


当たり前の言葉ですが、これほど真理だと感じた事はありません。

自分が自分らしくなったら、観える世界もゆっくりと落ち着き馴染んで観えました。


思いがけなくもたらされたプレゼントを抱えながら、ボクは又絵を描いて行けそうだと思っています。

そしてこれからはもっと、ますます。


最終日ですが、お時間にご都合が付く方は是非、ブランコに乗って絵を観にいらして下さい。

11:00~18:00

今日のランチはお豆腐カレーです。


心からお待ちしています。





note マシマタケシ
間の間の間
シュタイナー思想とヌーソロジー
作品アーカイブ
Instagram マシマタケシ
Face book マシマタケシ
atelier23への道順
真顔絵
初夏の木漏れ日
其のそのもの
『ヨミの星』
己読のこよみ
ヒカリの光のキセキ
にほんのnihon
NAVELのヘソ
ko yo miのこよみ
ke ha hiの気配
YOMIの記録
TOTEMの全容

[PR]
# by prema-maaru | 2018-06-10 07:48 | Comments(0)

明日からの「よわいちから」の会場は府中にあるメルドルというギャラリーです。

もうけっこう昔に、あるイベントの会場でここのオーナーさんと隣に座り、近いから今度遊びに行きますね~と言いながら3~4年位して急に閃きまして、昨年の9月に初めて個展を開催させていただく運びになりました。


オーナーは、ステファン芝辻ペランさんというフランス人とウタコさんという府中人のご夫婦で、ヨーロッパ映画に出て来そうなキュートな二人のお子がおります。

自宅を改装してギャラリーとカフェをやられていますが、ボクも自分のこと本当にマヌケだと今日気づいたんですが、この形態は正にボクが理想としているスタイルではありませんか。

何故今までそういう眼で観ていなかったのか?本当にアホです。

ボクはこれからのアーティストの座標というか、企画制作展示までセルフでこなす、自己発信の未来的スタイルです。

そういう場所と既に出逢っていたという幸運。

心からありがとうです。

参加費というか入場料(400円)ですが、こちらはドリンク代です。

テキトーに作って無いです、ちゃんと美味しいのでお楽しみ下さい。


そして9日にLIVEの「横手ありさ」さんは、やはり昨年のメルドルでの初めての個展でLIVEをして下さったことがきっかけです。

ありささんのウタは本格派です。

ほぼ独学で歌を学んだそうなんですが、かなり広い会場でもマイクが要らない程のツヤとハリがあります。

そしてオリジナル曲の世界観は独特です。

わざわざ聴きに来て損は無いどころか感動するでしょう。


こちらは1000円+ドリンク代(400円)で参加出来ます。

絵もゆっくりご覧頂きたいので、出来れば少し早めにいらして下さると嬉しいです。

その場合ギャラリー入場料でドリンク代は既にお支払い済みですので、1000えんでLIVEがご覧いただける寸法です。


気がつけば自分が求めていたものが足下にあった。

そんな灯台下暮らし。









note マシマタケシ
間の間の間
シュタイナー思想とヌーソロジー
作品アーカイブ
Instagram マシマタケシ
Face book マシマタケシ
atelier23への道順
真顔絵
初夏の木漏れ日
其のそのもの
『ヨミの星』
己読のこよみ
ヒカリの光のキセキ
にほんのnihon
NAVELのヘソ
ko yo miのこよみ
ke ha hiの気配
YOMIの記録
TOTEMの全容

[PR]
# by prema-maaru | 2018-06-05 06:58 | Comments(0)

明後日の6月6日(水)から始まります。
あいにくこの辺りから梅雨入りの予報ですが、メルドルは無料駐車場もありますので、お車の方はそちらに乙女下さい。
雨予報は6日と7日ですね。
府中本町から歩く方は、駅から府中競馬場に繋がる陸橋の「五番」の階段を降りて右です。
そこまでは屋根がありますので濡れません。

9日(土)は15:00より横手ありささんのライブ。1000えん+ワンドリンク代。
10日(日)は府中の大国魂神社参道の並木通りで「府中キテキテマーケット」というマルシェも開催されてます。
雨マークが無い日なので、是非キテキテ寄って大国魂神社に寄ってブラブラ歩いて来ていただけたらと思います。
メルドルはランチメニューもあっておすすめです。

期間中「キャラ絵」100えん。
手描きLOVEバッグ、3000えん(限定7枚)
樫内あずみの「え詠み」40分 5000えん(額付き)
常時開催しています。

今回はよわいちからの新作6点と、今年に入ってから制作して来た大判の作品6点 あわせて12作品を展示いたします。
アトリエ展示会以外では初のお披露目となります。

皆さんにお会い出来るのを楽しみにしております。

マシマタケシ個展「よわいちから」メルドル
https://yahama.exblog.jp/29792856/








note マシマタケシ
間の間の間
シュタイナー思想とヌーソロジー
作品アーカイブ
Instagram マシマタケシ
Face book マシマタケシ
atelier23への道順
真顔絵
初夏の木漏れ日
其のそのもの
『ヨミの星』
己読のこよみ
ヒカリの光のキセキ
にほんのnihon
NAVELのヘソ
ko yo miのこよみ
ke ha hiの気配
YOMIの記録
TOTEMの全容

[PR]
# by prema-maaru | 2018-06-04 11:51 | Comments(0)
f0179615_07011836.jpg

よわいちからメルドルの個展を記念して、手描きのバッグを作りました。

スーベニアLOVEバッグです。


サイズはA3297x420mm)が入り、ボクは買い物用に使っています。

綿100%で洗濯可能、ペイントはちょっと薄く成ったり剥がれたりしますが、それも良いアジになります。


7パターンでご奉仕価格の¥3000ポッキリ。
お一人一点のみ。

メルドルの会場限定の販売になります。


ご希望の方にはお名前を入れます。


それぞれ一点ものなので、ピンと来た方は期日の早めに入らして下さい。


どうぞよろしくおねがいいたします。


よわいちからメルドルの詳細はこちら。

https://yahama.exblog.jp/29792856/






f0179615_07012561.jpg


f0179615_07013097.jpg

f0179615_07013985.jpg

追伸。


この記事を上げてから沢山のおとり置き希望メールをいただいています。

誠に申し訳ありませんが、今回はメルドル限定7枚に限らせていただいてます。

ただ、個展が終わってからですが、会場に来られない方、タッチの差で欲しい絵柄が売れちゃった方には、新しく絵柄を描いた同じバッグを同価格でお作りします。

名前を始めから入れたデザインにして、プレゼントなんかにもイイやつを考えます。

どうぞよろしくお願いいたします。









note マシマタケシ
間の間の間
シュタイナー思想とヌーソロジー
作品アーカイブ
Instagram マシマタケシ
Face book マシマタケシ
atelier23への道順
真顔絵
初夏の木漏れ日
其のそのもの
『ヨミの星』
己読のこよみ
ヒカリの光のキセキ
にほんのnihon
NAVELのヘソ
ko yo miのこよみ
ke ha hiの気配
YOMIの記録
TOTEMの全容

[PR]
# by prema-maaru | 2018-06-01 07:02 | Comments(0)

f0179615_14141030.jpg


B2size 515x728mm



先日能楽堂の舞台効果として、松の絵の緑がハレーションを起こし、補色の朱色が浮かび上がった話をした。

昨日はその舞台の役者さんと逢ったので、舞台が始まってから急に睡魔が襲って来て困った事を告げた。

彼も「あぁそうなんですよね、眠く成るんです」と言っていたし、同じ舞台を観ていた友人も同じ経験を話していた。

これらは全て「計算されている」ものかも知れない。

もしそうならばこの「能舞台」という装置は、人の精神に及ぼす効果も考えてこの様式で造っているのではないか?

山深い場所にある寺社などでも同じ様な精神効果を感じるし、そういえばそういう建造物はけっこうある事を思い出す。

宗教的施設や芸術を見せる場所等は大体そう感じるし、巨大な塔やビル、政治的中心地、皇居は誰もが「異次元」だと口を揃える。


仏像も蓮の台座に乗っていないものを「台無し」と言う。

それは、どっちが本当の主役なのか?を考える際にヒントになる。

私達は人物やものを対象にする傾向がある一方、それを取り巻く環境に同じ位影響を受けている。

たぶん古代からその知識はあって、ピラミッドの建造者はそっちの方を主役に見ていたのだろう。

ファラオ(王)は代々継承されて人物が変わるが、ピラミッドが無いエジプトをイメージしても、それはエジプトでは無い。


この絵は数日前に出来ていて、眺めてもなにかもの足りない様な、何か加えたいような気持ちで居た。

今描いているのは「よわいちからシリーズ」だが、どうもその路線とは違う。

しばらく放って置いたが、能楽堂の舞台を見てからこの絵を見たら「あぁこれで良いんだ」と分かった。

これは舞台装置のような絵で、室内装置とも呼べる。

この絵の引き立て役はその場所に居る人になる。


その日の温度湿度風が、板の絵の具の乾き具合を勝手にいじり、とても再現不可能な模様を描いた。

ボクが筆で描いた絵じゃないけど、これはこれでボクを通して現れた絵だと言える。

だから題名も「能」にした。










note マシマタケシ
間の間の間
シュタイナー思想とヌーソロジー
作品アーカイブ
Instagram マシマタケシ
Face book マシマタケシ
atelier23への道順
真顔絵
初夏の木漏れ日
其のそのもの
『ヨミの星』
己読のこよみ
ヒカリの光のキセキ
にほんのnihon
NAVELのヘソ
ko yo miのこよみ
ke ha hiの気配
YOMIの記録
TOTEMの全容

[PR]
# by prema-maaru | 2018-05-28 14:14 | Comments(0)
f0179615_13063829.jpg

静かな水

A2size 420x594mm


よわいちからメルドルで展示いたします。
http://uma-merdre.com/event/masimatakeshi2018/







note マシマタケシ
間の間の間
シュタイナー思想とヌーソロジー
作品アーカイブ
Instagram マシマタケシ
Face book マシマタケシ
atelier23への道順
真顔絵
初夏の木漏れ日
其のそのもの
『ヨミの星』
己読のこよみ
ヒカリの光のキセキ
にほんのnihon
NAVELのヘソ
ko yo miのこよみ
ke ha hiの気配
YOMIの記録
TOTEMの全容

[PR]
# by prema-maaru | 2018-05-25 12:36 | Comments(0)
f0179615_08175421.jpg
森の小径

A2size 420x594mm


よわいちから メルドルで展示いたします。

f0179615_08180251.jpg










note マシマタケシ
間の間の間
シュタイナー思想とヌーソロジー
作品アーカイブ
Instagram マシマタケシ
Face book マシマタケシ
atelier23への道順
真顔絵
初夏の木漏れ日
其のそのもの
『ヨミの星』
己読のこよみ
ヒカリの光のキセキ
にほんのnihon
NAVELのヘソ
ko yo miのこよみ
ke ha hiの気配
YOMIの記録
TOTEMの全容

[PR]
# by prema-maaru | 2018-05-23 08:18 | Comments(0)
f0179615_09271766.jpg
生まれる
B2size 515x728mm


マシマタケシ個展「よわいちから」メルドルで展示いたします。








note マシマタケシ
間の間の間
シュタイナー思想とヌーソロジー
作品アーカイブ
Instagram マシマタケシ
Face book マシマタケシ
atelier23への道順
真顔絵
初夏の木漏れ日
其のそのもの
『ヨミの星』
己読のこよみ
ヒカリの光のキセキ
にほんのnihon
NAVELのヘソ
ko yo miのこよみ
ke ha hiの気配
YOMIの記録
TOTEMの全容

[PR]
# by prema-maaru | 2018-05-21 09:28 | Comments(0)
f0179615_08325466.jpg

マシマタケシ個展「よわいちから」at メルドル

府中競馬場の近く、民家を改築したギャラリーの「メルドル」さんで、恒例の「よわいちから」の展示会を開催します。

6/9には横手ありささんのLIVEもあります。(15:00~)

新作もぎりぎりまでどしどし描きますし、従来の作品も展示します。

又、期間中は「樫内あずみ」が常駐して「え詠み」をやります。

畳敷きのゆったり出来るスペースです。

大国魂神社の近く、古い府中の町並みが残る地域のギャラリ=です。

どうぞお誘い合わせの上、入らして下さい。お待ちしております。

*よわいちからに関してnoteに書きました。

https://note.mu/maaru23/n/n2b946f4f2796


場所 merdre メルドル http://uma-merdre.com/

日程 201866()~10(日)

    OPEN 11:00~18:00

入場料 400円(1ドリンク付き)

ですが、こちらのメニューはそんじょそこいらのカフェよりちゃんとしてますよ。

ランチメニューもあります。



9日 15:00より、お子さんも楽しめる「横手ありさ」さんのLIVEがあります。

ライブチャージ
大人(中学生以上)1000円+ドリンク代
子ども(4歳~小学生)500円、乳幼児(0歳~3歳)無料、子ども2人目から300
お子様はドリンクはつきませんが、別途ご注文いただくことも可能です。
◎ライブ前から個展にお越しの方で、そのままライブをご覧になる方は、ドリンク代は必要ありません。

横手ありさ Arisa Yokote

f0179615_08330119.jpg


Official web

https://arisa-utautau.jimdo.com/


呼吸と声から派生するあらゆる響きで色彩を運ぶ唄い手。


森羅万象に散りばめられたモティーフ、記憶、煌めき、リズムに寄り添わせた声の響きで紡ぐ物語は、柔らかく自由に、伸びやかに、ひそやかに、境界を越えている。


自身のアコースティックユニット『Lupe』、作曲家 宮内康乃による声と身体の現代音楽パフォーマンスグループ『つむぎね』、アフリカをスタートにアジアや世界の民族音楽を吸収し、新たな音楽を作り出す遊動芸能家集団『SUNDRUM』、馬喰町バンドのリーダー武徹太郎とのユニット『晴ツ』等さまざなグループへボーカリストとして参加。

また、パラリンピックのNHK公式CMソングへの参加、舞台作品への楽曲提供、障害のある子供達との音楽交流やWS、台湾原住民との音楽交流、絶海の孤島 青ヶ島に伝わる島唄の唄い手としての活動など、活動範囲は多岐に渡る。


20178月に1st Solo album「ヒトトオシのうた」をリリース。

マイク一本のモノラル録音で、ウクレレと歌だけの9曲を収録。

その素朴でシンプルな歌とサウンドは、横手ありさとの持つ本質的な表現の明るさ、時代を超えた強さ、奥ゆかさ、美しさを十分に感じられる作品となっている。


期間中「樫内あずみ」の「え詠み」を開催しております。

常時OKですが、お時間を確保したい方はご予約をお願いいたします。

40分 リーディングによる制作絵画 料金¥5000

ご予約はコチラkokohana713@gmail.com

か、樫内あずみのメッセンジャーで。



mardre 183-0025 東京都府中市矢崎町1-9-4

電話 042-319-9298

京王線府中駅徒歩15分/JR府中本町駅徒歩8

*詳しい地図はmerdreHPをご覧ください。




MERDRE(メルドル)とは、もともとはフランス語のmerde(英語の「shit」にあたるスラング)のスペル違いの造語です。

1896年に初演されたアルフレッド・ジャリの戯曲「ユビュ王」の冒頭で感動詞として叫ばれ(発音は「merde」とおなじ。検閲を免れるために脚本にはmerdreと書かれていた)当時のブルジョワジーに大きなショックと敵意をよびおこしまし、戯曲「ユビュ王」はのちのダダ、シュルレアリスムや不条理演劇に大きな影響を与えました。私たちは21世紀におけるMERDREを目指し、国内外のアーティストの活動の場として、アーティストと共に成長して行きます。










note マシマタケシ
間の間の間
シュタイナー思想とヌーソロジー
作品アーカイブ
Instagram マシマタケシ
Face book マシマタケシ
atelier23への道順
真顔絵
初夏の木漏れ日
其のそのもの
『ヨミの星』
己読のこよみ
ヒカリの光のキセキ
にほんのnihon
NAVELのヘソ
ko yo miのこよみ
ke ha hiの気配
YOMIの記録
TOTEMの全容

[PR]
# by prema-maaru | 2018-05-17 08:34 | Comments(0)
f0179615_09431267.jpg
如し
A2size 420x594mm


noteを始めました。
一冊の本を書く様に書き連ねて行きたいと思っております。
note マシマタケシ









f0179615_09431834.jpg














間の間の間
シュタイナー思想とヌーソロジー
作品アーカイブ
Instagram マシマタケシ
Face book マシマタケシ
atelier23への道順
真顔絵
初夏の木漏れ日
其のそのもの
『ヨミの星』
己読のこよみ
ヒカリの光のキセキ
にほんのnihon
NAVELのヘソ
ko yo miのこよみ
ke ha hiの気配
YOMIの記録
TOTEMの全容

[PR]
# by prema-maaru | 2018-05-16 09:46 | Comments(0)

f0179615_10051664.jpg

巡天
728x1030mm



太陽系の公転と自転

それと全く同じ力が

私たちを生かしている

私たちは宇宙を巡っている





「巡天」を描きながら、太陽系の太陽や惑星達は、互いに影響を及ぼし合ってるんだと考えていました。

そこでハタと気がついたのは、占星術などもそうなのですが、地球は他の天体の影響を受けているけど、じゃぁ地球が他の天体に及ぼしている影響は分からないという事でした。

それは他の天体に暮らして観なければ決して分からないのです。

太陽が、水星が、火星が、金星が、他の諸惑星が地球の事をどう感じているのか?


顧みれば、それは自己と他者、あなたとわたし、その永遠の謎の設定の根源を観た気持ちでした。

分かったような気になっていますが、その図式は永遠に変わらないのです。


ただしかし、満足は絶望を生み、絶望が希望の種になるという歴史の繰り返しがあります。

太陽系はひとつの生命だという認識が生じれば、その謎は溶解するでしょう。

それはあたかも、人間の身体を部位で分けて名付けるのでは無く、心臓とか肝臓とか手とか足だとか性器だとか呼ばず、単純に「人」と思える程に精神が発達したら。


水星も火星も金星も地球も冥王星も他の天体も全部「太陽」だと。


ボクが感じた絶望は新しい希望を生んだのです。







f0179615_10051006.jpg
自宅アトリエでご覧下さい。
atelier23への道順














間の間の間
シュタイナー思想とヌーソロジー
作品アーカイブ
Instagram マシマタケシ
Face book マシマタケシ
真顔絵
初夏の木漏れ日
其のそのもの
『ヨミの星』
己読のこよみ
ヒカリの光のキセキ
にほんのnihon
NAVELのヘソ
ko yo miのこよみ
ke ha hiの気配
YOMIの記録
TOTEMの全容

[PR]
# by prema-maaru | 2018-05-07 10:06 | Comments(0)

f0179615_09300527.jpg
起源
728x1030mm


萌え盛る若葉の

凍てつく大地の

一瞬は永遠に生り

あなたの観る世界は

ここに現れる

扉は開かれた


f0179615_09295760.jpg
自宅アトリエでご覧いただけます。
atelier23への道順












間の間の間
シュタイナー思想とヌーソロジー
作品アーカイブ
Instagram マシマタケシ
Face book マシマタケシ
真顔絵
初夏の木漏れ日
其のそのもの
『ヨミの星』
己読のこよみ
ヒカリの光のキセキ
にほんのnihon
NAVELのヘソ
ko yo miのこよみ
ke ha hiの気配
YOMIの記録
TOTEMの全容

[PR]
# by prema-maaru | 2018-05-02 09:31 | Comments(0)

例年よりも一週間ほど早く河原にハリエンジュの練乳色の花が開いた。

するとこの花が咲いた頃にしか見かけない大振りのハチが花の蜜を吸いに来る。

ハチは空中に一定距離の縄張りがあるみたいで、その見えない区分に他の虫が近づいてくると威嚇して近寄る。

空中に留まりながら、たまに思い出した様に蜜を吸う。

そのせわしない働きがこれからしばらく面白く眺められる。


今日は中止した青山の個展の初日だった日で、予定通りだったらオープニングのマルシェやヨミの星座の公演があった。

中止したのはある方の死がきっかけだった。

その方はボクの絵を予約していて、建設中の家が完成したら自分の書斎に絵を二枚飾りたいと、ウチに来て選んで行ってくれた。

完成した時期を過ぎても連絡が無いので連絡してみたら、家族の方から急に亡くなった事を聞いた。

それほど親しい方では無かったが、ウチに来てくれた時に話した内容や人柄が、そして選んでくれた絵が、ずっと前からその人と親しい友達だったみたいに思えて胸にズシンと来た。


お金の事も大きかったが、実際はその死がボクがずっと乗り続けていた暴走列車を止めてくれた。

暦の、ある地点に目印を打ち、そこにめがけてコツコツと積み上げて行く。

実際はフルパワーを出してそこを目標にして、大きな収穫を期待して走らせる。

それを悪い事だとは思って居ないが、足元を見るとすり減っているし疲弊している。

自分だけじゃない、世の中はほとんどそういう図式で回っている。


先日演劇の舞台を観て、この二時間ほどの劇の、企画から稽古、衣装や照明、その他目に見えない様に積み上がった諸々が、ボクは基本的に一人で一枚の絵に焼き付けているのだと感じた。

劇団だったら大勢で運営する、大勢だったら規模もそれなりになるが、ボクは一人の枠一杯にそれを転写する。

たまたまその演劇は大きな会場を借りての公演では無く、稽古場で少人数を対象としていた。

それも偶然じゃないだろう。


絵をイベントに向けて描いて行くのじゃなく、日々のうつつの中で織物のように重ねて行く。

ウチに来てくれたらいつでも観られる。

それがある程度集まったらどこかでお披露目をするのも良いし、誰かに声をかけてもらえたら遠くに行くのも良い。

毎日掃除したりご飯を食べたりするように絵を描き、それを繰り返して行く。

そういう絵を描いて行きたいとずっと思っていたが、その死がおおきなきっかけを作ってくれた。


20歳くらいから絵を仕事にして来て、実はずっとそういう事を考えて来た様に思う。

アーティスト風体の虚栄を(むろんそれは大切な価値ではあるけど)演出する事をしなくても良い。

陶芸家が工房の軒先で焼き物を売るみたいに、ちょっと田舎にある眺めが良い部屋で。

ここで絵を描いて売って行こうと思います。


この地点から前後1000年位を見渡しながら、何かの役に立つ絵を描いて行きます。

どうぞ宜しくお願いいたします。









間の間の間
シュタイナー思想とヌーソロジー
作品アーカイブ
Instagram マシマタケシ
Face book マシマタケシ
atelier23への道順
真顔絵
初夏の木漏れ日
其のそのもの
『ヨミの星』
己読のこよみ
ヒカリの光のキセキ
にほんのnihon
NAVELのヘソ
ko yo miのこよみ
ke ha hiの気配
YOMIの記録
TOTEMの全容

[PR]
# by prema-maaru | 2018-04-23 15:06 | Comments(0)
f0179615_08525405.jpg

すめらき


728x1030mm


*販売済み




春のアトリエ展示会


春を通り越して初夏の陽気ですね。

府中の大国魂神社の参道の欅も新緑が広がっていました。


2018年に入ってから生まれた作品のお披露目を、自宅アトリエで開催します。

どうぞお出かけ下さい。


道順はこのリンク先でご確認いただけます。


日程 4月14(土) 15日(日)

13:00~18:00 OPEN


場所 アトリエ23(マシマタケシ自宅)
atelier23への道順








f0179615_08530037.jpg








間の間の間
シュタイナー思想とヌーソロジー
作品アーカイブ
Instagram マシマタケシ
Face book マシマタケシ
真顔絵
初夏の木漏れ日
其のそのもの
『ヨミの星』
己読のこよみ
ヒカリの光のキセキ
にほんのnihon
NAVELのヘソ
ko yo miのこよみ
ke ha hiの気配
YOMIの記録
TOTEMの全容

[PR]
# by prema-maaru | 2018-04-06 08:53 | Comments(0)