<   2018年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

f0179615_07011836.jpg

おかげさまで「よわいちからメルドル」が終了しました。
何度も言ってますが(笑)この個展は本当に多くのものをいただいた機会になりました。

いらして下さったみなさん。お見守り下さったみなさん、心からありがとうございました。
そして何よりも、メルドルのウタコさん、ステファン、ジュジュ,ギー、お父さんお母さん、来日中のアルバロには本当に感謝です。
ここで得た閃きを今後の動きに反映させて行こうと思います。

さて「手描きバッグ」ですが、早い時期に売り切れとなってしまって、欲しかった方々には申し訳ありませんでした。

さっそく新しいものを作る準備が出来ましたので、もし宜しかったらご注文下さい。

一点3000円 何枚でも可能です。

送料はこちらで負担いたします。

メッセンジャー等でご連絡いただけたら、制作して発送します。
今週中には発送出来る予定でおります。
どうぞ宜しくお願いいたします。

また「キャラ絵」が大好評で、これからもいろいろな機会でご用命を承ります。
こちらもどうぞ宜しくお願いします。






note マシマタケシ
間の間の間
シュタイナー思想とヌーソロジー
作品アーカイブ
Instagram マシマタケシ
Face book マシマタケシ
atelier23への道順
真顔絵
初夏の木漏れ日
其のそのもの
『ヨミの星』
己読のこよみ
ヒカリの光のキセキ
にほんのnihon
NAVELのヘソ
ko yo miのこよみ
ke ha hiの気配
YOMIの記録
TOTEMの全容

[PR]
f0179615_07475665.jpg

今日は「よわいちからメルドル」の最終日です。

そうなんですが、既にこの個展は自分にとってとても大きな個展になっています。


数年前からずっとモヤモヤした気持ちがありました。

まずそれが何なのか分からない。

何年もかけて、その正体が観え出したのが今年の春頃だったように思います。


絵を描いていても、どこに照準を合わせて良いか分からない。

試行錯誤を何度も繰り返し、本当に苦労してようやく着地する絵がつづきました。

もう自分は「過ぎて」しまったのか?と、誰にも言いませんが、そういう感覚もありました。


5月の青山で予定していた個展を中止し、その後の事はほとんど考えませんでした。

家に絵を見に来てもらうような形式を取りましたが、それも何だかしっくり来ません。

でも絵はどんどん生まれて行き、メルドルで展示しようと急に思いついたのが一か月程前です。


丁度空いていたので滑り込めましたが、じゃ何が中心テーマなのか?は、依然として霧の向こうです。

そして個展は中心のないまま開幕しました。

周りが住宅地で駅からも少し歩くし、そんなに多くの方々はいらっしゃいません。


でもその少ない人たちの中に、ボクの行き先を示唆してくれる宝の言葉が見つかり出しました。

その人はそんなメッセージを運んでいるとはつゆも知らないかもしれませんが、ボクにとっては本当に腑に落ちる、中心を見出してくれる魔法の言葉です。

メルドルは靴を脱いで畳に座り、ゆっくりと話が進む場所だったのが大きいと思います。


そんな毎日を過ごす中で、ボクはありきたりですが「自分らしく」を掘り当てたように思います。

メルドルには部屋の真ん中に手作りのブランコがあり、それがまるで象徴するかのようです。

行ったり来たりブラブラと揺られて確信に至りました。


自分らしく。


当たり前の言葉ですが、これほど真理だと感じた事はありません。

自分が自分らしくなったら、観える世界もゆっくりと落ち着き馴染んで観えました。


思いがけなくもたらされたプレゼントを抱えながら、ボクは又絵を描いて行けそうだと思っています。

そしてこれからはもっと、ますます。


最終日ですが、お時間にご都合が付く方は是非、ブランコに乗って絵を観にいらして下さい。

11:00~18:00

今日のランチはお豆腐カレーです。


心からお待ちしています。





note マシマタケシ
間の間の間
シュタイナー思想とヌーソロジー
作品アーカイブ
Instagram マシマタケシ
Face book マシマタケシ
atelier23への道順
真顔絵
初夏の木漏れ日
其のそのもの
『ヨミの星』
己読のこよみ
ヒカリの光のキセキ
にほんのnihon
NAVELのヘソ
ko yo miのこよみ
ke ha hiの気配
YOMIの記録
TOTEMの全容

[PR]

明日からの「よわいちから」の会場は府中にあるメルドルというギャラリーです。

もうけっこう昔に、あるイベントの会場でここのオーナーさんと隣に座り、近いから今度遊びに行きますね~と言いながら3~4年位して急に閃きまして、昨年の9月に初めて個展を開催させていただく運びになりました。


オーナーは、ステファン芝辻ペランさんというフランス人とウタコさんという府中人のご夫婦で、ヨーロッパ映画に出て来そうなキュートな二人のお子がおります。

自宅を改装してギャラリーとカフェをやられていますが、ボクも自分のこと本当にマヌケだと今日気づいたんですが、この形態は正にボクが理想としているスタイルではありませんか。

何故今までそういう眼で観ていなかったのか?本当にアホです。

ボクはこれからのアーティストの座標というか、企画制作展示までセルフでこなす、自己発信の未来的スタイルです。

そういう場所と既に出逢っていたという幸運。

心からありがとうです。

参加費というか入場料(400円)ですが、こちらはドリンク代です。

テキトーに作って無いです、ちゃんと美味しいのでお楽しみ下さい。


そして9日にLIVEの「横手ありさ」さんは、やはり昨年のメルドルでの初めての個展でLIVEをして下さったことがきっかけです。

ありささんのウタは本格派です。

ほぼ独学で歌を学んだそうなんですが、かなり広い会場でもマイクが要らない程のツヤとハリがあります。

そしてオリジナル曲の世界観は独特です。

わざわざ聴きに来て損は無いどころか感動するでしょう。


こちらは1000円+ドリンク代(400円)で参加出来ます。

絵もゆっくりご覧頂きたいので、出来れば少し早めにいらして下さると嬉しいです。

その場合ギャラリー入場料でドリンク代は既にお支払い済みですので、1000えんでLIVEがご覧いただける寸法です。


気がつけば自分が求めていたものが足下にあった。

そんな灯台下暮らし。









note マシマタケシ
間の間の間
シュタイナー思想とヌーソロジー
作品アーカイブ
Instagram マシマタケシ
Face book マシマタケシ
atelier23への道順
真顔絵
初夏の木漏れ日
其のそのもの
『ヨミの星』
己読のこよみ
ヒカリの光のキセキ
にほんのnihon
NAVELのヘソ
ko yo miのこよみ
ke ha hiの気配
YOMIの記録
TOTEMの全容

[PR]

明後日の6月6日(水)から始まります。
あいにくこの辺りから梅雨入りの予報ですが、メルドルは無料駐車場もありますので、お車の方はそちらに乙女下さい。
雨予報は6日と7日ですね。
府中本町から歩く方は、駅から府中競馬場に繋がる陸橋の「五番」の階段を降りて右です。
そこまでは屋根がありますので濡れません。

9日(土)は15:00より横手ありささんのライブ。1000えん+ワンドリンク代。
10日(日)は府中の大国魂神社参道の並木通りで「府中キテキテマーケット」というマルシェも開催されてます。
雨マークが無い日なので、是非キテキテ寄って大国魂神社に寄ってブラブラ歩いて来ていただけたらと思います。
メルドルはランチメニューもあっておすすめです。

期間中「キャラ絵」100えん。
手描きLOVEバッグ、3000えん(限定7枚)
樫内あずみの「え詠み」40分 5000えん(額付き)
常時開催しています。

今回はよわいちからの新作6点と、今年に入ってから制作して来た大判の作品6点 あわせて12作品を展示いたします。
アトリエ展示会以外では初のお披露目となります。

皆さんにお会い出来るのを楽しみにしております。

マシマタケシ個展「よわいちから」メルドル
https://yahama.exblog.jp/29792856/








note マシマタケシ
間の間の間
シュタイナー思想とヌーソロジー
作品アーカイブ
Instagram マシマタケシ
Face book マシマタケシ
atelier23への道順
真顔絵
初夏の木漏れ日
其のそのもの
『ヨミの星』
己読のこよみ
ヒカリの光のキセキ
にほんのnihon
NAVELのヘソ
ko yo miのこよみ
ke ha hiの気配
YOMIの記録
TOTEMの全容

[PR]
f0179615_07011836.jpg

よわいちからメルドルの個展を記念して、手描きのバッグを作りました。

スーベニアLOVEバッグです。


サイズはA3297x420mm)が入り、ボクは買い物用に使っています。

綿100%で洗濯可能、ペイントはちょっと薄く成ったり剥がれたりしますが、それも良いアジになります。


7パターンでご奉仕価格の¥3000ポッキリ。
お一人一点のみ。

メルドルの会場限定の販売になります。


ご希望の方にはお名前を入れます。


それぞれ一点ものなので、ピンと来た方は期日の早めに入らして下さい。


どうぞよろしくおねがいいたします。


よわいちからメルドルの詳細はこちら。

https://yahama.exblog.jp/29792856/






f0179615_07012561.jpg


f0179615_07013097.jpg

f0179615_07013985.jpg

追伸。


この記事を上げてから沢山のおとり置き希望メールをいただいています。

誠に申し訳ありませんが、今回はメルドル限定7枚に限らせていただいてます。

ただ、個展が終わってからですが、会場に来られない方、タッチの差で欲しい絵柄が売れちゃった方には、新しく絵柄を描いた同じバッグを同価格でお作りします。

名前を始めから入れたデザインにして、プレゼントなんかにもイイやつを考えます。

どうぞよろしくお願いいたします。









note マシマタケシ
間の間の間
シュタイナー思想とヌーソロジー
作品アーカイブ
Instagram マシマタケシ
Face book マシマタケシ
atelier23への道順
真顔絵
初夏の木漏れ日
其のそのもの
『ヨミの星』
己読のこよみ
ヒカリの光のキセキ
にほんのnihon
NAVELのヘソ
ko yo miのこよみ
ke ha hiの気配
YOMIの記録
TOTEMの全容

[PR]